2007年03月29日

まぼろしの初代アニメ・動画

「どろろ」を調べついでに知ったのだが。

アニメ版「どろろ」って………
あの「名作劇場」の系譜・「カルピスまんが劇場」の初代作品だったんだね………

流れで言うと
1969年4〜9月 どろろ(14話より「どろろと百鬼丸」)
1969年10〜1970年12月 ムーミン
1971年1〜12月 アンデルセン物語
1973年1〜12月 山ねずみロッキーチャック
1974年1〜12月 アルプスの少女ハイジ
以降、「フランダースの犬」「母をたずねて三千里」と、いわずと知れた「名作劇場」に突撃

となる。

どうみても1作だけ浮いてます本当にありがとうございました。何しろ妖怪ものだしなあ。

後続作品との乖離がたまらん。

<YouTubeで見つけた参考映像>

「どろろ」OP(1〜13話)

原作の時代背景を表現したバージョンでけっこうハードな感じ。じわじわとカッコいい。
最後に出てくるタイトルバックのムシロが色々想像を掻き立てる。
歌は伝説的な「ホゲタラポン」。

「どろろと百鬼丸」OP(14話〜)

冒頭に「カルピスまんが劇場」のロゴが出てくる。歌はやっぱりホゲタラだ。
前OPよりどろろの可愛らしさを強調したバージョン。同時に怪奇性も強調されてるけども。

●カラーパイロット版 その1その2

1967年製のパイロットらしい。
全体的に劇画調が強まってゴツくなった放送版に比べて、手塚絵そのままの百鬼丸が可愛い。
posted by 大道寺零(管理人) at 14:46 | Comment(2) | TrackBack(0) | アニメ・動画
この記事へのコメント
これまたびっくりです!!前回の「冒険王連載」の件
については、後から単行本を買って読んでいたために、私の記憶がサンデー一色に塗りかえられたようで
すが、これはさらに驚き。
 「ムーミン」の途中くらいからこの時間は視聴して
いて、「どろろ」はリアルタイムで観てませんでした。番組の流れはどう見ても「ぶった切り」です。本当にありがとうございました。
 るふるん、るふるん、雪ウサギ・・・あ〜、また、ヘンな記憶が・・・
 「どろろ」アニメはしばらく封印されていた、とのことですが、私は今更ケーブルTVで観ています。
 設定では、百鬼丸は14歳だったんで、かわいくていいと思いますね。
Posted by ネコトシ at 2007年03月29日 23:41
>>ネコトシさん

相方は「『どろろ』から『ムーミン』への流れはある意味スムーズだろ、ムーミンだって妖異だし」と言うのですが、ムーミンやニョロニョロが狩られるわけではないですしねえ…w

> 「どろろ」アニメはしばらく封印されていた、とのことですが、私は今更ケーブルTVで観ています。

お、再放送されていますか、いいですねえ。
以前ビデオで数話だけ見たことがあるのですが、動き的にはけっこう紙芝居だったりしてますね…
百鬼丸が野沢那智さんなんですよね。

何しろ「百鬼丸の歌」が「俺もなりたい〜人〜並に〜〜♪」ですし、やたらと「メクラ」「カタワ」などの言葉が登場する上、何しろ白黒ですから地上波では乗らなかったんでしょうね。
Posted by 大道寺零 at 2007年03月30日 16:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:[基本的に空欄を推奨します。詳細はこちらをご覧ください。]

ホームページアドレス:

(コメント投稿後、表示に反映されるまで時間がかかる場合がございますのでご了承の上、重複投稿にご注意ください。)
コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/37165024

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。