2009年01月27日

ジャングル大帝アニメSPアニメ

「ジャングル大帝」今夏復活!異色コラボも - 芸能 - SANSPO.COM

 手塚治虫さんの傑作漫画「ジャングル大帝」が、フジテレビ系で今夏にスペシャルアニメとして放送されることが26日、分かった。フジの開局50周年と手塚さんの生誕80周年のダブルの記念アニメ番組となる。

 同作はこれまでもテレビや映画でアニメ化されてきた。今回は脚本に同局系「SMAP×SMAP」など数多くのバラエティー番組を手がける人気放送作家で、森三中の大島美幸(29)の夫でもある鈴木おさむ氏(36)を起用。原作を生かしつつ、物語はバラエティーの要素も盛り込みオリジナル性が強いものになるという。

 “治虫×おさむ”の異色コラボ。鈴木氏は「僕らが見て育った名作を、もう一度新たな形で見てほしい」と意欲的だ。


作画等は見てみないと何とも言えないが、「バラエティーの要素を盛り込み」とか出た時点で企画・シナリオとかに期待ができない…
どうせ「お笑い芸人●●が声優に挑戦!」みたいなのが大量発生したり、作中に芸人キャラが出てきたりするんだろうけど。別にジャングル大帝でやらんでもなあ。

この記事内で気になったのが、最後の

レオはプロ野球西武のマスコットキャラクターに採用されたことでも知られる。


という部分。
以前、生前の手塚治虫がTV(今は亡き「TV探偵団」)に出ていた時に、「西武のマスコットはレオじゃなくてパンジャ(レオの父親)です」と明言していたので、てっきりそのつもりでいたんだけど…(マスコットネームは「レオ」だが)



以下、ウィキペディア調べ。

レオ (埼玉西武ライオンズ) - Wikipedia

手塚治虫によると、これはレオではなくレオの父親の「パンジャ」がモデルとのこと。レオとパンジャの違いは、耳の先が黒いのがレオ、白いのがパンジャである。現在活躍しているレオの耳の先は黒いため、何故レオでなくパンジャだと発言したのか謎であるが、手塚プロダクションによるとジャングル大帝のレオと権利が重複しないためとしている。


後半の「権利が重複しないため」というのは、1989年から放送された第3作TV版との兼ね合いのようだ。

ジャングル大帝 - Wikipedia

本作で問題視されたのは西武ライオンズのロゴである。このロゴには青年のレオの顔が使われており、権利関係で混乱が起きることが予想された。そこで手塚治虫は「あれはレオではなく、レオの父親のパンジャです」と主張し、本作に登場するのは子供時代のレオのみなので混乱はないと関係各社に説明した。


手塚治虫は1989年2月に亡くなっているが、この企画は1987年頃から立ち上がったらしい。
私が「TV探偵団」でこの発言を見たのは1988年01月10日の47回放送分(後で同番組の手塚追悼スペシャルにも映像が再編集されて用いられたのでそっちかもしれないが)なので、企画制作中の発言となり、そういう事情に間違いないかと思われる。

結局あれは、トラブル防止のための苦しい言い訳だったということなんだろうか。今となっては「パンジャ説」が嘘ともホントとも言いきれない感じではあるが、当時聞いた時にはほんとビックリしたもんだ。
posted by 大道寺零(管理人) at 10:49 | Comment(2) | TrackBack(0) | アニメ
この記事へのコメント
なんか心配ですー。手塚先生のテレビアニメは、それこそ、物心ついて、アトムからみていましたが、初期の作品は、白黒のものが多かったのに、ジャングル大帝は、カラー作品だったのですよね。そのせいか、何度も再放送されて、それは、それは、私の頭の中にすりこまれていった大切なものなのですが・・

昔、たしか、東京12チャネルで、作り直してあったけど、あれは・・・・うーん。

また、レオの声をだしていた太田さんでしたっけ。リボンの騎士の声も、だしていたし・・その他、秘密のアッコちゃんや、いろいろと・・大好きな声優さんでしたので、レオがほかの人の声だと、いやだあぁぁぁぁ。

あと、マントヒヒのマンディーは、アトムにでてきたお茶の水博士の声の人だったとおもったけれど・・・

とにかく、それこそ、スーパージェッター以上に、いろいろラブなので・・心配です。くすん。
Posted by okapi at 2009年01月27日 18:42
>>okapiさん

「変なバラエティ要素」がねじこまれる時点で根っこがダメというか、作画が良ければ良かっただけ切ない結果になりそうな気がします。
「ジャングル大帝」である意味を感じないのですよねー。例えば、作者違いますが、「おそ松くん」とかのギャグものだったらまだ違和感少ないですけど…

太田淑子さんの声は印象的でしたね。レオの声は、まあプロの声優さんだったら誰でもいいかなと私は思うのですが、芸人とかタレントを安易に使うのだけは勘弁してほしいなあ…
今歴代の声優さんを見てたんですが、初代パンジャって小池朝雄さんだったのですね。ちょっとびっくり。

私が子供の頃も、ジャングル大帝はよく再放送されていました。今思えば、地元民放で平日4時台に、サンヨー電機販売店がスポンサーになっていた子供向けアニメ枠(主に再放送)があって、「ジャングル大帝」がサンヨー提供だったことも関係していたのだと思います。
今見ると本編の動画は紙芝居だったり絵もお粗末だったりするのですが、とにかく美しいオープニングで得をしていますね。

マンディーの勝田久さんは、そうです、お茶の水博士も演じておられましたね。ご自分の主宰する声優養成所で厳しい指導をなさることでも有名ですね。
Posted by 大道寺零 at 2009年01月28日 19:53
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:[基本的に空欄を推奨します。詳細はこちらをご覧ください。]

ホームページアドレス:

(コメント投稿後、表示に反映されるまで時間がかかる場合がございますのでご了承の上、重複投稿にご注意ください。)
コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック