2010年03月03日

今年のつるし飾り日記

2月末あたりから慌てて作業を始め(ダメなやつです)、今年は飾りを7個追加しました。
(後ろに居るアルパカさんとか、本のタイトルは気にしないでくださいw)

2010turusi01.jpg

いちごと鳩

2010turusi02.jpg

わんこと大根

2010turusi03.jpg

菱餅、桜餅、トビシマカンゾウ。

2010turusi04.jpg

吊るしたところ。

去年のものに無理矢理ねじ込んだり付け加えたりしてこんな風になりました。吊るし直していないのでちとバランスが悪いですね。来年はまた少し足しつつ、紐を新しくして結び直そうと思います。

この中で一番手間がかかったのは、意外に大根(の葉っぱ)でした。
トビシマカンゾウも成形が難しかったのですが、これを作りたいがために山吹色のちりめんを買ったので、とりあえず納得しています。
去年は諦めたのですが、ある程度作業が分かってきた2年目に手掛けて正解だったかもしれません。

夕食はいつものごとく、ちらし寿司とハマグリの潮汁に、つぼみ菜の煮びたしでした。


twitterしながら作業してたりしたんですが、途中で飾りの写真をアップロードして感想をいただいたり、おかげさまでかなりモチベーションを保つことが出来ました。
こんなオカンアートに、みんな優しいなあ……(感涙)

つるし飾りの本、また1冊買ってしまった……
もう大部分がダブってるのに、必ず「その本にしか載ってない飾り物」が幾つかあるんですよ。で、そういうのに限ってものすごく作りたくなるという……我ながら、5冊も6冊もあってどーすんの!と思うのですが……

今日、用事があって中町周辺に車を出したんですが、傘福の吊るし飾りも大分浸透したようで、ガラス越しにちょっと眺めただけでも、お店の中などに吊るし飾りを下げているお店がかなり増えたなあと思いました。
posted by 大道寺零(管理人) at 23:35 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
5冊も6冊もあるのですね。でも年々下げ物が難しく豪華になってきていますから、1個でも作りたい物が載っている為に、買うことになるのでしょう。
ところで、1冊だけ買うとして、お薦めの本は何ですか?
Posted by cake at 2010年03月04日 15:15
>>cakeさん

ちりめん吊るし飾りは、近年の手芸界では何気にブームらしく、各社から毎年結構な数の本が出ています。大きな本屋とか行くと本当に迷いますね……;
本によって、作り方の説明のレベルが違うなあと実感します。「そこが一番知りたいのに」というところがサラッと流されてたりすると途方にくれますね。また型紙に縫いしろを付けるのか付けないのかの表記があいまいだったり、ちりめんはテロテロしていて縫い辛いので、基本的にアイロン接着芯を付けるのですが、芯が要るパーツ要らないパーツがはっきりしていないと、作る目的で買う場合には、初めての人には向かないし……
実際に作ってみないと分からない点が多く有りますね。

私は持っていないのですが、圧倒的に評価が高いのがこの本のようです。値段も高いんですが、確かに「基本の一冊」という感じでした。

*ちりめん細工―伝承の布遊び
http://www.amazon.co.jp/%E3%81%A1%E3%82%8A%E3%82%81%E3%82%93%E7%B4%B0%E5%B7%A5%E2%80%95%E4%BC%9D%E6%89%BF%E3%81%AE%E5%B8%83%E9%81%8A%E3%81%B3/dp/414031060X/

こちらは型紙があまり綺麗でなかったりもするんですが、庄内いちごとかトビシマカンゾウ・口細カレイなど、酒田傘福ならではのモチーフが豊富です。私が一番最初に買った本でした。多分酒田の書店では一番手に入りやすいかもしれません。

*和布の小物傘福・つるし飾り・さがりもの

http://www.amazon.co.jp/%E5%92%8C%E5%B8%83%E3%81%AE%E5%B0%8F%E7%89%A9%E5%82%98%E7%A6%8F%E3%83%BB%E3%81%A4%E3%82%8B%E3%81%97%E9%A3%BE%E3%82%8A%E3%83%BB%E3%81%95%E3%81%8C%E3%82%8A%E3%82%82%E3%81%AE-SEIBIDO-MOOK-wakuwaku%E3%83%9B%E3%83%93%E3%83%BC-17/dp/4415104223/
Posted by 大道寺零 at 2010年03月05日 12:03
ありがとうございます。
実際に作ってみないと判らない事が多いのですね。
最初にご紹介いただいた本に、犬張り子が載っていましたね。(^^)去年のお話を思い出しました。

実際に本屋で、自分が何を作りたいのか決めないと、買えないのでしょう。イギリスに住む友人が作ってみたいそうなので、本と縮緬を送るのに何が良いのかなと考えました。
Posted by cake at 2010年03月06日 09:58
>>cakeさん

なるほど、そういう用途でしたか。
あれこれと布の他にも細かいものが必要になって、海外だと手に入りにくいものもあるでしょうし、市販のキットをお送りするのもいいかもしれないですね。それに写真や掲載点数の多い本を一冊、というような感じのが無難かもしれないですねー。
Posted by 大道寺零 at 2010年03月06日 11:40
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:[基本的に空欄を推奨します。詳細はこちらをご覧ください。]

ホームページアドレス:

(コメント投稿後、表示に反映されるまで時間がかかる場合がございますのでご了承の上、重複投稿にご注意ください。)
コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/142692452
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。