2006年09月02日

実家に帰らせていただきます流産とその後

いや、別に不穏当な展開があったわけではなく、単にしばらく、心置きなく上げ膳据え膳で療養してこようという予定であります。1ヶ月検診前くらいまでゆっくりし、納骨は帰宅後に行う予定です。
実際のところ、相方のダメージと、私の入院中に通ってくれた通院疲れも相当なものなので非常に気がかりではあるのですが…毎日鬱で泣いてばかりの私がいても、かえって辛い思いと心配をかけるかもしれませんし…
仏壇にいる永二とふたばとはまたしばらくお別れになってしまうのも心残りではあるのですが。

退院し、義父や義母も私を労わり、心配してくれているのはとてもよく分かるのですが、どうしても「出産トラブル経験のない」彼らが私を元気付けよう、前向きになってほしいと思って言ってくれる言葉のあちこちが、心に突き刺さってくることもままあり。結局この場にいない方が、双方気を使ったり、不要のダメージを受けたりすることなくすむのかもしれないと思ったり。義母も快く実家療養に賛同してくれたので、素直に感謝しています。
我ながら、「何を言われても落ち込んだりダメージを受けるばかりの状態なのだろうな」と思います。

結局今の私は、母と話している時が、もっとも率直で乱れずにいられるような気がするので、しばらく帰ることにしました。一人になって娘と息子を思いながら泣く時間も、私にとって大切なものではあるのですが、まあその辺は意識しなくとも寝床に入ればやってくるでしょう。
実家でもネットは使えるので、回復状況を見ながら、mixiやBlogをやっていく予定です。
posted by 大道寺零(管理人) at 12:57 | Comment(5) | TrackBack(0) | 流産とその後
この記事へのコメント
お久しぶりです伯爵です。今は自分自身を癒すのに専念して下さい、悲しみを忘れる事なんて絶対に出来ないんですよ。戸籍に居なくても二人の間に産まれた事実はなくなりませんから、不の感情は良い事ないですから。経験も無い若造が生意気に言って恐縮ですが。しっかり、心身の回復に専念して元気な姿を見せて下さい。お大事に
Posted by カタン伯爵 at 2006年09月02日 14:59
お体お大事に!
どうか今はとにかく十分休んでください。
またご様子見に来ます!
Posted by manabu1207 at 2006年09月02日 15:41
お大事になさってください。
Posted by Felice at 2006年09月02日 21:04
おいしい物一杯食べてゆっくりして下さい。
Posted by ふらここ at 2006年09月03日 11:35
実家でのんびりさせてもらっております。いまだ胸に去来するものはたくさんありますが、置いて行った古い漫画本を読み返したりして過ごしています。台所仕事や買い物も、少しずつ手伝えるようになりましたし、傷の具合も落ち着いてきたように思います。
皆様、メッセージありがとうございました。

>伯爵さま
私がROに復帰できるのは当分先だと思いますが、相方がINしてたらどうぞ遊んでやってください。たまり場に戻れる気分になったら、またどうぞよろしくお願いします。
Posted by 大道寺零 at 2006年09月05日 20:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:[基本的に空欄を推奨します。詳細はこちらをご覧ください。]

ホームページアドレス:

(コメント投稿後、表示に反映されるまで時間がかかる場合がございますのでご了承の上、重複投稿にご注意ください。)
コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。