2006年11月01日

まさにモロトフカクテル日記

ウオツカ代わりに燃料、さび止め? ロシアで中毒続々 (goo ニュース)

 厳冬期を迎えつつあるロシアで、飲用に適さないアルコールによる中毒事故が相次ぎ、マスコミが連日大きく伝えている。粗悪な密造酒のほか、ウオツカの代用品として工業用アルコール、液体燃料、さび止め、不凍液などを飲んだ例も報告されているという。

 ロシア保健省によると、8月から10月にかけて粗悪酒などによる中毒事件が2901件発生し、118人が死亡した。中毒はロシア全域に広がっており、いくつかの州や都市では非常事態が宣言されている。

 各地を移動する自動車で売りさばかれる素性のはっきりしない酒類が集団中毒を引き起こしている。背景には、ウオツカにはる納税証明ラベルの不足で、ウオツカそのものが品薄になっていることも指摘されている。

 ただコメルサント紙によると、ロシアでは00年以降、毎年3万5000〜4万5000人が代用アルコールで中毒死しているといい、今年が特別というわけでもなさそうだ。キャンペーン的な報道の背後に、アルコールの国家独占を狙う思惑があるとの見方も出ている。"


先日「のんべはまったくしょーがねーなー」と微笑む記事を書いたばかりだが、やはり大陸ののんべさんたちはスケールが違う。違いすぎる。工業用アルコールと言うのは、戦後の日本でも聞いた話だが、不凍液だサビ止めだときたらもう、「飲用に適さない」にも程があるというものだ。


「アルコール販売の国家独占」は確かに由々しき問題だと思うが、この話だけ聞くと確かに「ひとまず独占させたほうがよくね?」と思わずにはいられない。当局の思う壺なのか。

この記事、下のほうに
「ウオツカとは」「不凍液とは」の説明が並んでいるのが異様なのだが、不凍液の説明を読むと笑えない。

主成分はエチレングリコールなどであり、濃度によって耐低温性能を調節できる。エンジン用の不凍液は、錆を防ぐ防食剤や冷却効率を高める消泡剤など、他の機能を発揮する成分が含まれていることから、2年程度を目途として定期的に交換した方が良い。なおエチレングリコールは毒性があることから、交換した廃液を河川や下水に流すことは禁物である。


「耐低温性能を調節」する目的はある意味ウオツカと共通しているが、川や下水に流しちゃいかんものを人体に流し込んじゃアナタ…


posted by 大道寺零(管理人) at 17:52 | Comment(5) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
北斗の拳でメチルアルコールを飲んで死ぬ男を思い出しました。ロシアってすでにそんな世界?
Posted by manabu1207 at 2006年11月02日 04:11
>液体燃料、さび止め、不凍液
すでにアルコールじゃないじゃんっと思いましたが...
そうか、アルコールの「ア」でも入ってりゃOKか...。

西原女史の鳥頭かなんかでロシアの旅行記がありましたが、
半端じゃない寒さに、マジで「呑まんとやってられん」状態ではあるらしいですが。
いやいや、恐るべき大陸的おおらかさ=i謎。
Posted by あんもないと at 2006年11月02日 11:06
>manabuさん

何しろ今まで何万人も同じような中毒で死んでいるのに学習してないですからねえ…
有名なエスニックジョークで、

ある船で火災が発生した。船長は、乗客をスムーズに海へ飛び込ませるために、
* イギリス人には「紳士とはこういうときに飛び込むものです」
* アメリカ人には「海に飛び込んだらヒーローですよ」
* ロシア人には「ウォッカのビンが流されてしまいました、今追えば間に合います」
* フランス人には「海に飛び込まないで下さい」
* ドイツ人には「海に飛び込むことが規則で定められています」
* イタリア人には「さきほど美女が海に飛び込みましたよ」
* 中国人には「おいしそうな魚が泳いでますよ」
* 日本人には「みんなもう飛び込みましたよ」
* 北朝鮮人には「今が亡命のチャンスですよ」

ってのがありますが、コレ本当だったんですねえ。

>あんもないと嬢

>そうか、アルコールの「ア」でも入ってりゃOKか...。

普通、いくらなんでも不凍液とかサビ止めには手を出さないものだと思うのですが、はるか斜め上を行ってらっしゃいます…
ちなみにロシアでは、「ウォツカ」は、日本で言う「ウォツカ」に限らず、広く「蒸留酒」一般をさすのだとか…確かにスピリッツ類は暖まりますが…
Posted by 大道寺零 at 2006年11月02日 17:42
旦那の祖父が、メチルであの世へ逝ってます。
まさか21世紀にこんなニュースを聞くとは思わなかったので驚きです。

祖父はお祝いの席(プロ野球からスカウトが来て入団がきまっていた)で飲んでしまったらしいです。
物が無い時代で仕方なかったんだろうと思う反面、せっかく戦争から無事に戻ってこれたのに残念な亡くなり方だなぁと。
Posted by 流れ者 at 2006年11月02日 22:52
>流れ者さん

す、すごすぎる話で唖然としてしまいました…

>祖父はお祝いの席(プロ野球からスカウトが来て入団がきまっていた)で飲んでしまったらしいです。

「メチルで…」という事自体もさることながら、「お祝い」の内容にも驚きました。
球界の宝になっていたかもしれないのに、残念ですね…
Posted by 大道寺零 at 2006年11月03日 00:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:[基本的に空欄を推奨します。詳細はこちらをご覧ください。]

ホームページアドレス:

(コメント投稿後、表示に反映されるまで時間がかかる場合がございますのでご了承の上、重複投稿にご注意ください。)
コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック