2009年12月08日

もやしもん実写ドラマ化日記

石川雅之『もやしもん』が実写ドラマ化、『ノイタミナ』枠で初の試み -bookニュース:CINRA.NET

また実写化かよ、冗談じゃねえよ!
と思ってニュースタイトルを叩いてみたら、ノイタミナ枠なのか……
だとすると見てみないとわからんな、という気はする。
多分菌の部分がCGとか、実写とアニメの合成的なものになるんじゃないだろうか。まるっきりの実写だと、ノイタミナ枠の根本趣旨(「animation」の逆読み)に合わなくなっちゃう訳だし。
とはいえ、「惨劇にならなけりゃそれでよし」というぐらいの気持ちかなー。

どちらにしろ、「大学1年生が飲酒する」シーンは描写できないんだろうし(沢井・結城・及川がそろって一浪設定にでもしなければ)……

参考過去記事:アニメの飲酒シーン規制(当ブログ内)

あと、美里先輩のキャスティングは笑い飯の人以外認めたくない。同意見の人は多いと思うんだけどどうか。
そしてきっと成功のカギを握るのは結城君だろなあ。無難にやるなら女性が演るか、あるいは女装に定評のある杉浦太陽あたりを連れて来るか。


posted by 大道寺零(管理人) at 15:47 | Comment(3) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
醸し、醸され、愛されてw
って実写化多すぎです。
今週、復活するあのアニメも実写化されるってお話。

実写って当たり外れが多すぎるので、どきどきしますけど。
好きだったら、「あ、こんなのもありかもね。」ってなったり・・
したり、しなかったり。w
Posted by しをん at 2009年12月09日 00:38
あれ?原作で1年生が飲酒してた描写ってあったっけ?
あったとしても記憶に無いくらいだから、そんな障壁にもならないと思うけどな。

ノイタミナは空中ブランコがちょっと酷いっつーか・・・
表現としては、「佐武と市」でやってきたことの延長みたいなものだもんね。
電気のOPはイイけど。
Posted by eng at 2009年12月15日 20:52
>>しをんさん

最近では「岳」も実写化ですねー。
中にはいい感じで出来上がるものもありますが、全体的にガッカリor無理矢理まとめたり設定捏造し過ぎが多いなあという感があります。
まあとにかく、見てみなければわかりませんが(枠的には割と期待してます)…
私は了見の狭い方なので、好きな作品ほど辛口に見てしまうタイプなんですよねえ。

>>engさん

例の飲酒シーンは、1年が飲まない事より、長谷川さんが平気で飲んで辻褄合わなくなってた事の方が「どうよそれは」と思ったのでした。
「空中ブランコ」は、初見で絵が合わなくて「げっ」と思って引いた分だけ、段々見れるようになって来ました。各エピソードがほぼ同時に発生してるので、ちょこちょこ場面がリンクしてるのは面白いかなー。
ただこれ、絵面で奇をてらってる割には、話の落とし所は意外にオーソドックスですよな。
OPと音楽は大いに楽しめてます。本編中でも色々電気の曲流れてますね。
Posted by 大道寺零 at 2010年01月05日 17:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:[基本的に空欄を推奨します。詳細はこちらをご覧ください。]

ホームページアドレス:

(コメント投稿後、表示に反映されるまで時間がかかる場合がございますのでご了承の上、重複投稿にご注意ください。)
コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック