2009年02月21日

ない腕がいいんだっ!2chスレッド

高校の現代文教科書によく取り上げられる論説文に、清岡卓行の「ミロのヴィーナス」という文章がある。実際私も授業で何度もやったことがあるのだが、要旨としては、

ミロのヴィーナスは知っての通り両腕を欠いた姿となっている。研究者の説では、リンゴや杓を持っていたなどの諸説があるのだが、今日讃えられる同像の美は、腕が欠損しているからこそ、そこに見るものがそれぞれに無限の想像を働かせうるからこそ、人種や時代を問わず普遍的たりえている。「彼女」に腕を復元するなどという案は、ヴィーナス像の芸術性・普遍性を奪い取る行為である。

というもの。

正直高校生にはなかなかピンと来ない文章らしく、けっこう骨の折れる単元ではあるのだが、あらためて本文を読みかえすとやはりなかなかの名文である。

彼女はその両腕を故郷であるギリシャの海か陸のどこか、いわば生臭い秘密の場所にうまく忘れてきたのであった。
いや、もっと的確に言うならば、彼女はその両腕を、自分の美しさのために、無意識的に隠してきたのであった。
よりよく国境を渡ってゆくために、そしてまた、よりよく時代を超えてゆくために。
(本文より)


「腕を付けようなんて思っちゃいけねえ」という論旨に賛同しながらも、やっぱりそれを妄想するのはこの上なく楽しくて面白いことなのだ。
というわけで生まれたこんなスレ。

【画像】ミロのビーナスに腕をつけてみた(ワラノート )

相変わらず"才能の無駄遣い"が炸裂しております。
確かに似てる…ダルビッシュに…
posted by 大道寺零(管理人) at 17:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2chスレッド
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:[基本的に空欄を推奨します。詳細はこちらをご覧ください。]

ホームページアドレス:

(コメント投稿後、表示に反映されるまで時間がかかる場合がございますのでご了承の上、重複投稿にご注意ください。)
コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/114597076
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。