2006年11月15日

結婚式を回顧する日記

9年目にもなると何もかもが懐かしいという感想ばかりとなるが、未だに式の写真は正視できない自分がいるなあ。しみじみ。
先日相方が結婚式に招かれたのをきっかけに、「結婚式で使った音楽」について回顧して語ったのだった。

私達の式の音楽は、いかにもな定番曲はちょっとと思い、密かに70〜80年代洋楽や映画音楽にこだわってみた(特に誰からも褒められもしなかったが自分達が満足できればいいのだ多分。)。

新郎新婦入場の時に使ったのが、ELOの「Twilight」。
「これ、今だったら恥ずかしくて使えなかっただろうなあ」と相方。
昨年ドラマ「電車男」のオープニングで使われたばっかりに、今となっては「電車男の曲」としか認識されなくなりつつあるこの名曲。今使ったら確実に笑いしか起きないだろう。

参考動画:TV版「電車男」のオープニング

知ってる人は知ってるけれどこれには元ネタがある。
1983年第22回日本SF大会・「DAICON IV(大阪開催第四回大会の意)」のOPアニメがそれで、GAINAXの前進となるDAICONFILM(当時まだ芸大生だった庵野秀明・山賀博之・赤井孝美らが、岡田斗司夫の音頭で結成)が作成。正確には初製作はそれより2年遡る「DAICON III」オープニングで、これは2作目となるが、そのクオリティが当時アニメ界を揺るがし、庵野秀明が招かれて上京するきっかけともなった作品だ。
今でこそデジタル化されたものが様々なところで流れて見れるようになったが、当時ソフトとしては、岡田斗司夫の経営するショップ「ゼネラルプロダクツ」で販売されたのみで、DAICONに参加した人間のほかは、それを購入したかダビング物を持っている人間だけが実際に見ることができる、「幻の名作」に近い存在だった。

参考映像:DAICON IV

色々と小ネタ満載で、70〜80年代のアニメやSF作品の知識がないと分からない部分もあるが、「20年以上前に素人の学生が作ったとは思えないクオリティ」をご堪能ください。

漫研の先輩がビデオを持っていて、見せてくれた時に同時に曲とELOについても教えてくれて、CD購入→お気に入りにという流れだった。

他の曲は、
・キャンドルサービス 「Tears are not enough」(NorthenLights)

・バージンロード花嫁引渡し 「NeverAlone」(映画「Fame」サントラ)

・閉会 「StarFleet」(Brian May&Frends)
 この「StarFleet」、イギリスに輸出された「Xボンバー」のあちらでのタイトルだと後で知るブライアン・メイとエディ・ヴァン・ヘイレンという脅威のダブルギターときたもんだ。カッコいいですぞ。
 当時好きでよく見ていたが、今見ても「Xボンバー」の出来ってなかなかいいと思う。
 この作品のテーマ曲、日本ではBOWWOWだわ、イギリスではブライアンだわで、よくよく「ちょっと地味だけどグレートギタリスト」によくよく縁があるらしい。

エディ・ヴァン・ヘイレンといえば、友人K嬢のダンナさんがかましたという

ヴァン・ヘイレンのギターって誰だっけ?

発言が一生メモリーから消えない。
すごいなあ。例えて言えば
「さいとうプロを仕切ってる漫画家って誰だっけ?」
「安田大サーカスの団長の名字ってなんだっけ?」
って質問のようなものか。


posted by 大道寺零(管理人) at 02:25 | Comment(3) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
式で使った「Beauty and the Beast」、そして友人たちが歌ってくれた「A Whole New World」を聴くといまだに汗が出ますよ。婚姻契約を打ち切ったことは全く後悔してないですが、祝ってくれた人々の気持ちを踏みにじってしまったようで、それだけが心残りです。
エディのあの笑顔はどうしても、同じくギター弾きのよっちゃん(いかじゃないほうです)とかぶるんですけど…。
Posted by いしのいぬ at 2006年11月15日 12:37
>いぬ師匠

近い身内にも離婚経験者がいるのですが、結婚式ビデオで印象的に使われたドリカムの某曲を聴くたびに、「今は元気になったかな、幸せでいてくれるといいなあ」と思ってしまいます。
ですから「踏みにじってしまったようで」なんて思わなくていいと思いますよー。師匠が自分らしく日々を楽しんでいてくれればそれで十分報いる事が出来てると思います。

>よっちゃん(いかじゃないほう)

本来の方向(ギター小僧)に走り出してからは実にイキイキとしてて、たのきん(こんな単語書くのいつ以来なんだろう)の中で一番輝いてると思います。
特にローリーとからむ時なんかもう最高です!
Posted by 大道寺零 at 2006年11月16日 01:54
1つ訂正記事など。

ELOの「Twilight」は、
披露宴お開きの時に使用したというのが真相です。
この曲でオープニングってのは、
当時にあっても相当勇気がいると思われ。
披露宴入場は、
弟の「むかぁさりやぁ〜〜」で始まる「長持唄」です。
Posted by 相方 at 2006年11月18日 08:29
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:[基本的に空欄を推奨します。詳細はこちらをご覧ください。]

ホームページアドレス:

(コメント投稿後、表示に反映されるまで時間がかかる場合がございますのでご了承の上、重複投稿にご注意ください。)
コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック