2006年09月20日

小学生時代の伊藤みどりアニメ・動画

伊藤みどりは、1980年に小学四年生にして世界ジュニアを制し、1981年のNHK杯において、エキシビジョンに出場、観客の度肝を抜いた。これが事実上のデビューじゃなかったのかな?

その時の動画(録ってた人いるんだなあ…関係ないけど、当時ビデオは高額商品だったんですよ…)

リアルタイムで見ていた私は、自分と同じ年頃の小学生が、正直入賞者がかすむほどの小気味いい、そして信じられない高さのジャンプを涼しい顔でこなす様子にただただ驚愕していたのだった。
真央ちゃんショックの比じゃなかったなあ…
当時のものゆえ、映像は荒いけれど、凄さは存分に伝わるんじゃないかと。
posted by 大道寺零(管理人) at 13:39 | Comment(4) | TrackBack(0) | アニメ・動画
この記事へのコメント
懐かしい〜!
やっぱりみどりがフィギュア界で成し遂げたことはすごかったと思います。
Posted by Felice at 2006年09月20日 18:17
>feliceさん

多少表現力(特に上半身)に難はありましたが、まさに女子フィギュア界の怪物でしたね。彼女がいなかったら今のフィギュア認知度もなかっただろうし、女子フィギュアのテクニックが底上げされてくるスピードも遅かっただろうと思います。

Youtubeでは、カタリナビットの動画なんかも見られます。
テクニック的にずっと底上げになっているとは思うのですが、この時代女子フィギュアを見ていて受けたインパクトを、今のフィギュアに感じることができないのは単なるノスタルジーなのでしょうか…

伊藤みどりの黄金期を見ちゃった経験があると、「技術的に劣化してるんじゃないか?」という気までしてしまうんです。実際にはそうでもないのでしょうけど、彼女のように「高く」回る女子の姿をあれから見たことがない…
また、芸術性の高い演技を見ても、ついどこかでビットと比べてしまっていたりします。思えば罪なお二人ですな。
Posted by 大道寺零 at 2006年09月21日 13:20
技術なら断然伊藤みどりさん
芸術なら断然ビットさん

変わらないですね 今でも

今のブームに乗れませんw
Posted by 賀正 at 2008年02月13日 14:32
>>賀正さん

コメントありがとうございます。
年末にNHK−BSでスポーツドキュメントの再訪してまして、その中に伊藤みどりさんの回もあったのですが、今見ても息を飲むジャンプの高さとダイナミックさで感動しました。
ライバルとしてビットのカルメンの映像もハイライトで流れましたが、これまた何度見てもため息ものです。
あの時の「力VS美」のコントラストがあまりに強烈で、やはり私もいまだに最近の流れに乗ることがなかなかできずにいます(浅田真央のジャンプは、伊藤みどりの高さに回転の速さが加わっているのは感じました)。

ちなみに男子では、「プルシェンコVSヤグディン」のあたりが私にとってピークです。特にプルシェンコのエキシビジョンの変態っぷり(いい意味で)はグレートすぎます。
Posted by 大道寺零 at 2008年02月15日 20:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:[基本的に空欄を推奨します。詳細はこちらをご覧ください。]

ホームページアドレス:

(コメント投稿後、表示に反映されるまで時間がかかる場合がございますのでご了承の上、重複投稿にご注意ください。)
コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。