2007年03月17日

シグルイアニメ化(真偽未確認)漫画

sigurui新装版「覚悟のススメ」(3/20)に折り込まれるリーフレットの中に、「7月アニメ放映開始」という文言が入っているらしい。
(情報源:最後通牒掲示板 ほか)

実現するとして、不安の方が大きいような…
モツや血や断面は勿論として、ぬふぅとかちゅぱとかうどん玉とか…あと虎眼先生の指とか大丈夫か?
変にぼかしたりするくらいならアニメにしてほしくないなー。

真偽の気になる方は、店頭で確かめてみてください…
RED5月号あたりで何か情報が出るかな?



虎眼先生の指…と書いて、不幸ないきさつで打ち切りを余儀なくされた太田垣康男の「一生!」を思い出した。

テニスプレーヤーの大樹の子として生まれた一生は、先天性の重い心臓疾患を抱えていた。
連載前半は、大樹がテニスプレーヤーとしてライバルと戦い、一生に生き様を示す試合に費やされ、それが終わってから高校生に成長した一生の話となる。
一生の心臓疾患は、テニスをプレイする上で大きな爆弾だった。色々あって、新章突入したらいきなりグレている一生。彼がどのようにテニスに再び向き合ってプレイヤーとして成長していくのか…と期待させたところで突然打ち切り。

その原因は、心臓病患者の団体が編集部に直接クレームをつけたことだと言われている。
「心臓病を抱えた人間はスポーツが出来ない」「スポーツ→死というイメージを植えつけないで」という内容だったか、あるいは「心臓病の患者に激しいスポーツをさせるなんて実際に悪影響があったらどうする」という反応だったかは、正確な事情が明かされていないので忘れてしまったが、まあそんな事情(編集部も腰が引けすぎ)だったらしい。

もし今回、多肢症を持つ方々の団体から「シグルイ」にクレームが付くとしたら…
「指が6本あれば誰でも神妙に指を制御できるというイメージを植えつけるのはけしからん」
「うちの息子は剣道をしているのだが、『お前流れ星できるんだろ、やってみろ』といじめられかねない」
「実際流れ星を試してみたらそれゆえに危ない結果に」
「僕の愛人が、近所の子供から『むーざんむーざん』と囃されてノイローゼになりました」

こんな感じか。もっとも付くなら連載時に付いているだろうけど。

実際の話、「4本指」には滅茶苦茶うるさい(もっともこれは別の理由だが)からな〜。誰あろう同じ作者の「覚悟のススメ」でもやられているし。
posted by 大道寺零(管理人) at 00:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:[基本的に空欄を推奨します。詳細はこちらをご覧ください。]

ホームページアドレス:

(コメント投稿後、表示に反映されるまで時間がかかる場合がございますのでご了承の上、重複投稿にご注意ください。)
コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック