2009年02月13日

今年も更新の時期PC関連覚書

カスペルスキーインターネットセキュリティ2009(7.0から無償グレードアップ)を使っていて、そろそろ期限切れのアラートが出るようになった。特に不満もないので1年更新しようと思っているのだけど、セキュリティソフトの更新キーってどうしてこうも高い…というよりは、製品版の価格に対してアドバンテージがないんだろう?と毎年思う。

1年分の3ユーザー分の更新キーより、3ユーザー版の製品の方が2000円近く(もちろん製品は小売店側で値引きし、ライセンスキーは公式のみの販売なので値引きがないためだが…)安い。
ので、経済的には一も二もなくそっちなのだが、製品版を買うとなると、すでに最新状態で入っている2009をアンインストールしてから同じ2009を再びインストール、定義ファイルを1からダウンロードして適用し、一度システムをフルスキャンするというのも、なんともアホらしい気がするんだなあ。その間短時間とはいえ無防備な状態になるし…
なんとか1ユーザ2000円くらいにまで下がってくれればなー。

ジャストシステムにユーザー登録していると、ATOKとか一太郎、ホームページビルダー関連のユーザー優待情報メールは盛んに来るのだけど、カスペ関係のキャンペーンはほんとに稀だ。ATOKとかと違って「1からワガの物」じゃない関係もあるのだろうけども。
posted by 大道寺零(管理人) at 17:19 | Comment(2) | TrackBack(0) | PC関連覚書
この記事へのコメント
ごぶさたしております。

ウチもKISユーザなのですが、同感ですねえ
2年契約にしても210円しか安くならないし・・
ソフト自体は軽くて気に入っているのですけど。

セキュリティソフトは乗り換えるにしても使い勝手がかなり変わってしまうので、乗り換えるにはかなりな踏ん切りが必要なんですよねー


Posted by じゅま at 2009年02月13日 23:55
>>じゅまさん

性能には納得して使っているのですが、更新の際にはいつも悩みます。
KISに限らず、どのセキュリティソフトも更新キーが割高な気がします…

使い勝手の変化もさることながら、「アンインストールしても完全に削除されないファイルやレジストリのカスが残っていて、それが次に入れたソフトやOSの動作に悪影響をもたらす」パターンが一番ストレスなんですよね…
大体ソレ用の「削除ツール」が用意されてたりしますけど、分かりやすくアナウンスされているとも限らなかったり。
以前ノートン先生から乗り換えた時にはほんとにそれで悩まされました…
Posted by 大道寺零 at 2009年02月14日 16:53
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:[基本的に空欄を推奨します。詳細はこちらをご覧ください。]

ホームページアドレス:

(コメント投稿後、表示に反映されるまで時間がかかる場合がございますのでご了承の上、重複投稿にご注意ください。)
コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/114173952
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。