2008年06月21日

山田のじっちゃん、業界が大変ですWEBサイト


全国畳産業振興会

トップページでいきなり、畳表のエプロンをしたメイド二人と、小坊主七人が大きな仏間の前で「畳ビズのうた」を歌い踊るムービーが繰り広げられる。
なんだろうこの唐突な仕打ちは。

しかもこの歌、やたら長くて4番まである上に決定的にリズムの中に無理やり歌詞を詰め込んでいるためてすこぶる語呂が悪いのが印象的。
また、歌詞の内容から

・畳はエコロジカル
・畳は自然だけでなく人にも優しい

ということはよく分かるのだが、何一つ「ビズ」と関係ないのがまた凄い(勿論、畳業界さん側の"ビズ"そのものだということはわかるのだが、たとえば「クールビズ」等とは明らかに文脈が違うわけで、実に意味が分からない)。

この歌や踊りを含めたプロジェクトの解説PDFがリンクされているのだが、その中身がまた凄い。

「畳新市場開拓プロジェクト2008」概要

同時に、畳イノベーションの象徴として、畳表のエプロンと耳を装った「畳メイド」がデビューし、初年度は「たたみ萌え〜♪」を合言葉に「新時代の畳活用法」の試作品披露に花を添えました。

(略)

◆目的

畳やイグサが地球温暖化防止に効果的であることは確かですが、データで説明しても、なかなか一般の人々に理解してもらうことは困難です。
そこで、まずは住環境を決定する女性と子供に、「畳で地球温暖化防止」を肌で感じていただきたく、「畳ビズのうた」を製作し、ユニークな振り付けを施しました。

今、ゴミの分別や「マイバッグ」ショッピングが地球環境を守る行動となったように、「畳を敷く」行動が地球環境へのマナーになる----これが今回のプロジェクトの目的です。


えーと、やっぱり「ビズ」関係ない。
というか完全に、「エコ」と「ビズ」を取り違えているんじゃないだろうか…

振付については

最後の決めポーズに畳職人のポーズを導入。
畳らしく「畳メイド」のお辞儀シーンから始まる"畳千年の歴史"を踏まえた踊りです。

振り付け師「たけぼう」よりメッセージ

全体的に可愛らしくまとめ、畳による癒し効果・リラックス効果を表現した動きを多く盛り込みました。
なかなか知られていない、畳職人が畳を作る動きをこの振り付けで多くの人に伝えることができればと思っています。


ごめん、フルコーラス通して見たけれど、深遠すぎて全然伝わらなかったよ先生…
というか、「なかなか知られていない動き」を盛り込んだところで、やはり元から知らない、なじみが薄いものは、圧倒的多数の人間には伝わるわけがないと思うよ先生…

また、メイドと小坊主は

「白雪姫と七人の小人」をモチーフにイメージした


らしく、さらに

子供たちの小坊主姿には現在、最も畳を敷いているのは寺院であることを背景に、一休さんが「畳で地球温暖化対策」の知恵を伝えているイメージを表現しました。


畳振興会のイメージ戦略はどこまで高度なのだろうか。
あまりにハイブロウすぎてまるっきり伝わっていないわけだが。

そして全体的に「お前らは白雪姫や一休さんを一体何だと思っているのだ」と問い詰めたくなってくる始末。

この「畳ビズのうた」のCDは、

6月より順次、全国の畳店、畳関連店 約1万店でCD販売を開始!


えっあのぅ、普通のCDショップや書店には置かないおつもりで…
いや…まあ…いいけど………
畳屋って、よほどのことがない限り一般人がヒョコっと入れる空気じゃとてもないのだけど…

また、畳メイドは、イベントで「畳メイドの畳カフェ」をオープンし、「イグサパン」を販売するという。

山田のじいちゃん…業界がかなり本気ということはよく分かりましたが……なんかこう、かなりあさっての方向に暴走しちゃってるような気がするんですが…


posted by 大道寺零(管理人) at 02:15 | Comment(2) | TrackBack(0) | WEBサイト
この記事へのコメント
先生、よくこんな阿呆な物見つけましたなあ。
畳の将来が相当危うく見えて来たのですが…

今度畳替え勧誘電話がかかって来たらからかってやるか。
Posted by 末期ぃ at 2008年06月21日 03:51
>>末期ぃさん

私も某所で紹介されているのを見つけたのですが、本気は本気なんでしょうけどベクトルがかなり不安だったので紹介せずにはいられませんでした。
歌詞にもうちょっと飛距離があれば私の好みにストライクだったのですが…

なんと言ってからかうおつもりなのか、ひそかに気になります。
いっそ思いっきりキモい口調で鼻息も荒く、
「畳メイドたんが僕の部屋に来て膝枕で耳掃除してくれる&雑巾で膝ついてお掃除してくれるなら換えてもいいよぉ?フヒヒヒヒヒ」
とか言えば、次から勧誘電話がかかってこなくなるかも…
Posted by 大道寺零 at 2008年06月21日 22:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:[基本的に空欄を推奨します。詳細はこちらをご覧ください。]

ホームページアドレス:

(コメント投稿後、表示に反映されるまで時間がかかる場合がございますのでご了承の上、重複投稿にご注意ください。)
コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック