2009年09月02日

ちゃかぽこリーダーWEBサイト

日刊スレッドガイド : 中島美嘉(26)のメイクがヤバイ

まあその、こういうのは本当にヘアメイク次第だろうと思うので、いちいち劣化劣化と騒ぐまでもない(もともとなんか怖い系のメイクする人だったし)かと思いつつも、さすがに吹いた。

そして何よりも先に、

「ああ、ようやく時代、というかリアルがようやく米倉斉加年画伯に追いついて来たんじゃないか」

と思ったのは私だけじゃないって信じてる。

d_m.jpg

いやもちろん、この手の女性画ばっかりじゃないんだよ、米倉画伯は。
ただどうしても、私にとってのファーストコンタクトがこれだったもんで…
posted by 大道寺零(管理人) at 10:44 | Comment(3) | TrackBack(0) | WEBサイト
この記事へのコメント
お久しぶりです。

私も劣化とは思いませんが、多分何か心境の変化とか某カネボウ化粧品の思惑とかいろいろあったのかな、とか思いました。

それより、B子のおじいちゃんが高名な画家だったとは不勉強でした。
ギャラリーを拝見しましたが、憂世絵って素敵ですね、
Posted by 砂原いつき(すっぴんもやばい) at 2009年09月02日 21:22
少年時代から黒地に赤の「角川文庫」が気になってしょうがありませんでした。
Posted by ido at 2009年09月02日 23:06
>>砂原いつきさん

けっこう芸能人画家っていっぱいいますけど、米倉先生は別格だと個人的に思ってます。いいですよね〜。

まあもともと、中島某嬢は怖めのメイクが多かったですしね。それにしても確かにびっくりです。

>>idoさん

あそこで自社ロゴにあんなふうに仕事をさせる発想が凄いですよね。
というかそもそも、あの絵を表紙に使おうとすること自体がかなりチャレンジャーかと。
Posted by 大道寺零 at 2009年09月06日 23:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:[基本的に空欄を推奨します。詳細はこちらをご覧ください。]

ホームページアドレス:

(コメント投稿後、表示に反映されるまで時間がかかる場合がございますのでご了承の上、重複投稿にご注意ください。)
コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。