2009年03月25日

自炊を始めるならこんな感じでどうっすか料理

新生活の季節、ということで、各所で「料理初心者へのアドバイス」が少し流行っているようなのでちょっと便乗とかしてみる。
震源地は↓らしい?
料理のススメ:これから料理をしようと思っているひとへ - Money does not hurt your heart

・家ではほとんどやったことない
・アパートやワンルーム暮らしの新社会人・新入生・一人暮らし1年生(特に男性)

あたりを想定。
<道具>
スーパーよりホームセンターや地元のお得な荒物屋(あれば)なんかがオススメかな。

[必要度高]

*まな板:プラ製のもの

 ペラペラのやつ人気ですね。私は使ったことないのでコメントできませんが、便利っぽいのでいいのでは。
 100均にもあるし、最近ではよく料理テキストや生活雑誌の付録にもなってますね。
 まあ私は1000円くらいのプラ製の普通のを使ってます。

*包丁:2000円くらいの牛刀または三徳包丁

 100均にもあるけど、まともに刃が立ってないのでとてもじゃないがお勧めできません。切れない包丁はストレスもたまるしケガのもと。2000円くらいの1本あれば一生もの。
できればハンディなものでいいので砥石も欲しい。
 ペティナイフ・果物ナイフとか出刃・パン切り包丁とかは、欲しいと思ったタイミングでどうぞ。

*鍋:16〜20cmくらいの片手鍋(あるいはミルクパン)

 とりあえずちょっとした茹で物・汁物を作ったり、レトルトものを暖めたりする分には手頃。
 ミルクパンでもいいけど、蓋が付いていないことが多いので、蓋とセットの片手鍋がいいかと。いずれのタイプの鍋でも蓋重要。
 素材は特にこだわらず。煮る・ゆでるだけの用途ならテフロンなどの樹脂加工はなくてもいいと思う。

 麺類結構食べたいな、という方ならちょっとこれでは足りないので、24cm〜くらいの大きめの両手鍋も欲しい。
麺はゆったりゆでないと美味しくありませんので。

*フライパン・汎用鍋:26〜28cmくらいの深型いため鍋(樹脂加工)

 個人的には鉄鍋・中華鍋を強く勧めたいのだけど、料理の初歩でコゲついたとかこびりついた・目玉焼き破れたなどの失敗が多いとそこでイヤになる可能性が高いので、とりあえずテフロン等の加工ものが一番無難でしょう。
 炒め物・焼き物は勿論、煮物、カレーやシチューも3人分くらいは余裕で作れるし、スパゲティ・葉物なども茹でられる。少しずつなら揚げ物も出来る万能選手。だからサイズはできるだけ大きいほうがいい。
 テフロン加工は(特に安いもの)使っていればいつか剥がれてくるし、剥がれちゃったテフロン鍋ほどこびりつきやすくて使えないものはないので廃棄するしかない。(よほど高いもの意外は)消耗品だと割り切ってください。

平形フライパン・両手鍋などは、使っていて「やっぱりもう一つ鍋いるわ」と感じた時に買い足す感じでいいでしょう。

*ターナー(フライ返し):テフロン系の鍋を使うなら樹脂系で。

フライパンに当たる部分が長いものが個人的には使いやすいと思う。こればっかりは用途と好みによって選ぶしかない。

*お玉:テフロン系の鍋を使うなら樹脂系で。

 100均のでもいいけど、角度が微妙に使いづらいものが多い…
 300円くらい出す気になれば、ちゃんとしたメーカーで長年使えるものが買えます。

*菜箸

普通の箸だと短いし、傷むので。
買っても安いけど、私は来客用や仕出し弁当とかについてくるちょっといい割り箸(丸いやつ)がちょうどいい長さで滑りにくく、折れても遠慮なく使い捨てられるので、使用済みを洗って使っている。
好みによるが、あまり長くても使いづらい。(揚げ物は別)
あまりツルツルしたものだと食材をつかみづらくてストレスになる。
菜箸はよく、二本がヒモでつながっていることが多いのだが、私は使いづらいのでさっさと切ってしまいます。

揚げ物とかしないなら、大きめの木べラ一つあれば菜箸はなくてもいいかもしれない。

*ピーラー(皮むき)

 こればっかりは100均のではダメ。過去数度失敗した。
 脇にジャガイモ芽取りが付いているものが便利。300円くらいあれば十分なものが買えると思う。
 大きいピーラーだと、キャベツの千切りとかが簡単キレイに出来て感動的。高いけど。
 単に皮をむくだけでなく、大根やニンジンを薄くスライスしてサラダにしたり、しゃぶしゃぶの具にしたり、そこから千切りしたりと利用価値が高い。

*ザル・ボウル

 プラより金属製がおすすめ。大小セットだとなおよし。
 特にザルは、金属製だと茹で上げ(片手が付いてるとなお便利)に使ったり、サイズの合う鍋と組み合わせて蒸し器としても応用が出来る。
 100均の金ザルは、最初はいいんだけど、すぐにワイヤーがはみ出てきてチクチク手に当たるし洗いづらいのが難点。
 ボウルは最低でも一つは米とぎ用に必要。サイズを変えて二個くらい欲しい。

*計量スプーン

 料理本を参考にしながら作るつもりならやはりあったほうがいい。
 調味料入れを買った場合には、多分その中に小さじ容量のスプーンが一つ入っていると思うのでそれでOK。
 「大さじ1=小さじ3」で換算すれば大さじはなくてもいいです。

 買えばたいてい大中小3本セット…なのですが…その場合の構成は
 大=大さじ=15cc
 中=小さじ=5cc
 小=小さじ1/2=2.5cc

 でして、3本セットがあると、「セットの中で一番小さいさじ=小さじ」と誤解して失敗してしまう人がとても多いのでご注意ください。
 小さじ=「5」と数字があるスプーンです。
 
*計量カップ

 これもきっちり計量するつもりならあったほうがいい。
 どうせ買うなら少し奮発して、耐熱(できれば耐熱ガラス)でレンジOK、容量は2カップ以上あるものだと一生使える。500cc以上くらいのものをおすすめ。
 1カップは200ccだが、炊飯器についてくるカップは、1合(180cc)基準なので注意。容量の違いさえ把握しているなら十分流用できる。
 例:「料理本の1カップ=炊飯器付属カップで1+ちょっと」
 菓子類などのシビアな計量でないなら、ワンカップなどの丈夫で使いやすい容器で代用しても十分。

[必要度:中(あれば絶対便利。作りたい料理や好みによる)]

*キッチンはさみ

 出来れば欲しいです。
 魚・小魚や骨付き肉を処理したり、乾物を切ったりと意外に出番が多いです。
 以前はダイソーで、倒産した会社のキッチンバサミを100円で売っていて、これがかなり使い勝手がよかったのですが、今は100円用の自社製品がほとんどになってしまったので評判は下がったようです。500円くらい?

*おろし金

 大根おろしとかよく食べる人は必要かな。
 チューブ薬味のおろし生姜とかあれば十分、という人は不要。 
100均のでも使いやすいのがあったり、500円でもろくにおろせないのがあったりと当たりハズレが激しい(特にプラ)。薬味をちょっと使うくらいなら小皿型セラミックでもいいし、大根おろしが欲しいならある程度大きさがないと使いづらい。ずっと使うなら金属製がいいけど、まあ好みで。
 おろし器の下に濡れぶきんを置くと格段に使いやすい。パン粉がちょっとだけ欲しいときには、硬くなったパンをおろしたりもできる。

*キッチントング*

肉や魚をひっくり返すときに重宝。100均のものでOK。よく焼き物をする方向け。
テフロン鍋で使いたいなら樹脂製でないと傷が付いてしまうので好みや持ち物に応じてどうぞ。
パスタや焼きそばをよく作る方なら、麺用トングもあると便利。

[必要度:低(必要があれば買う程度で十分)]

*はかり(キッチンスケール)

 菓子類を作る予定がなければとりあえず不要。
 魚や肉は、たいていパックに正味量が書いてあるのでそれを参考に買ったり小分けにすればいい。
 料理本によっては、調味料類がグラム表示しかない、あるいはその逆でさじ・容積表記しかないものもある(バター大さじ2とか)。
 「小さじ1が何グラムか?」は食材によって異なるので、以下のサイト等を参考に換算すればOK。
 http://rosyxlife.blog122.fc2.com/blog-entry-9.html

 ちゃんと計量したい方には、収納もコンパクトなデジタル型のキッチンスケールがおすすめ(2kgまで計れれば十分)。特にオークションの発送等で定形外郵便・メール便をよく使う方なら、正確な計量もできて重宝します。
 100均のはかりはかなり不正確(パッケージにも「計量器ではなくて目安」と明記してあります)なのでオススメしません。

*スパゲティ・野菜が茹でられる加熱用タッパー

 100均でも売ってます。
 スパゲティの茹で上がりは思ったよりそこそこの味で、一人分の食事にはとても便利。
 ただ、大きめの電子レンジでないと、長いタッパーが回らずにつっかえてしまい、お湯がふきこぼれて大惨事になってしまうこともある(経験者;)ので注意。
 野菜用のを買って、スパゲティを折って加熱するのが無難かもしれない。


<消耗品系>

*キッチンペーパー

 水気取りに、揚げ物の敷き紙に、布巾代わりにと便利だからとりあえず買っとけ。
 ザルとこれがあれば濾し器とかはいらない。
 台所だけでなく、掃除にも重宝。

*ラップ

大中小のサイズあり。
大で小をかねるもよし、使いやすい中サイズで、足りなければ2枚がけにするもよし。
あまり安いやつだとくっつきや切れが悪かったりする。
迷ったらサランラップかクレラップ買っとけば間違いないです。

*ビニール袋

材料の下ごしらえに、生ゴミ入れに、浅漬けに、冷凍用にと活躍。
スーパーからもらってくる分で済ませる方もいますが、食材を直接入れるのに抵抗を感じる場合もあるかも。
ホームセンターやドラッグストアで50枚組とか買うと安いかな。サイズは「大」がおすすめ。

*スポンジ・たわし

とりあえず片面がナイロンたわしになってるごく一般的なスポンジがあれば事足りる。
安いものもあるけど、スコッチブライト・キクロンなどの昔ながらのちょっと高い製品は格段に汚れが落ちやすく、コシがあって使いやすく、そしてヘタレにくい。

アクリル毛糸等で作ったタワシがあると便利。これがあるとバカみたく簡単にグラスのくすみや茶渋が、洗剤不要で落ちてしまう。茶渋のために漂白剤を買う必要がなくなる。
市販品もあるけど、作るのが簡単なので、編み物が出来る人は100均のアクリル毛糸を一つ買ってくれば4.5個は作れてしまう。
編み物が出来なくても、巻き付けてまとめるだけでもOK。
このタワシは、風呂や窓ガラス、水周りの掃除にも効果絶大なのでマジおすすめ。
参考:アクリルたわし.JP

*ゴミ用水切り袋

不織紙・ビニールネット・穴あきビニールなど素材は色々。
不織紙製だと、油こし等にも使えるし、コーヒーのダシガラまでキープしてくれるきめ細かさなのでおすすめ。
排水溝・三角コーナーにかぶせて使う。
三角コーナーはマメに洗えば不要だが、つまり防止のために排水溝には使っておきたい。特にキレイに取れないお茶ガラなどがさっくり捨てられる。
排水溝のストレーナーがしっかりしていて目が細かいならなくても大丈夫かな。

[必要度低]

*魚焼きグリルに敷く小石(ゼオライト)*

画期的に魚や焼き鳥等が美味しく焼けて、べしょべしょしない。
敷き皿にアルミホイルを強いてからこれを広げると、捨てるときもラク。
魚好きなら是非。油で黒くなったり、臭いが気になり出したらお取替え。燃えるゴミで出せるはず。
500g入りの袋(200円くらい)で、2回分はたっぷり使える。

*三角コーナー*

生ゴミの一時避難によく使うものだが、清潔に保つのが面倒だったりもする。
三角コーナーいらず」やその類似品が結構便利。使わないときには上げておけるのもいい。
ただ専用袋がちょっと高い&売っている場所が限られているのと、吸盤式なので場所によっては向かないこともあります。
生ゴミはその都度ゴミ袋に入れるようにすれば、排水溝に水きり袋をセットするだけでも十分かもしれない。
主婦でも「三角コーナー使わない派」は増えてるようです。

*調味料入れ

クリアプラスチックが主流。
なければないで、袋の口を輪ゴムやストッパーで閉めれば必要ないけれど、片手だけで開く形は調理中には重宝。
一人暮らしなら小さいものでいい(100均ものでOK)。
買うなら塩・砂糖・小麦粉(or片栗粉)の3種類かな。たいてい計量スプーン(小さじ)も付いてくるメリットあり。
もちろん、空き瓶・空き缶などで代用しても十分です。

*食器用水切りかご

あればそりゃ便利だけど、場所的にきつい場合もありますよな。
一人分の日常の食器なら、普通のザル(できれば角型が省スペースかな。受けがあれば、みんなで鍋するときにも使えます)でも十分かも。
100均にも色々あるので場所に合わせてどうぞ。


<基本の調味料>


*塩

天然塩が美味しいけれど、結露しがちなので、ビンや密閉容器に入れて冷蔵庫で補完していても気が付くとびしょびしょになったりする。使えないわけではないが。
最初はJTの普通の塩の小さいパックがあれば十分に事足りる。

*砂糖

一人暮らしの料理だとそんなに使わないのだけど、ないと始まらない場合が多い。
300g〜500gくらいの袋があれば十分だが、安売りされる機会の多い1kgのがお徳ではある。
コーヒーや紅茶に砂糖入れる派なら、グラニュー糖を買って料理と両用にしてもいいし、和食や煮物をあまり作らないなら、スティックシュガーを料理に使うのも勿論あり。グラムが明確に小分けされているので便利かも。

*醤油

500ml〜1Lくらいのペットボトルがあれば相当持つと思う。値段はピンからキリまで。そりゃ高いのは美味しいけど、最初は特にこだわらなくても。迷ったら実家で使ってた会社のものとかをどうぞ。
「販売者」だけでなく「生産者」も日本企業のものなら危険はそんなにないかと。
基本常温でいいけど、夏場気になるなら冷蔵庫へ。
ワイルドな人なら醤油さしはなくてもボトルから直注ぎでもそれはそれで荒々しくていい。ただし往々にして出過ぎる。
醤油さしを買うなら100均のでも十分。

*味噌

 まあ最初はダシ入りが便利でしょう。安いし。
 ただしダシ入り味噌は傷むのが早いので必ず冷蔵庫で保存し、「保存食」とは思わずに使い切ることが肝要。
 (私は何の味噌汁を作っても同じ味になっちゃうのでダシ入り味噌は使わないです…でもこっちのほうがいつも安いんだよなあ)

*酒

日本酒党で常に部屋にある人ならそれをちょいと流用で。
飲まない人なら1リットルくらいの料理用酒ボトルがあればいいし、ワンカップや低容量パック酒で済ませてもいい。
料理用酒には若干塩や化学調味料が入っている場合があるので、使う際にはレシピより少し塩を減らすと失敗しない。

*だしの素

しけやすいので、スティック分包になっているものが便利。
味はお好みだが、互換性が高いのは昆布かな。特に魚料理とケンカしないのがいい。



[オススメの常備乾物]


*麩

味噌汁や煮物に、少し買っておくと物足りない時に役に立つ。
特に薄い板状の「庄内麩」は、煮込まなくても、お椀に適当に割り、上から熱い汁を注ぐだけで、簡単に味噌汁や澄まし汁が完成してしまうのでおすすめ。ローカロリーで栄養価も高い。
麩は濃い目の汁で野菜や肉と一緒に煮たり、卵とじにしても美味しい。

*乾燥海藻類

わかめ・あおさ・ふのり・岩のり・まつもなど。
これも戻さずに熱い汁を注ぐだけでOK。


<とりあえずこれさえあれば…な食器類>


いずれもシンプルで洗いやすく、変に薄すぎたり厚ぼったくないものが扱いやすい。レンジOK素材推奨。特に家にあった昔の金縁取りの食器なんかはレンジ対応してなくて火花が散る場合もあるので要注意。

*茶碗
*汁椀(またはスープ・サラダ用の一人用ボウル)
*カレー・パスタ用の少し深みのある皿
*メインディッシュ・トースト用の大きめの平皿
*小皿数枚
*ラーメン丼(麺類をよく食べるなら)
*マグカップ(こだわらなければ緑茶もこれでいいんじゃないかい)
*箸・カトラリー類


コップ類は好み(よく飲むドリンクとかお酒とか)で。
カップソーサーセットは、ソーサーにくぼみがないものが最良。ケーキ皿等に流用できる。実際一人暮らしだとソーサーセットいらんけどもね。

*蓋付き保存容器(盛り付け鉢・常備菜入れにも、調理用にも。耐熱・レンジOKの素材がオススメ)

 オーブンOKの耐熱ガラス製なら、グラタン等にも利用価値大。


<ハードウェア>

*冷凍冷蔵庫

まあ料理をしてもしなくても大抵の方は買うでしょう。
私は学生時代、兄のお下がりの1ドア冷蔵庫で過ごしましたが、やはり冷凍庫はあるにこしたことは…というか今時、製氷室のみの1ドア冷蔵庫を探すほうが難しいか。
1人暮らしだと何かと冷凍する場面が多いのです。でも全体としてはさほど大きくなくていいでしょう。買いすぎも防げます。

冷凍のノウハウに関しては、以下のまとめサイトがおすすめ。
【ホームフリージング】冷凍保存のコツ@料理板 集計サイト

*電気炊飯器

最近はレンジでご飯が炊ける容器とかあるのでこれ一択ではなくなったが、やはり基本かと。エコノミータイプから高級品まで色々だが、その辺は各人のこだわりに応じて。個人的には炊飯器の性能差より、米を正しく洗うことのほうが大事かなと思っている。
5合も炊ければ十二分。少量のお米が美味しく炊けるタイプを選ぶのが吉。「急速炊飯」機能は是非欲しい。
米を炊くだけでなく、保温料理や菓子作りなども出来て意外に楽しい。

*コンロ

私は断然ガス派です。アパートや寮の場合選択肢がない場合もあるけれど、鍋を選ぶIHよりガスだなあ。
一人暮らしでもコンロは二口でないと料理には厳しい。やはりグリルはあると何かと便利です。

*電気ポットか電気ケトル*

光熱費的にケトルが人気ですね。
とりあえずお茶とかカップラーメンとか、お湯は何かと使うもの。
給湯器がない場合、冬の洗い物に残り湯を使ったりと色々。
どちらかがあれば、ヤカンは不要でしょう。

*オーブントースター兼電子レンジ

一昔前は「トースターレンジ」的な商品があってこれ便利だったんだけど最近あまり見なくなって、安めのオーブンレンジ(2万くらい)しか並んでない感じ。
これでもあたため・解凍とパン焼きが一緒のマシンで出来て便利なんだけど、パン2枚トーストするだけなのに妙に時間がかかっちゃったりするのが難点だったりする。
コスト的にはレンジ+オーブントースター(トースター)のほうが安い(1万+3000円くらい)のだろうけど、スペース的にはお得。あと餅とかグラタンとかも焼けるんだ。

どちらにしても電子レンジはあったほうがいい。


[オススメの料理本]


あまり有名人系や妙におしゃれ系のレシピ本は初心者向けとはいえないので、人気があっても避けたほうがいいかも。
きっちり初心者向けと明記してあるものがやはりおすすめ。
特に、「料理本用語」(ひたひた・かぶるぐらい…など。その他切り方とか)がわかりやすく解説してあるものが親切だし、勉強になる。立ち読みしてチェックすべし。
あとはたれや調味液の割合一覧が書いてあるものなども後々まで使えていいですな。

テキストならばNHKの「きょうの料理 ビギナーズ」。1年買えば季節の素材の使い方がたいていわかる。
「きょうの料理」は、新年度から材料が2人分表記になるので、1人暮らしには朗報でしょう。

個人的には
・小林カツ代
・土井勝・土井義晴親子
・野崎洋光
・為後喜光
の名前が挙がっていればたいてい信頼してます。

たいていの料理本用語とかがわかるようになれば、新聞家庭欄の料理レシピもけっこう使えますよ。

クックパッドなどの素人料理レシピ投稿サイトは、地雷も多いので初心者にはオススメしません。

いずれにしても大事なのは、

・初手から頑張り過ぎない(体力気力に余裕がある時だけやるくらいのユルさで)
・道具はあれこれ買いすぎず、必要を感じたら初めて買うくらいで


と、とにかく気合を入れすぎないこと、に尽きるでしょうな。
あとは多少失敗しても、健康に関わりそうなミス(芯まで黒コゲとか、塩が大量に入っちゃったとか)でなければ、あまり気にせず、「別に死なないし」と淡々と食っちゃうのもアリ。
posted by 大道寺零(管理人) at 03:34 | Comment(2) | TrackBack(0) | 料理
この記事へのコメント
食器でいえば独り暮らしのときのラーメン丼の汎用性は高いだと思います。
麺類なら何でもカレーに煮付け、おでんなどの鍋物よそうのにも。
余った料理の冷蔵庫行きにもと何でも使ってましたね。
これと深め×大きめの陶器の汁椀ばかり使っていたような。

あとは食材が余った時はひたすらスープ(煮込み)かお好み焼き風と言うことで、ベーコン、玉ねぎ、小麦粉、トマト瓶詰め、和洋中のだしの素を100均で買っておけばOKって感じでした。
ガスコンロが一つ口だったので味噌汁はあまり作りませんでした。
時間かかっちゃうので………。
Posted by たろんなーど at 2009年03月25日 22:14
>>たろんなーどさん

特に男性ですと、ラーメン丼は一番使える食器かなと思います。
適当に炒め物作って、ご飯の上に載せればどんぶりものになりますし、盛り付け鉢としても優秀なんですよね。相方も独身時代の食器はラーメン丼が中心でした。

>ベーコン、玉ねぎ、小麦粉、トマト瓶詰め、和洋中のだしの素を100均で買っておけばOKって感じでした

トマト(缶でもビンでも)と玉ねぎ、だし調味料系はほんとによく買って使いました(というか今でも常備ですが)。プレーンな鶏がらスープも、中・洋どちらにでも使えていいですね。
一人暮らしだと確かに味噌汁はめんどくさいですよね。余るとすぐに傷みますし、「俺はどうしても味噌汁がないと落ち着かん」というこだわりがなければ、おかずのほうで具を増やす方がリーズナブルな場合が多いと思います。
Posted by 大道寺零 at 2009年03月26日 10:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:[基本的に空欄を推奨します。詳細はこちらをご覧ください。]

ホームページアドレス:

(コメント投稿後、表示に反映されるまで時間がかかる場合がございますのでご了承の上、重複投稿にご注意ください。)
コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/116179976
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。