2008年07月24日

大事な一線TV

先日、「鉄腕DASH」を見ていた。
その日の特集は、リーダーと長瀬が一日保育士としてそれぞれ別の保育所に行き、ちょっと扱いの難しい子供と心を通わせることができるか?という企画だった。
リーダーは集団行動ができない男の子、長瀬は人見知りの激しい双子の女の子を担当。

世間的には天下のイケメンながら、身長がでかく、濃い顔の長瀬を怖がる双子の女の子。最初は途方に暮れる長瀬だが、片方の子がアンパンマンを好きなことを知り、人形をとっかかりにしながら少しずつ心の距離を狭めていく。

しかし、アンパンマンの人形を手に持って、ごっこ遊び的にその子に近付けた時に、アンパンマンのセリフとして

「食〜〜べちゃ〜うぞ〜〜〜〜〜」

はいくらなんでもないだろうと吹いた。
1から10まで間違ってるし、普段は食べられるのがアンパンマンの仕事みたいなもんだし、そこだけは越えてはいけない一線なのに!

ちなみにその子は、段々と長瀬に慣れて心を開いていき、伸ばされた腕に素直に応じてダッコされたり、そのまま眠くなって彼の胸の中でスースー寝息を立てたりとやりたい放題なのだった。
今は気付かないかもしれないが、10年くらいたったらきっとその体験が一生の宝物になることだろう…羨ましい…


posted by 大道寺零(管理人) at 02:57 | Comment(3) | TrackBack(0) | TV
この記事へのコメント
あらぁ、見逃してしまいました^^;
見たかったですぅ(苦笑)

別の番組で嵐の二宮クン(←結構お気に入り)と松潤さんがジャガー横田夫妻の子供(既に結構自我にお目覚めの様子でした)の子守を担当するのをやってましたが、オモロかったです。

小さい子供は本能で相手の人柄など嗅ぎ取るのかも知れませんね。
 腕の中で・・・
それにしても羨ましいお子たちですわ。
Posted by 蜻蛉 at 2008年07月24日 07:10
アンパンマンじゃなくガチャピンだったら間違いにならなかったのに(笑)
Posted by 十字人 at 2008年07月24日 21:49
>>蜻蛉さん

子供相手や子守りというのはけっこうキラーコンテンツですからねー。最初「このクソガキw」と思わせるような子供でも、「やっぱり可愛いのぅ」で終わらせる作りになってるのがほとんどですし、普段強面な人が子供あしらい上手で意外な魅力を見せたり…
それにしても、こういうのを見るとつくづく「子育てって大変、経験者は本当に凄いよ!」とリスペクトしてしまいますね。いや、本当は自分もしたいのはやまやまなんですよ…

>>十字人さん

>アンパンマンじゃなくガチャピンだったら間違いにならなかったのに(笑)

そこはそれ、やはりそう簡単に局の垣根を超えるわけにはいかなかったわけですねw
かといって無理やりガチャピンを使って緑の何かがモザイク処理されてても視聴者としても困りますからなあ。
Posted by 大道寺零 at 2008年07月25日 09:55
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:[基本的に空欄を推奨します。詳細はこちらをご覧ください。]

ホームページアドレス:

(コメント投稿後、表示に反映されるまで時間がかかる場合がございますのでご了承の上、重複投稿にご注意ください。)
コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック