2008年08月03日

「冥福」の是非ことば

前エントリで書いた赤塚不二夫氏の訃報を知ったサイトの一つで、「ご冥福をお祈りします」と書いた文がわざわざ打ち消し線で消された上で、その根拠として以下のブログのリンクが示されていた。

極東ブログ: 「冥福」は祈らない

 外交官殺害事件について各種ブログをザッピングしていて、「冥福」という言葉が奇妙に心に引っかかった。なにか痛ましい事件があると、メディア、とくにTVで「ご冥福をお祈りします」と来る。いつからそういう風潮になったのだろう。自分の少年期や青年期を思い起こすのだが、よくわからない。ただ、阪神大震災あたりから「あれ?」という違和感があった。この手の問題はどうも気持ちが悪い。


(略)

 「冥福」に話を戻すと、浄土真宗つまり門徒は「冥福」という言葉を使わない。御同行御同朋使だけで使わないわけでもない。この手の話はネットにあるだろうと探すとある。「浄土真宗の弔辞の例文」にはこうある(参考)。



 仏教でも、浄土真宗でも、故人の冥福を祈りません。
 既にご承知と思いますが、冥福とは、「冥土(冥途)で幸福になる」と言う意味です。そして、この「冥土(冥途)」とは、仏教以外のものの考え方なのです。
 つまり、ご遺族に「ご冥福をお祈りします」とご挨拶されることは、「亡くなられた方は、冥土(冥途)へ迷い込んだ」と言うことを意味し、「お浄土の故人を侮辱する無責任で心ない表現」と言えます。
 亡くなられた方は、何の障害もなく、お浄土に往かれています。亡くなれば「迷う者」として、「祈る(供養)」と言うことは、果たして遺されたご家族の悲しい気持ちに対してふさわしいものでしょうか。
 浄土真宗にご縁が深い方へのご挨拶なら、「○○さんのご冥福をお祈りします」ではなく、「○○さんのご遺徳を偲び、哀悼の意を表します」と、浄土真宗の教えにふさわしい言葉に言い換えましょう。




  「浄土真宗にご縁が深い方へのご挨拶」と限定されているが、門徒の信仰者ならどの人にも冥福は祈らない。門徒でない人間なら冥福を祈ってもいいのだろうか?と、そんな理屈をいうまでもなく、「ご冥福をお祈りします」は礼儀を示すというだけの空文なのだろう。つまり、「私は礼儀正しい人間だ」という表明なのだ。


浄土真宗において「冥福」「祈る」という言葉を使わないのは確かにその通りで、引用の通り「人はそもそも"諸仏"であり、亡くなれば即浄土へ行く」という観念によるもの。また「祈る」ではなく「お念仏申し上げます」「お念じ申し上げます」と言うのが同宗派の作法としては最適とされている。「ご霊前」という言葉も使わない。
同様の理由で、クリスチャン等の仏教以外の信者の死に際して「合掌」と添えるのも正しくない(こちらは分かりやすいが)。

とはいえ、故人の葬儀や仏事に直接赴くような直接の関係がある、また故人の宗教・宗派が明らかな場合はまだしも…それでも一般人の弔辞や弔電ならばそうそう目くじらを立ててその場で恥をかかされるようなことはまずないだろう(勿論きちんと宗派の常識を踏まえた言葉使いができたならば、「分かってる人」と評価されることは間違いないが)。葬祭業者ならまだしも、そして誰もが身近にご門徒がいたりしてその常識を知っているというわけでもない(宗派分布は地域差も大きい)。
ことにWeb上の掲示板なりブログなりで、ファンまたは受け手の一人として訃報に即したコメント・自分なりの弔文めいたものを書こうという場合、個人の信仰状況の情報がソースにいつも添えられるわけではない(仏式葬儀で、その場所となる寺の名前や宗派の情報がニュースソースに載っている場合、あるいは生前より自分の信仰を語っている場合はその限りではないが)。
故人の宗派が浄土真宗という可能性が含まれる以上、「冥福を祈る」という言葉を避けるのが無難だというのは理解できる。
では一体、代わりにどういう言葉を使えばいいのか?という疑問が当然浮かんでくる。

「ご愁傷様」「お気の毒」というのは、実際に葬儀や通夜に行く程度の直接関係性がある時の言葉のように思える。
また、おそらく最も無難である「哀悼の意」も、どうも公人(それもそれなりにエラくて立場のある人)が使うイメージが強く、個人の文章として「哀悼の意を表します」と書くとどうもどこか偉そうでお義理的な感じを受ける(特に政治家の気持ちのこもらないコメントを彷彿とさせるのが大きいかもしれない)。
そんなこんなで、これなら「上から感」がなくてすむかと思い先のエントリで使ったのが「哀悼の意を捧げる」なのだけど、いかがなものだろうか。

それ以前に、「そもそも無関係な人間がいちいち弔意を示すことが偽善であり、"自分は礼儀正しい・善良な人間である"というアピールにすぎない」と主張する引用先の文章の論で行けば、そもそも故人と無縁の一般人がそんな表現で悩むこと自体ナンセンスという論となるのだろう。
2003年に書かれたこの文章は、誰かが亡くなって誰かが弔意のエントリを書く折に、結構な頻度で取り上げられているようだ。
「"冥福を祈る"は空しい儀礼の文であり、いい人アピールにすぎない」
というのはあくまで筆者の主張なのだが、それを「門徒では冥福という言葉を使わない」という事実と同等に鵜呑みにして、ネットで弔意を顕すこと自体を「偽善的」「何の関係もないのに」とくさす言論もいくつか見られた。
これは考え方の違いであり、確かに多くの場合、亡くなった有名人・あるいは事故や災害で亡くなった人々と直接の関係を持たない場合がほとんとではある。
しかし、掲示板で反応したり、ブログで取り上げようとする場合、(単なる「ネタが切れたから」的な理由を除けば)その人物や功績・また事件や事故・災害などに一定以上の思い入れや情動があればこそ、わざわざ自分の言葉で何かを語ろうとするのであって、それはそれでいちいち叩くまでもないのではと思える。
ニュースを聞いて「ああ、死んだんだ」という感覚の枠から何かしらあふれ出る思い入れを語る際に何かしっくりくる、少しだけ気持ちを込めた言葉を…と探した時に、ニュアンス的にストンと落ちて、かつ儀礼の場でもおかしくない言葉として、「冥福を祈る」という言葉に「手ごろ感」があるのではないだろうか。
その「気持の溢れ方」自体が気持ち悪いと感じるというならそれはそれで仕方がないことだ。ネット上で綴る必要もない文をわざわざ書くという行為自体、大部分がそういうものに根ざしているとも思うが。

赤塚不二夫氏の逝去に関して、掲示板やニュースブログによっては上記のような弔意表現そのものを否定するような書き込みが目立っており、「…ああ、夏休みだな…」と思わずにはいられないのだった。

浄土真宗では使わない、また全宗教に対して使える言葉ではないと承知した上で言えば、個人的には「冥福」という言葉がそんなに悪いものとは感じない。

教えて!gooのこの質問の良回答がなかなか明解で思想的な偏りもなく、分かりやすいと思う。

また、他宗派の基本的な考えとしては、「冥福」は「冥土で幸せになること」ではなく、冥土での49日を無事に終え、その後で赴く転生先でも安らかでありますようにという祈り、そして現生の人たちがその幸福と安寧を祈ることでそれが実現に近づく、また祈ってくれる人が多ければ個人の生前の徳をうかがい知ることができるというもの(ものすごく大雑把な説明なので詳しくは各自御調べください)。
「冥」という字のネガティブイメージから悪い意味に解釈したり、「ずっと冥土にいろという意味」と誤解している人もいるようだが、「冥土の先を見据えて死者の安寧を望む」という意味合いであることを見誤るのはむしろ痛い間違いではないだろうか。


他宗派の人がこれらを全部踏まえることは門徒側もあまり要求しないのだが、知っていて損をするということもないだろう。

[参考]
浄土真宗の仏事に際して使わない・言い換えた方がよい言葉

   ・ご霊前ー    ご仏前・ご尊前
   ・祈るー     念じる。お念じ申し上げます
   ・冥福を祈るー  哀悼の意を表します
   ・戒名ー     法名
   ・魂ー      故人
   ・ご回向を頂くー おつとめを頂く、読経を頂く
   ・引導をわたすー おかみそりを行う
   ・安らかにお眠り下さいー私たちをお導き下さい
   ・幽冥境を異にするーみ仏の国に生まれる
   ・天国に昇天するーお浄土に生まれる
   ・草ばのかげー  お浄土・み仏の国
浄土真宗における葬儀より)


特に香典袋でやらかしがち・混乱しがちなんだよなあ…;
20代半ばの時にに祖母が亡くなり、浄土真宗の葬儀において孫代表の言葉を読むことになって原稿も自分で書いたのだけど、NGワードが相当入っていたはずで、思いだすとちょっと凹む…今思えば事前にお坊様にチェックしてもらえばよかったのだろうけど、台所の手伝いもしていたし気持ちの余裕がなかったんだよなー;
posted by 大道寺零(管理人) at 12:27 | Comment(9) | TrackBack(0) | ことば
この記事へのコメント
私も以前は「冥福を祈る」と記載したのですが、宗派がが違う、それどころか仏式でない方もいらっしゃるだろうと言う考えから、「哀悼の意を表する」に変えたのです。でも確かにこれでも上から見ている印象を与えてしまうのですよね。言葉は難しいですね。
Posted by 栄帝 at 2008年08月03日 13:36
 わたしは正しい意味を全く知らなかったので、大道寺さんのエントリで知って良かったと思います。
また、引用先の極東ブログも「ニュースなどでよく聞くが、違和感がある」と導入されての解説なので、何とも思いません。
が、わざわざ弔意を表す場所で見え消しにして引用するようなことかあ、とため息をつきたくなりますね。
ほんと、夏休みですねえ。
Posted by Felice at 2008年08月03日 19:24
山形では内陸の方は浄土真宗が多いんでしょうか?
曹洞宗の葬儀にしか立ち会ったことがなかったんで、真宗の葬儀のラクチンっぷりには
「え?コレでいいの?」
と驚きつつも、羨ましくもありましたわ。

真宗では死を穢れとしてみないってのがイイなぁと。
葬儀の後、塩で清めるとかず〜っと違和感感じてたんだよなぁ。
Posted by eng at 2008年08月04日 06:27
>>栄帝さん

>「哀悼の意を表する」

結局これが一番無難なのだろうなと思いました。「死後どうなるのか」「生まれ変わりや来世の有無」というのは各宗教や宗派の教義の最大ポイントですから、うかつに一般的な言葉を使うと場によってはふさわしくないので難しいですよね。大体はスルーしてくれるとはいえ;
それはそれとして、「冥福」という言葉は独自の漢語・日本語として決して悪い言葉ではないと思うので、一般語彙として扱われてもそろそろよいのではないかという気もしたり…

>>Feliceさん

>が、わざわざ弔意を表す場所で見え消しにして引用するようなことかあ、とため息をつきたくなりますね。

見え消しになっていたのは個人のブログの本文で、コメントではありませんでしたし、もしかして誰か読者から「冥福というのは…」と指摘があったのかもしれないですね。別にそれはそれでアリなのでしょうけども、素直な気持ちで一度「ご冥福を」と書いたのであれば、それを消さなくても…とは思いました。日頃愛読しているブログだけに。

>>engさん

>山形では内陸の方は浄土真宗が多いんでしょうか?

一応県全体としては曹洞宗が一番多いという統計(東北六県全部そうらしいです)があるのですが、地域別だとどうなのか、ちょっと調べられませんでした。
私は父方が日蓮宗・母方が浄土真宗だったので、どこもそれなりにご門徒がいるもんだと思ってたんですけども、庄内に来て圧倒的に曹洞宗が多いので驚いたのは確かですねー。

>真宗の葬儀のラクチンっぷりには
「え?コレでいいの?」
と驚きつつも、羨ましくもありましたわ。

浄土真宗は何かにつけて仏事がシンプル&分かりやすいんですよね。それに慣れていると他の宗派の葬儀等に立ち会うと、「えっ、こんなに長々と色々やるの?」という感じで驚かされます。まあそれがもとで「門徒もの知らず」なんて言葉もあるぐらいでして…

>葬儀の後、塩で清めるとかず〜っと違和感感じてたんだよなぁ。

そうそう、真宗だと清め塩は使わないので、母方と父方の仏事の後の違いが長年呑み込めてませんでした。
もともと清め塩の元になっている「死=穢れ」観は仏教のものじゃなくて日本古来の観念が仏事に入り混じってしまったもので、真宗はそういう「そもそも仏教のものではないもの」をきちんと区別して持ち込まないのですよね。亡くなった瞬間に往生している「仏様」を穢れたものとして扱うなどとんでもないという思想は私も好きです。
これは本当に習慣のレベルなので、逆に他宗派の人が真宗の葬儀から帰って家に入る際、「塩をかける必要はない」と説明されても「やらないとなんとなく気分がすっきりしない」と感想を漏らすのもしばしば聞いたことがあります。
Posted by 大道寺零 at 2008年08月04日 15:52
葬儀での読経のあと、冥福は祈らないと演説を毎回ぶちかますため、地域住民からTPOをわきまえないと大変嫌われている坊主がご近所にいますw やれ塩はまくな故人に失礼だのうんぬんと遺族そっちのけで……

何の為、誰のための教えなんでしょうね。


Posted by 1031 at 2008年08月04日 20:15
お釈迦様の頃まで遡るなら、冥土も浄土も無かったそうで、それらは後の人々の創作だと言い切るお坊さんもいます。
霊魂に関しても、お釈迦様はそんなこと一言も言っていないそうです。

異論はあると思います。
実際、そういう考え方もありだと思いますが、葬儀の現場を見ていると、それで納得できる、つまり死後の世界も霊魂も無いということを感覚的に納得できる人間がどれくらいいるでしょうか。

自分が心にかけていた方が亡くなって、相手はクリスチャンだったけど思わず手を合わせた、あるいは浄土真宗だったけど遺族に「ご冥福をお祈りします」と申し上げたとして、それを「物知らず」、「恥知らず」と言う人は、葬儀の現場を見る限り、当事者にはほとんどいませんでした。
周囲にはいましたが。

塩による清めも、本を正せば神道だったり、道教だったりの思想が融合したものだったように思います。
潔斎の考え方と座禅の精進の考え方はつながりやすかったのではないでしょうか。
お線香だって、元を正せばインドの習俗として、火葬する時、香木を持ち寄って遺骸と一緒にたいたことが起源だったといいます。
インド=仏教では無いのはご存知の通り。
でも、なんとなく死者になにかして上げられた気がするからこそ、作法として生き残ったんだと思います。


ちなみに、キリスト教の葬儀でも、焼香用の香炉を用意させる遺族は多かったです。

語弊を恐れず言えば、キリスト教では死は永遠の命=神の御許への第一歩なので、悲しいけれど喜ばしいことなんだよと説明されます。
でも、それを隣の毎日先祖にお線香を上げているおばちゃんに押し付けるのは、どうなんでしょう?
…と考える方が多かったからだと思います。

私個人は実家は浄土真宗で、その考え方が一番しっくり来ますが、それは、突き詰めていくと「じゃあ焼香は必要なの?」とか「じゃあ死ぬこと自体悲しまなくて良いんじゃないの?」とかそういうドラスティックなところに行き着きそうなところが性に合ってるからなのです。
が、その時点で、本来きちんと浄土真宗の門徒として信仰を守っている人から見れば異端な考え方だと思います。

葬儀の現場に携わった物としては、葬儀は、死者の為ではなく残された生者のために行うもので、だから生者達が納得いくように行えれば、どんな形であろうと、(埴輪以前の豪族のように生贄を大量に道連れにしようと、墨家のように野ざらしに捨てられるような葬儀を最高のものと考えようと)オールOKであろうと考えます。関係者が納得するなら。

気にする人がいれば気にするように、気にしない人なら気にしないように、それぞれが納得する形で(できれば参列する皆ができるだけ納得できる形で)行えばよいもの…と言うのが正直な現場の感想です。

取り留めの無い、長文すみません。
Posted by 水天堂 at 2008年08月05日 00:25
>>1031さん

>葬儀での読経のあと、冥福は祈らないと演説を毎回ぶちかますため、地域住民からTPOをわきまえないと大変嫌われている坊主がご近所にいますw やれ塩はまくな故人に失礼だのうんぬんと遺族そっちのけで……

うわぁ…言ってること自体は間違いじゃないんですが、それは確かに創価並に遺族そっちのけですよね…
葬儀は遺族の心を慰め、故人に別れを告げるためのものであって、「浄土真宗レクチャー」の場ではないはずなのに、そりゃ引きますね。同じ「冥福を祈らない」ことについても、「故人は仏様となって浄土に行かれたのですから、冥土で苦しんでいるのではと心配なさることはないのです」とか言いようがあると思うのですが…こういう時のお坊さんは、分かりやすい言葉で遺族の気持ちをやわらげてくれるのがお仕事(実際私も子供を亡くした時のお坊様の話を聞いて癒されるものがありましたし)、浄土真宗ではことに「効きやすい言葉で分かりやすい話」がウリのはずなんですがねえ。しかも法要のたびに同じような話をされたとしたらもうウンザリの極みですね;

>>水天堂さん

以前プロとして数々の現場に立ち会われた水天堂さんのお考えが聞けて嬉しいです。

>お線香だって、元を正せばインドの習俗として、火葬する時、香木を持ち寄って遺骸と一緒にたいたことが起源だったといいます。
インド=仏教では無いのはご存知の通り。
でも、なんとなく死者になにかして上げられた気がするからこそ、作法として生き残ったんだと思います。

そうですね。結局仏教は、種が落ちた国ごとに土着の信仰や習慣と結びついて各国独自の形をとって落ち着いていますし、時に日本のように釈迦が説いた原初の仏教哲学とはかなり異なった着地点で、「葬式仏教」と呼ばれるようにかなり矛盾点を多く抱えてはいるものの、その受容プロセスそのものが民族と宗教の歴史と言えるものだと考えています。

お線香や抹香についても、高級品である香木を死者に捧げるという精神的な意味だけでなく、高温多湿なインドにあって、遺体から出る匂いなどを和らげるという目的もあったのではないかと思います。
そしてどのような経緯で結びついたにしろ、あのお線香の香り(特にお寺のお堂の中で包まれると)は何ともいえず気分が落ち着くとともにしゃんとした気分になれてよいものですね。
そういえばキリスト教でも「香油」は信仰上の重要アイテムなわけですが、「香り」というのは信仰モードに気分をスイッチングする上で有意義なものなのかもしれないですね。

>ちなみに、キリスト教の葬儀でも、焼香用の香炉を用意させる遺族は多かったです。

私は今までキリスト教徒の方の葬儀に参列したことはないのですが、焼香を置く場合もあるとは知らず、驚きました。あくまで遺族の方の判断次第なのでしょうけども、日本において信仰的にマイノリティであるという自覚、作法を知らない人が多くても仕方がないという考えもあるのでしょうかね。派にもよるのでしょうが、いずれにしても「度量が広いなあ」と感じさせられます(1031さんのお坊さんの話を伺った後だけに)。

>気にする人がいれば気にするように、気にしない人なら気にしないように、それぞれが納得する形で(できれば参列する皆ができるだけ納得できる形で)行えばよいもの…と言うのが正直な現場の感想です。

本当にそうだと思います。
また、実際に葬儀に参列するのと、Web等で一般人が弔意を表すのはまた違うかもしれませんが、よほど作法を踏み外しているのでない場合、「自分はこうする・こうしない」と表明するのはいいとしても、他人の表現の挙げ足を細かく取らなくてもいいのじゃないかなと考えたのでした。
まして故人が自分の信仰について生前より明らかにしている場合の方が稀ですし、最近では何がしかの寺の檀家ではあるけれども葬儀はフリースタイルを希望する例もありますしね…
Posted by 大道寺零 at 2008年08月05日 16:12
ごめんなさい修正と補足です。

○キリスト教の葬儀の焼香
 さすがに葬儀で焼香はありませんでした。仏式のお通夜の段階の話でした。

 ただ、カトリックでは鎖が付いた香炉でお香を焚いて場を清めます。
 炭は仏式で抹香を焚く為に使うのと同じ香炭を使います。

 「この煙が神への祈りとして天に届きますよう」と言うような祈りと共に香が焚かれていた記憶があります。


 補足として。
 香りは、一番原始的な感覚だけに記憶に直結しやすいと言われてますね。
 MASTERキートンで、キートンのお母さんの話にミントの香りが挿入されていました。確か記憶とつながりがあったと思いますが。

 粒子化された物質を粘膜を通して吸収する行為である「嗅覚」は、他の感覚と比べても物質と粘膜を通して直接触れ合うと言う意味で、非常に直裁的な感覚なんだろうと思います。

 夏の現場では時折、トイレとゴミ箱を足して2をかけた匂いが漂うことがありました。
 平然としながらドライアイスの交換をしたりしましたが、あの匂いがイコール死の匂いであり、「穢れ」と言う感覚の元だったんだろうなと思います。
誰か、匂いと「穢れ」の研究とかしてくれないもんでしょうかね。
Posted by 水天堂 at 2008年08月05日 22:19
>>水天堂さん

>○キリスト教の葬儀の焼香
 さすがに葬儀で焼香はありませんでした。仏式のお通夜の段階の話でした。
> ただ、カトリックでは鎖が付いた香炉でお香を焚いて場を清めます。
> 炭は仏式で抹香を焚く為に使うのと同じ香炭を使います。
> 「この煙が神への祈りとして天に届きますよう」と言うような祈りと共に香が焚かれていた記憶があります。

丁寧な補足ありがとうございました。経験がないのでとても参考になります。香炭は共通で使うんですねー。

>粒子化された物質を粘膜を通して吸収する行為である「嗅覚」は、他の感覚と比べても物質と粘膜を通して直接触れ合うと言う意味で、非常に直裁的な感覚なんだろうと思います。

そうですね。私も「香りと記憶」というと、マスターキートンのミントの話を一番に思いだします。また、久しぶりに実家や親戚の家に行くと、ちょっとした家特有の香りや食べ物・植物の香りに「うん、これこれ!」と幼い頃の記憶が蘇ってきます。特に自作の梅干しは祖母や実家の夏の香りと共通していてちょっと嬉しくなりますね。

>あの匂いがイコール死の匂いであり、「穢れ」と言う感覚の元だったんだろうなと思います。

ドライアイスや防腐・防臭技術が進んだ現代ですら完全に抑えるのが難しいのですから、昔はやはり死臭というものはより強烈で、「ケガレ」の観念に結びついたのでしょうね。日本の気候が高温多湿→温かい時期は匂いがきつくなりやすい→穢れの概念が強く育ったのかもしれないですね。
そう考えると、死の穢れ感の強さと葬る方法の選択(火葬・土葬・風葬・動物葬など)・各民族生息地域の気候の関係は切っても切れないものがあるのだろうなと思いました。
Posted by 大道寺零 at 2008年08月06日 16:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:[基本的に空欄を推奨します。詳細はこちらをご覧ください。]

ホームページアドレス:

(コメント投稿後、表示に反映されるまで時間がかかる場合がございますのでご了承の上、重複投稿にご注意ください。)
コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/104097680

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。