2006年09月19日

ジェロニモとモヒカンと改名問題アニメ・動画

2001年に「サイボーグ009」がリメイクされた際、キャラクターの設定が大きく変更されたことは、以前の日記にも何回か書いた。その多くは、原作発表時と社会情勢が変わったり、何よりも「表現をめぐる『諸方面への配慮』が強要されるようになった」事情によるものだった。
例えば

*東西ドイツの統一を経て、004の過去(東から西側に逃亡、その際恋人を亡くす)が扱いづらくなったため、「001〜004は早い時期に改造され、その後何十年もコールドスリープされていた」という設定に変更

されたのは最も大きな変更だったし、

*「002がグループ抗争の末に殺人を犯した」「009が混血児であることをいじめられてグレて少年院に入れられ、脱走した」という「前科設定」が変更され、なかったことになる

などの「過去ロンダリング」が行われ、全体的な「健全化」がはかられた。
これは最初に劇場版アニメが製作されたとき、「ヒーローが不良っぽいのはいけない」ということで、ジョーが「少年院出身→人気レーサー」に、髪の色も「栗色(髪を染めるのは不良の証ってことで)→黒」、髪型も「片目を隠すのは不良っぽい→基本的に両目出し」と「健全化」がはかられたことを思い起こさずにはいられない。
個人的には、キャラの深みや行動の説得力が削がれた(例えば、002がかつて孤独で荒んだワルだったからこそ、ヨミ編ラストの「神よ 生まれて初めてあなたに祈ります」の言葉が沁みるのだと思う)気がする。ただ、

*008の「奴隷商人に売られかかる」くだりがなかったことに

なったのは、連載当時でも「いくらなんでも」だったように思うので、当然かなとは思った。一応設定が「198X年」なのに、そこだけアンクルトムの小屋みたいだったし。
また、008については、映画「超銀河伝説」製作時に「差別を助長しかねない」という理由で変更されたキャラデザインが基調になっているのも変更点だが、これはけっこううまくリファインされているんじゃないかな。
(その他平成版キャラ設定については、公式サイトを参照のこと)

んが、私が1番許せんと思ったのは、005の設定変更だ。
原作やアニメで、一貫して「ジェロニモ・ジュニア」という本名だったのが、このアニメでいきなり「G・ジュニア」という名前に変えられてしまったのだ。なんだよ「G」って。サイボーグじいちゃんじゃないんだからよ。
平成版では、原作や従来アニメで「ジョー」「ジェット」と基本的に本名で呼び合う彼らが、随分打ち解ける関係になったり、プライベートな場でも、数少ない例外を除いては、「009」「002」という風に、いつまでもコードナンバーで呼び合っていることに大きな違和感があったが、一説には「005の名前変更が大きく影響したのではないか」とも言われている。
そりゃあ、
「G!頼んだぞ!」
じゃ違和感ありすぎるもんな…

かといって
「行くぞ!ジュニア!」
では、たちどころにじゃりン子チエだしなあ…

さて、問題なのはその理由だ。
「ジェロニモ」という名前に、出生(彼の出自はネイティブアメリカン)を揶揄・侮蔑するニュアンスがある(例えば絶版問題が有名な「ちびくろサンボ」の「サンボ」は、シェルパ族の名前としては一般的に用いられるものだともいわれるが、アメリカの白人が黒人に対して使う蔑称と共通していることも一つの発端となった)というならまだしも、そうではない。
アパッチ族の英雄ジェロニモが有名なため、インディアンネームのイメージが強いが、洗礼名にも用いられるほど著名なキリスト教聖人の名前なのだ。
(ラテン語・ドイツ語=ヒエロニモス/英語=ジェローム/ポルトガル語=ジェロニモ/スペイン語=ヘロニモ)かの天草四郎の洗礼名でもある(フランシスコ説もある)。

で、今更ちょっと気になって検索したら、公式ではこんな見解が発表されたらしいのだ。

「ネイティブアメリカンの『モヒカン族』であろう彼が、アパッチ族一の勇者に与えられる尊称である『ジェロニモ』を名乗るのはおかしいのではないか?という専門家の説を、尊重したため」

そんな一人の意見で、40年近くファンに慣れ親しまれていた「ジェロニモ」という名前を「なかったことに」してしまったのか?
知って憤らずにはいられなかった。

なぜなら、原作や従来アニメの中で、一度も「ジェロニモはモヒカン族の末裔」と明記されたことはなかったからだ。

さて、その「専門家」氏は、なぜジェロニモを「モヒカン族」と推定したのか。
恐らく理由は単純にして明解だ。
「ジェロニモの髪型がモヒカン刈りだから」。それしかないだろう。

まずは、なぜ専門家氏がこの指摘に至ったか、一つ一つを確かめながら検証してみたい。

*モヒカン刈りとモヒカン族について

これについては、サイト「SkinHeads web」の「Skinheadsな歴史」→「モヒカン考」のページに詳しい。

 モヒカン刈り、あるいはそれに類似する髪型をしていたのは、北米大陸北東部や五大湖周辺をテリトリーとした、イロコイ族やモヒカン族、ソーク族などの男たちでした。現在のニューヨークなんかはモロ、300年くらい前はモヒカン頭の巣窟だったわけです。


勇猛果敢で攻撃的なモヒカン頭たちも、17、18世紀にオランダ人やフランス人、イギリス人が入植する過程で、部族間の争い(イロコイ族とモヒカン族は特に仲が悪かったらしい)や白人との戦いで勢力を失い衰亡していきました。白人の侵略が始まってから彼らが滅亡するまで、半世紀ほどしかかからなかった、とも言われています。
 いま、インディアンが暮らすリザベーション(保留地)は、そのほとんどが北米大陸の西側に点在しています。モヒカン頭たちが住んでいた東部にはほとんどありません。現在のインディアンたちは、誰でも知ってる部族名でいえば、スー族やシャイアン族、アパッチやコマンチ、ホピ族などなどの子孫なのです。そして彼らは、スタイルは様々ですがみな長髪族です。


とまあ、ここでは「モヒカンヘアーの部族は東部にいた」ということを抑えておけば十分だろう。
「モヒカン族の最期」は、戦前から何度も映画・ドラマに使われた題材だった。

*アパッチ族のジェロニモ

「アパッチ族」は、北米西部・アリゾナ〜メキシコ周辺をテリトリーにしていた大部族であり、ジェロニモは19世紀終盤に彼らを率いて戦った伝説的英雄の名前。
もっとも、「あくびする人」という意味を持つ「ゴヤスレイ」というのが本来の通り名であり、「ジェロニモ」は白人側が彼を恐れて呼んだあだ名だと言われている。
何故「ジェロニモ」と呼ばれたか?という理由についてははっきりしていないが

(1)ジェロニモが指揮をとって滅ぼした「カスキエ」という町の守護聖人が聖ジェロニモだったから
(メキシコ人に男たちが離れた隙を付かれてキャンプを襲撃され、ゴヤスレイ自身も母・妻・子供を殺害された。アパッチ各グループは団結し、ゴヤスレイを酋長に立ててメキシコ人の町カスキエを襲撃、勝利する。このときの鬼神のごとき強さを恐れ、「ジェロニモ」という名で呼ばれるようになった)
参考ページ

(2)アパッチ軍に攻められたメキシコ人が、守護聖人である聖ジェローム(ジェロニモと同じ)の助けを求めて名前を呼んだから
参考ページ


という二説がある。
ジェロニモの強さについては、参考ページを見ていただくとして、「アパッチ族はアメリカ西部がテリトリー」ということと、ジェロニモは最も著名なインディアンとして、西部劇にもよく登場したということをまとめておく。

*では、ジェロニモの部族は一体?

重要なのはここだ。ジェロニモはモヒカン族・アパッチ族のどちらに近いと推定されるか?
これによって、改名がやむないものだったか、不当なものだったかを推し量ることができるだろう。

1)ジェロニモの出身はどこ?

実を言うと、各バージョンにおいて、「インディアンの血筋」であることは明記されているが「出生地」はあまり具体的ではない。
ただし、多くのエピソードを見ると「改造前やオフの居住地は『アメリカ西部(のインディアン居留地)』」であることは間違いない。
原作「誕生編」でも、当時「アメリカ西部」に住んで職を求めていることが描かれているし、その後のシリーズでも、西部でカウボーイや自然保護などの仕事をしている。

具体的にセリフになっている代表例が「超銀河伝説」である。
宇宙船イシュメールで外宇宙に旅立ち、「二度と帰れない闘い」に赴く際、地球を眺めながらメンバーがそれぞれに故郷への思いを呟くシーンで、005は
「アリゾナ、もう遠い。」
と言っている。
このセリフをもって、出身地をアリゾナと特定してもよいのでは、とも思える。

というわけで、「改造前から西部に住んでいる」ということはほぼ確定してもよいのではないだろうか。
厄介なのは、居留地(リザベーション)などの関わりで、「出生地=居住地」とは必ずしも限らないということだ。
Wikipediaの「インディアン居留地」の項目に、居留地所在地図がある(クリックで拡大します)のだが、これを見ると、居留地は圧倒的に西部に多い。居留地の暮らしやすさがどうなのかは寡聞にして知らないが、「東部の出身だけど、仕事がありそうな西部に来た」というようなこともありそうだ。

しかし、ここでジェロニモのパーソナリティを考えてみたい。
「インディアンの血に誇りを持ち、先祖を尊重し、自然を愛する」
という骨格はどのシリーズでも変わっていない。
上記の地図をよく見ると、東部の居留地は数も少ないし広いとも言えないが、モヒカン族ゆかりの地域(東部・五大湖やハドソン川上流地域)にも居留地は存在しているのである。
ジェロニモならば、多少暮らしづらさがあったとしても、先祖ゆかりの土地を離れるということはどうも考えづらくないだろうか。

私見にすぎないが、やはり私は、ジェロニモは西部の生まれ→地域的にアパッチかナバホあたりの部族の血を引くのではないか?と考えたい。
アパッチの末裔ならば、ジェロニモの名を付けられていても、何ら違和感はないはずだ。

2)では、ジェロニモはなぜモヒカンヘアーなのか?

この理由は全く不明だが、単純に「読者である小さい子供にも分かりやすくするため、記号的要素を強調するため」ではないかと思う。顔の刺青も同様の理由だろう。(調べていないが、刺青の形とか場所とかも、部族による違いがありそうだ)
インディアンの記号的装飾といえば「羽飾り」もあるが、描くの大変だろうし、戦闘にはジャマそうだし、シリアスさも削がれるし、「ナンボなんでも」の感もあるし。
実際の写真にあるジェロニモの姿は、スタンダードな長髪なのだが、「褐色の肌に長髪」だけでは伝わりにくいと判断し、キャラデザインを練ったのではないかと考えられるのだが…どうだろうか。
特に「サイボーグ009」という作品中では、各国・各部族の特徴をかなりデフォルメして分かりやすくデザインしているので、そのあたりの理由ではないか(そーでもなければジェットの鼻は一体…)なー。
「マンガ家入門」に、メンバー全員のネーミングとかデザインのアイデアを書きなぐった貴重なアイデア画が掲載されているんだけど、アレを見てるとそう思うですよ、ハイ。

3)なんで「西部」?

これも単純に、当時「インディアンといえば西部劇」というイメージがほぼ固定していたのが大きいのではないかと推測してみる。
私の父も石ノ森氏と同世代の映画好きなのだが、あの年代の男性ってものすごく西部劇好きな人が多い。映画好きな石ノ森氏の趣味的なものもあったのではないだろうか(フランソワーズやジェットの名前も映画が元ネタだし…)。

また、ジェットの出身がニューヨーク(アメリカ東部)なので、あえてカブらないように西部にしたということも考えられる。


………
じゃあ結局、この改名は是か非か?ということになるのだけど…

あえて私は「Guilty!」と言いたい。
専門家氏がどこのどなたでどういうセンセイで、009をどのくらい読んだかは知らないが、ある程度読めば、ジェロニモとアメリカ西部の関わりが深そうなことは推測できる筈。
「ろくすっぽ読まず(見ず)に、見た目だけで判断したのでは?」
という疑惑が、どうも拭い去れないのだ。
もし本当にそうだったら大ギルティだ!「ジェロニモ」の名は連載当初から親しまれていたのだから。

そして何よりも(この件に関して)ギルティなのは、平成アニメ製作スタッフ!
このダメ出しがあちらから来たのか、こちらから「どんなもんでしょう」と伺ったのかは知らないが、コトの重大さをもっとちゃんと認識すべき!(そんなことだから、せっかくヨミ編をちゃんとやるリメイクなのに、肝心の「仲間の絆」が描けてなかったり、009のキャラが弱かったりするんじゃないのか)
そして石森プロ側も、「ハイそーですか」と納得するな!ダメ出ししろよ!
石ノ森氏がご存命だったらそんな要求を飲んだかどうか考えたのかよ!

……と言いたいわけですハイ。

私も009ファンやって長いけど、005についてこんなに熱く深く考えたのは初めてだよ…
何しろ、アニメ・マンガ界にあまたいる「力持ちキャラ」の中でも「キングオブ地味」「キングオブ無口」の二冠王だもんで、設定についてもあまり語られないんだよね…

そんなにも無口なのに、なぜか005の声優はいつも豪華。「たまに出る一言」が重くて深くてナイスだからだよね。

(映画版・旧TV:増岡弘
 新TV(カラー)・超銀河伝説):田中崇(=現・銀河万丈)
 平成TV:大塚明夫)

特に平成版のセリフ単価がとてつもなく高そうなんですけど

*番外:ところで「G」でいいの?「J」じゃないの?

「ジェロニモ」を略した場合、「G」でいいんか?という根本的な疑問が途中で生じたわけで…

聖人の名前である「ヒエロニムス」「ジェロニモ」関連のスペリングを確かめると

「ヒエロニムス」→Hieronymus
「ジェローム」→Jerome
「ジェロニモ(ヘロニモ)」→Jeronimo

なので、「J」じゃないんかい!!
と思ったわけなのだ。

ただ、「アパッチ族のジェロニモ」については「Geronimo」がメジャーな表記のようなので、改名の是非は置いといて、「ジェロニモ」を生かして略するならば「G」でいいようだ。
(ただ、イメージ検索をしてみると、「Geronimo」が圧倒的に多いけれど、「Jeronimo」でもいくつかジェロニモの姿がヒットしたので、混在しているのかもしれない。日本のステーキ店「ジェロニモ(インディアンのマークがロゴに入っている)」のつづりも「J」だしなあ。)

(追伸:009ファンの方、「このエピソード・この版にはこういう設定があったぞ」というご指摘等お待ち申し上げております)
posted by 大道寺零(管理人) at 15:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ・動画
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:[基本的に空欄を推奨します。詳細はこちらをご覧ください。]

ホームページアドレス:

(コメント投稿後、表示に反映されるまで時間がかかる場合がございますのでご了承の上、重複投稿にご注意ください。)
コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/24002531

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。