2009年01月08日

市川治氏逝去アニメ

私にとってはハイネル・ガルーダなど、あの独特なちょっとキーンとした品のある声の美形悪役の代名詞なのだが、ちょっと上の世代だとスーパージェッターなどの主役のイメージが強いかもしれない。
若い人になじみがあるのは08小隊のノリス大佐などの、比較的年相応の声かな。

また代わりのきかない貴重な声が失われてしまったなあ…どうぞ安らかに…

市川治氏=声優 : おくやみ : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
posted by 大道寺零(管理人) at 21:44 | Comment(5) | TrackBack(0) | アニメ
この記事へのコメント
ショックです。私にとっては、まさにスーパージェッターさんでした。歌もうたえるのにぃぃぃ。ガルーダさんも、よかったですけどね。ジェッタージェッター、スーパージェッター、ぼくらのスーパージェッターは、未来の国に帰ってしまったのですね。(/_;)流星号と、ともに・・・

ご冥福をお祈りします。
Posted by okapi at 2009年01月08日 21:59
ナンテコッタ…。
私にとっては、「ガルーダやハイネルも良いが、マスク・ザ・レッドの声、サイコー」と言う方でした。
スパロボなんて、市川さんの声、オンパレードですしねえ。
本当に貴重な声優さんだったと思います。
どうぞ安らかにお眠り下さい。
Posted by カゼ at 2009年01月08日 23:18
自分の中では、市川さんといえばドカベンの不知火でした。
マスク・ザ・レッド役で久しぶりにお声を聞いた時、その変わらなさに驚きました。
年明け早々の訃報は切ないですね…
謹んでご冥福をお祈りします。
Posted by 青 at 2009年01月08日 23:30
……………………号(T^T)泣………………(-人-)m(_ _)m
Posted by bergkatze at 2009年01月09日 02:22
>>okapiさん

前にも何度かokapiさんが市川さんへの愛を語るのを拝見しているので、真っ先に「おかぴさんショックだろうなあ」と思いました。
「スーパージェッター」のOPの曲をCDや動画で見ると、漏れなく市川さんの声が入っているので、これからはしんみりしてしまいそうですね。ちなみに当時30歳くらいのはずですが、少年っぽいみずみずしい声ですね。

>>カゼさん

スパロボでコンバトラー・ボルテス・ダイモスあたりがそろうと(マクロスのボドルザーもですが)、市川さんの演じわけも大変だったんじゃないでしょうかねぇ。実にさびしいです。
今川的にはやはりレッドの声でしょうな。
ハイネルなど、立場的に敵役だけど、武人の義やプライドを重んじる誇り高い悪役が多かった市川さんにとって、けっこう悪辣なレッド(フィッツカラルドを殺す時の顔とかヤバすぎる)はどんな印象だったんでしょうかねえ。

>>青さん

そうだそうだ、不知火くんも市川さんでしたよねえ。今見るとドカベンのキャストってほんとに(当時は若手の方も多かったとはいえ)凄いですな。
やっぱり「ライバル声」といえばこの人、という感じがします。
お亡くなりになったのは1月2日とのことで、ご家族にとっては切ない新年になられたことでしょうね…

>>bergkatzeさん

昭和の名優や作家さんなど、これからも思い入れの深い方々を見送り続けなくてはならないのは自然の理とはいえ寂しいものですね。
一人とお別れするたびに、自分の中の昭和という時代が少しずつ実体感を失っていき、記憶データだけになっていくように思えます。
Posted by 大道寺零 at 2009年01月09日 17:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:[基本的に空欄を推奨します。詳細はこちらをご覧ください。]

ホームページアドレス:

(コメント投稿後、表示に反映されるまで時間がかかる場合がございますのでご了承の上、重複投稿にご注意ください。)
コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック