2007年03月03日

俺には主婦向け雑誌なんかいらない日記

主婦向け雑誌と一口に言っても色々あるのだが、
「すてきな奥さん」「サンキュ」のような、いわゆる「節約特化」的なエコノミー雑誌に絞って話をしてみる。

新聞の見出し広告などでも分かるとおり、この手の雑誌のコンテンツといえば、

1に節約
2に収納
あとは料理にダイエット…


というのが大定番である。

今日ラーメン屋で注文待ちの間、「サンキュ」の「お片づけ特集」を読んでいたのだが……
やはりどうあっても、本来ならターゲットど真ん中の立場ではあるものの、この世界とはやはり相容れないということを再確認したのだった。


片付け、「物を散らかさない」コツとして、「なくてもよさそうなものは買わない」「使う頻度が低いものは捨てる」というのがあった。
至極ごもっともである。
が。
台所片付けの一例として(囲み内はうろ覚えだが大体こんな感じ)、

●かさばる中華鍋を思い切って捨てる!

使いこなせればいいのだけど家庭用のコンロではなかなか難しいし、
場所を取る上に重いのが中華鍋。
思い切って捨てたら収納に余裕が。
「パラパラチャーハンは外で食べる」と割り切っれば問題ナシ。


っておま、うちの中華鍋は学生時代からずっと二人で手塩にかけて育てた鍋。
もし勝手に相方の留守中に捨てようものなら、いともたやすく離婚問題に発展しかねないんだけど……
まあうちは「炒め物が趣味」「チャーハン精進は一生のテーマ」なので多少特殊かもしれないが。
そーですか。「パラパラチャーハンはアウトソーシング」ですか。
そりゃそれぞれの家で主義主張は色々だけど、寂しい話だと感じる。
そもそも中華鍋は、炒める焼く煮る揚げる蒸すスモークする…と、「1個で何役もこなす」鍋であり、他の鍋を減らした方がよっぽど省スペースかと思うのだが(コンロをIHにしたとかなら話は別だけども)。
重い重いというけれど、チビ&握力ナシ&腕力普通な私でも、毎日ガンガン振ってますが何か。
少なくとも使いこなせないのを鍋のせいにするなと言いたい。
要はコツなのであって、手入れと正しい扱いさえ身につければとても使いやすい鍋なんだがな〜。数年で能力が低下&買い替えとなるテフロン鍋(コートが劣化したテフロン鍋ほどこびりつきやすいものはない)に比べても経済的だし。

他にも、「いかにして捨てる踏ん切りをつけるか」という体験談に、

ケンカしたときなどに怒りにまかせて捨てるとスッキリ☆

という恐ろしい意見が、肯定的に掲載されていた。

お前か!鉄道模型を捨てるのはお前のような女か!!

なんかこう、こういうバカ編集のなされた雑誌があるから、「これだから女は」とか言われるんだよな……

「オレンジページ」「クロワッサン」などは、こんなにアホでもないのだけど。


posted by 大道寺零(管理人) at 14:57 | Comment(5) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
おまえかああああああ!


あとトイレ掃除で開運ってのが流行った直後に
ノロウィルスがクローズアップ。
素手で掃除すると運よりウィルスをもらう
確率が高いじゃないかと即座につっこまれていた。
なんつーかイラネ
Posted by naporin at 2007年03月03日 16:38
私も持ってます。中華鍋。
野菜炒めと焼きうどんが主な出番です。洗剤で鉄鍋を洗う人を料理教室で見て「せっかくの油膜が・・・!」と驚いたことが。
 節約系主婦雑誌で「レタスの水切りを洗濯ネットに入れて洗濯機で脱水する」記事を読んだことがありました。きっと菌とかは遠心力で付着しないことになっているんだと思います。
Posted by ふらここ at 2007年03月03日 16:44
中華鍋。あれは最高ですよ。
ただ今のアパートでは電気コンロ(NotIH)のため使えないので実家で眠ってますorz

>ふらここさん
げ…洗剤で洗っちゃだめなのですね(汗
私使い終わったらいつも洗剤で洗ってました。
Posted by 橘みづき@ただいま実家 at 2007年03月03日 21:10
残念ながら中華なべ育成は出来ていませんが、中華包丁絶好調でございます。

それはさておき雑誌で「ケンカしたときなどに怒りにまかせて捨てるとスッキリ☆」なんてどういうことだよ。
その対象物が配偶者や子供の持ち物であるなら、男性誌で「怒りに任せて女房をぶんなぐるとスッキリ」とたいして変わらないDVのススメなんだけども、そういう自覚がないんだろうなorz
Posted by ぽち at 2007年03月03日 22:29
>>naporinさん

>トイレ掃除で開運ってのが流行った直後に
ノロウィルスがクローズアップ。

確かにそんな開運法聞いたようなw
お掃除をまめにするのは良いことなのですが、確かにノロ対策としては一番やっちゃいけないことですよね…

>>ふらここさん

>「レタスの水切りを洗濯ネットに入れて洗濯機で脱水する」記事

えぇぇぇぇぇぇぇ;
タコのぬめりを取るために、水産業者が洗濯機を使うという話は聞いたことがありますが、家庭でって……
洗濯機洗浄剤のCMで「洗濯機の内側はこんなに…」みたいなやつを見たことないんでしょうか…うはぁ。
というかそこまでせんでも、ザルを二個あわせて振るとか、ネットに紐でもつけてぶんまわせばずいぶん水は切れると思うのですが……

>>橘みづきさん

IHでなくとも、電気コンロなどの熱量が弱いものには中華鍋は相性が悪いですね…
錆びさせないようにしておけば、またいつか出番が来ると思います(錆びても一から油膜つくりをやり直せば無問題ですし)。

>油膜

けっこうこってりした料理でも、お湯で洗えば綺麗になりますよ〜。
コゲなどが気になる場合は、クレンザーなどを使って洗って、よく水気を飛ばしたあと油を薄く塗っておけばOKです。重曹もいいですよ。

>>ぽちさん

>中華包丁

実は憧れのアイテムなのですが、収納場所が考え付かない&けっこう高価なのでいまだ導入しておりません。今度思い切って買おうかな…

>その対象物が配偶者や子供の持ち物であるなら、男性誌で「怒りに任せて女房をぶんなぐるとスッキリ」とたいして変わらないDVのススメなんだけども

全く同感です。
ついでに言えば同じページで、子供の物を捨てる場合には、
「しばらく隠しておいて、存在を忘れたころにこっそり捨てる」
という方法が提唱されてました。
確かに子供のいうとおりに何でも取っておいたら家の中が片付かないでしょうけど、こういう恨みって大人になっても残るんですよね…
Posted by 大道寺零 at 2007年03月04日 08:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:[基本的に空欄を推奨します。詳細はこちらをご覧ください。]

ホームページアドレス:

(コメント投稿後、表示に反映されるまで時間がかかる場合がございますのでご了承の上、重複投稿にご注意ください。)
コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック