2009年07月23日

大雷蔵祭映画

*公式
大雷蔵祭(角川映画)

秋に角川シネマ新宿で「雷蔵映画100本上映企画」があるらしい。いいなあ東京近郊の方…
地方にも一応企画は来るらしいけど、まあ東北にはどーせ来ても仙台くらいよねー。

今まで見た雷蔵映画はせいぜい10本程度(すべてNHK-BSで放送されたもの)だが、その中で一番好き、映画としてよくできていると思ったのは「大殺陣・雄呂血」で、これは是非一度大スクリーンで見てみたいと思う。

上映タイトルは未定だが、スポニチに掲載されていた情報は以下のとおりらしい。
陸軍中野学校シリーズとか見てみたい。NHK-BSでまた雷蔵特集やらんかなあ。
というか私はテレビ画面でしか雷さまを見たことがないので、一度ちゃんとスクリーンで拝見したいものだ。格別なんだろうなあ…

千姫 
次男坊鴉 
踊り子行状記 
新・平家物語 
大阪物語 
朱雀門 
源氏物語・浮舟 
桃太郎侍 
月姫系図 
命を賭ける男 
女狐風呂 
人肌孔雀 
炎上 
濡れ髪剣法 
弁天小僧 
人肌牡丹 
遊太郎巷談 
蛇姫様 
若き日の信長 
お嬢吉三 
千羽鶴秘帖 
ジャン有馬の襲撃 
濡れ髪三度笠 
かげろう絵図 
薄桜記 
浮かれ三度笠 
初春狸御殿
二人の武蔵 
濡れ髪喧嘩旅 
ぼんち 
大江山酒天童子 
歌行燈 
切られ与三郎 
安珍と清姫 
大菩薩峠 
忠直卿行状記 
大菩薩峠・竜神の巻 
花くらべ狸道中 
濡れ髪牡丹 
好色一代男 
おけさ唄えば 
おてもやん 
大菩薩峠・完結編 
沓掛時次郎 
鯉名の銀平 
新源氏物語 
かげろう侍 
花の兄弟 
女と三悪人 
婦系図 
破戒 
中山七里 
斬る 
江戸へ百七十里 
長脇差忠臣蔵 
殺陣師段平 
忍びの者 
陽気な殿様 
新撰組始末記 
影を斬る 
第三の影武者 
手討 
てんやわんや次郎長道中 
続・忍びの者 
妖僧 
眠狂四郎・殺法帖 
新・忍びの者 
眠狂四郎・勝負 
剣 
昨日消えた男 
眠狂四郎・円月斬り 
忍びの者・霧隠才蔵 
無宿者 
眠狂四郎・女妖剣 
博徒ざむらい 
眠狂四郎・炎情剣 
赤い手裏剣 
若親分 
眠狂四郎・魔性剣 
若親分_出獄 
新鞍馬天狗 
剣鬼 
新鞍馬天狗五條坂の決闘 
眠狂四郎・多情剣 
陸軍中野学校 
大殺陣雄呂血 
陸軍中野学校雲一号指令 
眠狂四郎・無頼剣 
陸軍中野学校竜三号指令 
ある殺し屋 
陸軍中野密命 
眠狂四郎・魔性の肌 
華岡青州の妻 
ある殺し屋の鍵 
眠狂四郎・女地獄 
陸軍中野学校開戦前夜 
ひとり狼 
眠狂四郎・人肌蜘蛛 
眠狂四郎・悪女狩り 
博徒一代血祭り不動
posted by 大道寺零(管理人) at 11:49 | Comment(5) | TrackBack(0) | 映画
この記事へのコメント
私は、雷蔵さまの映像をちゃんと最初から最後までみたのは、テレビで、

華岡青州の妻 

しかないのですが、伝記よんで、あー、もう亡くなられてしまったのかー、残念と、つくづく思いました。なので、ほかの作品については、ちらちらと部分でしか何かで紹介されたときに、みてるくらいですが、雷蔵さまも素敵ですが、相手役の女優さんも色っぽくて、若尾文子さんとかいいですねえー。
Posted by okapi at 2009年07月23日 22:18
わあー、こんなにラインナップがあるとは。

私はテレビでの雷様は全く記憶がなくて、10年前映画で見た1本だけの印象ですが、立ち姿の妖しさに惚れた口です。
これは見に行かなくては…

今ならイケメンだのカリスマだのに括られてしまったり、下手するとバラエティで弄られてしまったりなど、夭折されたことでイメージが崩されなかったのはせめてもの救いでしょうかねえ…
Posted by 末期ぃ at 2009年07月24日 00:27
>>okapiさん

雷蔵さんが亡くなったのって満37歳なので、もう既に年を追い越しちゃってたんですよねー。
存在自体というか、「メイクを落とすとビックリするほど普通の人だった」なんていう話ですら伝説だなあ、と…

>相手役の女優さんも色っぽくて、若尾文子さんとかいいですねえー。

よいですよねー。どうして昔の邦画の中に出て来る女優さんってあんなに素敵なんでしょう、と惚れ惚れしてしまいます。オーラが違うというか…
若尾さんも勿論ですが、藤村志保さんや香川京子さんなんかも素敵ですよね〜。後光が差してる。

>>末期ぃさん

是非ご覧になってみてくださいませー。ラインナップとかスケジュールがどうなるかはまたあとで具体的になると思います。狸もの連続とかはちょっと辛そうではあるw
立ち姿…これがまたいいんですよねー。着流しの足元なんかもしゅっとしてて…

>今ならイケメンだのカリスマだのに括られてしまったり、下手するとバラエティで弄られてしまったりなど、夭折されたことでイメージが崩されなかった

昔は良くも悪くも映画俳優様って感じで、今のようにいじり倒すようなことはなかったんじゃないですかねー。
じい様になった雷さまも拝見した買ったような気がしますが、確かに「伝説のイケメン」みたくいじられるよりは伝説の中でいつまでも若々しくおられるほうが…という気もしたりしますし、複雑ですなあ。
Posted by 大道寺零 at 2009年07月24日 22:17
な なんだって…!! 大雷蔵祭だって…?!
九州も、来たとしても天神かしら…。

雷蔵(伝説のひとなので敬称略)は、映像の断片を、しかもTVでしか見たことがありません。
『大殺陣・雄呂血』を途中から見てはいるのですが内容や映像自体の記憶はあやふやで、「とにかくものすごく格好良かった!」という感想だけが強く遺っています。
今日もレンタル店でDVDを探してきたのですが見つからず…(涙)。

銀幕で観るの、気持ちいいだろうなあ〜。
Posted by 早瀬 at 2009年07月25日 00:24
>>早瀬さん

「雄呂血」は、ストーリー自体は単純なのですが、とにかくその名の通り殺陣の迫力がありました。大映の時代劇ってけっこう刀とか安っぽいんですけど、この映画はそれをあんまり感じさせず、凄く良かったです。

ねー。銀幕で雷さま、そして雄呂血を見るとか、気持ち良さそうですよねー。
Posted by 大道寺零 at 2009年07月27日 22:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:[基本的に空欄を推奨します。詳細はこちらをご覧ください。]

ホームページアドレス:

(コメント投稿後、表示に反映されるまで時間がかかる場合がございますのでご了承の上、重複投稿にご注意ください。)
コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。