2009年07月06日

吹奏楽MAD動画編集

あまりないジャンルだと思うんだけども、今日ぽっかり時間が空いたのでやってみた。

*ちょっと都合で上げ直しました。中身は一緒です。最初に上げた方のコメは転載させていただきました。

【吹奏楽AMV】overture FIVE RINGS【新ゲッターロボ】‐ニコニコ動画(ββ)

黒平安京編を、1985年課題曲A「overture"FIVE RINGS"」で。
黒平安京ダイジェストMADなんて二度も作るものでもないので、どの曲にしようか、ほんとに直前まで迷った挙句にこれで。
(「土俗的舞曲」「白鳳狂詩曲」「大阪俗謡」が私の中での候補でした)

この曲でMADを作るのは長年の夢でした。
なんか入れても居ないはずの変な動画クズが残っていたんですが(なぜかWMMでよく起こる)タイミング的にはまずまず合わせられたと思うので…後半できるだけがんばりました。
動画クズを除去して再UPしようかとも思ったのですが、どうしてもタイミングが合わなくなり、苦渋の決断に。

「Zガンダム」「ZZ」「逆襲のシャア」と作曲者が同じなので、曲のニュアンスにデジャブを感じる方も多いと思います。

セルフコメントも入れましたが、1984〜85年に放送されたNHKの水曜時代劇(よく混同されますが、大河ドラマではありません。なお2003年の大河ドラマ「武蔵」よりも平均視聴率は高かったです)のメインテーマ+劇中の「お通のテーマ」を組み合わせて作られた曲です。
課題曲としては、後半の金管タンギング…はともかく、ティンパニ乱打が殺人的で、実力のある打楽器奏者のいる学校でないとこの曲は演奏できませんでした…

中三の夏にこの曲を演奏すべく頑張っていたのですが、諸事情で3か月前に課題曲Dに強制変更(自由曲も「バッカナール」から強制変更)させられて、悲しいやら焦るやらだったのも、最終的に全国大会まで行くという意外な結果になったので結果オーライではあるのですが……やっぱりこの曲も演奏したかったなあ……
ティンパニ担当のY子ちゃんが物凄く頑張って練習していたので、日の目を見せたかった曲です。

聴いてくださった方はお分かりと思いますが、作品に対して曲の前半がかなりリリカルな感じです。実際に平安京の中盤まで竜馬のやってる事って「鬼相手にマサカリ無双で血しぶきバンバン」だったりするわけですが、それらしい場面を探してみると、けっこうデリカシーある表情が随所にあって萌え直しました。
アホでガサツなようでいて、実は誰よりも繊細なところがある…という描写は、9〜10話あたりでいかんなく発揮されるわけで、細かく見ると、色々布石があったのだなあ…と、MAD編集して気付かされることはまだまだあるんですねえ。
posted by 大道寺零(管理人) at 22:54 | Comment(4) | TrackBack(0) | 動画編集
この記事へのコメント
ご無沙汰してます。
この曲…どこかの演奏会で聞いて
「どんだけアニメ好きの作曲だよ!!」
と突っ込みまくりだったあの曲ですーー!
当時はピンと来なかったんですけど、
何のアニメかといわれたらまさしく新ゲッターロボですね!!
いつも大道寺さまのMADは楽しませて頂いていますが、
今回はいろいろとドンピシャリでした〜。

是非、もっとやらしー指揮者さんの演奏で聞いてみたいですね〜(^^)
Posted by おやじ at 2009年07月06日 23:10
>>おやじさま

こちらこそご無沙汰してます。
「Zガンダム」「逆襲のシャア」の三枝成彰が作曲しているので、ニュアンス的にかなり近いものがあると思います。やはり「アニメっぽい」とお感じになられましたかw
1984〜1985年にNHKで放送された「宮本武蔵」のメインテーマと劇中曲を組み合わせて吹奏楽用に編曲した曲なのです。
ちなみに当時のOPは↓です。
http://www.youtube.com/watch?v=BU5hLVwdvqI
こちらはオーケストラがベースで、スマートで聴きやすくて捨てがたいです。ピアノとかエレキベースとかも効いていて、こちらを使おうかとも迷いました。
惜しいことにこの音楽集はCD化されてないのです;

楽しんでいただけて頑張ったかいがありました!感想ありがとうございました♪
Posted by 大道寺零 at 2009年07月07日 21:36
MAD見せて頂きました。ゲッター系はよくわからんのですが、零先輩らしいこだわりが随所に感じられました。う〜ん、流石です、惚れ直しました(笑)。

元々『FIVE RINGS』と『バッカナール』する予定だったとは、実は初耳でびっくりしました。あの頃、中1だったわたすは、H高校でティンパニ乱打するK先輩に憧れたもんです・・・うはぁ、懐かしくてこっぱずかしい・・・(^_^;)

Posted by 松永霞月 at 2009年07月09日 00:13
>>松永さん

ありがとうございます!
ゲッター者でない松永さんにもコメいただけて嬉しいです。

そうなんですよ…春休みずっと練習してて、K先生が赴任当日に「まず聴かせてもらおうか」って言われて頑張って演奏して、その場で
「全然ダメ。お前らにAとか無理。Dやるぞ。バッカナールも100万年早い。」
と切り捨てられて、その時点(4月初頭)から1からやり直しでした。
「マスク」も、「古い曲だが、お前らみたいなヘタクソでもどうにかハッタリがきくだろう」という理由(少なくとも先生はそう言ってた)で強制的に決められました。
……今思い出すとなんかもう、大映ドラマでも始まるんじゃないかってくらいの超展開でした。反発とか悔しさもありましたが、結果的にはまさかの大逆転だったので、終わりよければすべてよしではありましたが…
1985年の課題曲はA〜C3曲どれもカッコ良かったので、Dと言われた時はほんとしょんぼりでした。
ただ組み合わせ的にAとマスクってのは確かにちょっとないかな、って気がしますね、今になって思えば…
Posted by 大道寺零 at 2009年07月09日 21:53
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:[基本的に空欄を推奨します。詳細はこちらをご覧ください。]

ホームページアドレス:

(コメント投稿後、表示に反映されるまで時間がかかる場合がございますのでご了承の上、重複投稿にご注意ください。)
コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/122960812
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。