2009年11月15日

三回目の11/15漫画

石川賢先生と突然過ぎる別れを迎えたあの日から、早いものでもう3年。
いまだに結構な頻度で、先生がもういないんだということを忘れて、その都度「続きが読めないんだ……」と気付かされます。
石川先生がお亡くなりになったらしい、という情報がネットを流れた時ほど、「デマであってほしい」と思ったことはありませんでした。
改めて哀悼の意を捧げさせていただきます。

素敵な作品と、そしてそれを通じて素敵な方々と沢山知り合うことが出来、誇張抜きで生きる気力を分けていただきました。
今年は二次創作を通じて、どうしようもなく下手なりに再び書いたり描いたりすることがやっぱり自分には必要なんだと気付き、小さな場所ではありますが送り手として出直すことが出来たのは自分の中で大きく、そして励ましてくださる方に大いに感謝しております。
これも本当に石川先生のおかげだと、いくら頭を垂れても足りない想いです。

今日に合わせて絵を描いたり、作りかけのMADを完成させようかとも思いましたが間に合いそうにもないので、新作のプロットを考えつつ、一番好きな「極道兵器」を読み返して先生を偲ぶことにします。
そして夜はどこかで追悼絵チャに混ぜていただく予定です。

このくらいの時間、まだ先生は元気にゴルフやアフターを楽しまれていたのだろうと思うと、やっぱりやるせないですねえ……

posted by 大道寺零(管理人) at 15:21 | Comment(2) | TrackBack(0) | 漫画
この記事へのコメント
コミック「乱」の「五右衛門」の背中、が先生最後のコマとなったんでしたね。あの寂しさは忘れられません。

 快作、怪作の数々を産みだされた石川先生ですが、私が今、入手しようかどうか迷っているのが「5001年 ヤクザ・ウォーズ」です。ヤクザのスペース・オペラ。某所で紹介記事を読んで、唖然としましたが期待も持ち上がってきました。ああいうところが、また、先生の良さだったと。つくづく惜しまれます。
Posted by ネコトシ at 2009年11月16日 22:55
>>ネコトシさん

そうなんですよねー、とても印象的な大ゴマで、だからこそ寂しくて……
「五右衛門」はその前の連載「武蔵伝」よりも突き抜けたアクションで躍動感があってとても面白かったので期待していただけに本当に残念でした。いや勿論、先生が一番残念だったことは疑いないのですが…
未だにちょっと辛くて読み返せない単行本であります。

ヤクザウォーズ、持ってますが面白いですよ。ほんとに「仁義なき戦い」を「スター・ウォーズ」色の濃いスペースオペラの世界でやるという作品で、ひねりがないといえばないんですけど、冒頭の「だが、ヤクザはなくならなかった!」と、源二兄ィのカッコ良さ、全体のパワーで押し切る力技がなんともいえません。
「SW」公開当時の日本の「あの雰囲気」を思い出しながら読むと何ともいえず楽しいです。
Posted by 大道寺零 at 2009年11月19日 00:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:[基本的に空欄を推奨します。詳細はこちらをご覧ください。]

ホームページアドレス:

(コメント投稿後、表示に反映されるまで時間がかかる場合がございますのでご了承の上、重複投稿にご注意ください。)
コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。