2006年12月26日

JB逝去日記

ソウル界の大御所J・ブラウン氏死去(スポニチ Sponichi Annex 速報)

 「セックス・マシーン」などのヒット曲で知られる米ソウルミュージック界の大御所歌手、ジェームス・ブラウン氏が25日、ジョージア州アトランタの病院で死去した。AP通信によると73歳だったが、年齢は諸説ある。肺炎のため24日から入院していた。APが関係者の話として伝えた。


説明不要のスーパースターな訳だが、「ブルース・ブラザーズ」好きの私にとってはやっぱりクレオファス神父だ。
よりによってクリスマスに亡くなっちゃうとは…出来すぎですよファーザー。

mixiのBBコミュで訃報を知ったのだが、追悼トピックにあった書き込みのうち、これが泣けた。

・・・キリストの野郎、ハッピー・バースデイを歌わせるために
JBを連れて行きやがったか・・・


posted by 大道寺零(管理人) at 00:01 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
今年最後の訃報はでかいなぁ・・・、と哀しみに暮れております。
思えば中学時代、級友はミスチルだのなんだのとJ-POP一色で、ぽつぽつとビートルズの洗礼を受けバンドに走る者だとかがいる中で、神の啓示を受けたかのごとくJBを聞きまくっておりました。
当時、学校の放送委員であったおいらは給食時の校内放送をこっそりJBのベスト盤と入れ替え、昼休みの学校中を軽い混乱とソウルの渦に包み込むも、後で先生にこっぴどく叱られたり
・・・こうして思い出すだけでなんか泣けてきます。

肺炎で倒れた時もツアーの真っ最中だったようですが
雲の上では全盛時のステップを取り戻してステージこなしてるといいな、なんて思うと
やっぱり泣けてきます。
Posted by 鳥酋長 at 2006年12月27日 01:07
>>酋長さん

先日、「黄金の洋楽ライブ」がJB特集で。
なんかあの人はもう死なないんじゃないかって気になってた矢先だったので驚きました。

>神の啓示を受けたかのごとくJBを聞きまくっておりました。

最初その話聞いて驚きましたよ。酋長さんみたいな若い層で、JBにハマれる人がいるんだって。
きっと君は光を見ちゃったんですな。

>雲の上では全盛時のステップを取り戻してステージこなしてるといいな、なんて思うと
やっぱり泣けてきます。

おっちゃんかおばちゃんかわかんないような顔で、微妙に出たお腹で、そんでもステップは軽やかでかつエロい。ほんとになんだったんでしょうねあの圧倒的な魅力は。
きっとJBを呼んだのはイエス・タップダンシン・キリストですから、天国でも地獄でもヨロシクやってるに違いありませんよ。
Posted by 大道寺零 at 2006年12月27日 09:46
1/28の山下達郎のサンデーソングブック
JB追悼特集やってたのうっかり忘れてチェックし損ない・・・orz
愚痴る相手も場所も無いのでここで垂れ流し

2週連続らしいから来週はちゃんとチェックしよう
Posted by 鳥酋長 at 2007年01月30日 00:56
>>酋長さん

私も例によって買い物帰りの車中でラジオつけたらまさにゲロッパでしたわ…
Posted by 大道寺零 at 2007年01月31日 02:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:[基本的に空欄を推奨します。詳細はこちらをご覧ください。]

ホームページアドレス:

(コメント投稿後、表示に反映されるまで時間がかかる場合がございますのでご了承の上、重複投稿にご注意ください。)
コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック