2006年12月29日

とろみ追加料理

昨日ビーフシチューを作ったのだが、ルーに対して汁が多く、ちょっと緩い仕上がりになってしまった。カレーなんかでもままある事態だ。
いつもだと、小麦粉をバターで炒めて簡易ルーを作り、味を少し足して煮込んでリカバリするのだが、以前TV番組で見た「上新粉で作るシチュー」のことを思い出した。
(そのシチューはバターや小麦粉を使わず、上新粉だけであっさりと仕上げるクリームシチューだった。)

というわけで、上新粉を使った簡単なリカバリ方法を以下にご紹介。



・上新粉大さじ1を、容器かお玉に取る。
・緩いシチューお玉一杯を粉に混ぜて、スプーンなどでひたすらよく混ぜる。最初はダマが出るが、混ぜていくうちに段々なくなってくる。ダマが消えないようならシチューをもう少し増やして混ぜるといい感じ。
・ある程度ダマのなくなったペースト状の上新粉をシチュー鍋に入れてかき混ぜながら少し煮込む。味が足りないようなら、塩・胡椒・ブイヨンなどで整える。
・粘度が足りなければ、上新粉を追加してもう一度ペーストを練り加える。
(最初から明らかにジャバジャバユルユルな場合は、上新粉大さじ2杯くらいからスタートしてもいいと思う)


これだけでOK。
ちょうど、「ジャガイモが煮溶けてできたとろみ」に良く似たとろみが追加され、いい感じになる。
バターで炒める手間もなく簡単だし、バター分のカロリーと脂っこさが足されて味が重くなることもない。
小麦粉よりも粒子が細かくてサラサラしており、しかも小麦粉のような若干の青臭さもないので可能になる技だ。

出来上がりが緩くて困った時、もしお手元に上新粉があればお試しあれ。(コーンスターチでも同様に出来るかも?)
posted by 大道寺零(管理人) at 18:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 料理
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:[基本的に空欄を推奨します。詳細はこちらをご覧ください。]

ホームページアドレス:

(コメント投稿後、表示に反映されるまで時間がかかる場合がございますのでご了承の上、重複投稿にご注意ください。)
コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック