2008年12月05日

初老のvipper2chスレッド

22才の娘を年末年始帰省させたいんだけど(無題のドキュメント)

56歳のパパが、遠くに住んでいてなかなか会えない娘に「今年の年末年始には帰ってきてほしい」と言いたいのだけどなんとなくストレートに言いだせなくて、vipなみなさんに相談するという内容。
外面的には頑固オヤジで通しているというパパのちょっとヘタレで娘大好きな姿が可愛くて、笑った後にちょっとシンミリしてしまう。
親元離れて暮らしている女性だと、「たまに家に電話でもして、いつもは母親としか話さないんだけど父親とも代わってもらおうかな?」という妙な里心が湧いてくること請け合い。

実家の父も、こんなにイイ年になっちゃった娘(というのも恥ずかしいおばはん)なのに、電話して「母に代わって」と言うと、いまだに
「あー、お母さんに代わるんだね、お父さんには用事ないんだね(´・ω・`)」
みたいな空気を受話器越しに発するからなぁ。
うちの実家は、どういうわけか、いつまでたっても私のことを好きすぎているようなのだった。孫がいないからだとは思うのだけど。
posted by 大道寺零(管理人) at 23:20 | Comment(2) | TrackBack(0) | 2chスレッド
この記事へのコメント
なんというか、いい家族だなーと思ってしまいますねえ…。ほっこり。

>「あー、お母さんに代わるんだね、お父さんには用事ないんだね(´・ω・`)」
うちのオヤジもこの空気の使い手ですw
Posted by オポオポ at 2008年12月06日 00:17
>>オポオポさん

きっと娘さんもすごく素直でいい方なんだろうな〜と思わせるものがありますね。あったかい家族だ。

父はたまに空気だけでなく、
「今日も"お母さん"?」
「お父さんはいいのか?」
と口にしますね。思わず「あー、あとで…」と言ったまま結局代わらずに切ったり…も、もう少ししたら好物のハタハタでも送ってやろう…
Posted by 大道寺零 at 2008年12月06日 20:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:[基本的に空欄を推奨します。詳細はこちらをご覧ください。]

ホームページアドレス:

(コメント投稿後、表示に反映されるまで時間がかかる場合がございますのでご了承の上、重複投稿にご注意ください。)
コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック