2009年06月19日

胃腸ももうすぐ四十郎日記

先日鶏のから揚げを作りまして。
いつもの定番二度揚げで、下味の具合もバッチリうまくいって、表面カラリ中はジューシーで家族にも好評で、「うは、私って天才じゃね?」とか有頂天になってモッサモッサ好きなだけ食べていたら、少し経ってから急激な胸焼けに襲われたのだった。

よく、「油ものが大好きなのに受け付けなくなって年を感じる」という話を聞くけど、自分にだけは無縁だと思っていた。
これが…これがアラフォーの肉体、アラフォーの内臓ってものなのねアムロ……

勿論体のためには油を控えた方がいいのだから、むしろリミッターが付いたのはいいんじゃないかとは分かってるのだけど、誕生日を越してそんな急に峠が来なくてもいいんじゃないかと思った6月だった。

多くの人が通る道なんだろうなあ。

チェンゲの41歳隼人も、
「あー俺もうさすがに、天下一品のチャーシューメンのこってりは無理になって来たわ」
とか思ってるのかな
、とか妄想すると、愛情だけではない猛烈な親近感が湧いてくるのでした【迷惑だよ!】。それ以前にあの作品世界の日本に果たして天下一品ラーメンが生き残っているかどうかはめちゃくちゃ謎ですが…
posted by 大道寺零(管理人) at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:[基本的に空欄を推奨します。詳細はこちらをご覧ください。]

ホームページアドレス:

(コメント投稿後、表示に反映されるまで時間がかかる場合がございますのでご了承の上、重複投稿にご注意ください。)
コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック