2007年04月09日

ヤスケン先生舞台情報水曜どうでしょう関連

「歌の翼にキミを乗せ-ロクサーヌに捧げるハイネの詩-」

7〜8月に東京・大阪・札幌で上演。
西村和彦・観月ありさと3人で主演級の模様。

脚本:羽原大介(『フラガール』『パッチギ!』)
演出:杉田成道
キャスト:
観月ありさ
西村雅彦
安田 顕
村杉蝉之介
武田義晴
チョウソンハ


ストーリーは「シラノ・ド・ベルジュラック」(エドモン・ロスタン)の翻案。




思索家・詩人にして剣の達人でシャレもわかる人格者・シラノの唯一にして最大のコンプレックスは、異様に大きい鼻のためにバランスを欠いた容姿。
シラノの親友・クリスチャンは、シラノの従妹でもあるロクサーヌ姫に恋焦がれる。ロクサーヌへの憧れを胸に秘めつつ、美男美女で心根も美しい二人の恋を取り持つシラノ。誰にも明かせない恋情を秘めて代筆したクリスチャン名義の恋文はロクサーヌの心を打ち、二人は恋仲となる。
その後クリスチャンは戦死し、ロクサーヌはクリスチャンへの思いを胸に抱いて修道院での日々を送る。週に一度尋ねてくるシラノと、友人として心を打ち明けてクリスチャンの思い出を語り合うのが唯一の慰めだった。
ある日、クリスチャンの恋文を読み上げるシラノの言葉から、実は手紙の主がシラノだったことを知ったロクサーヌは、これまで自覚しなかったシラノへの思慕に初めて気づく。しかしシラノは重症を負っており、ようやく得たロクサーヌの愛を胸に息を引き取るのだった…

というストーリー。

何度となく翻案され、映画にもなった。(「ブラック・ジャック」にも、翻案エピソードがある。「七色いんこ」の演目にも登場しているところを見ると、手塚治虫も好きなのだろう)
なお、シラノは17世紀に実在した人物。超マルチ人間だったことは劇中の通りらしい。また、鼻がでかいのも事実だったが、顔立ち自体は美男だったとも。
原作戯曲は、シラノの弁舌やタンカのテンポが良く、話もわかりやすいのでなかなか面白く読める。

で、安田大先生の演じる「緒方」は、クリスチャンにあたる役柄。つまり「めちゃくちゃイケメン(でも多分死ぬ)」という、観月ありさ相手になかなか美味しい役。脱衣チャンスはあまりなさそうなのが残念だが。

佐藤シゲちゃんは沢口靖子、洋さんは篠原涼子、顕さんは観月ありさ…最近皆さんビッグネームの美人女優さんと絡ませてもらってますなあ。
posted by 大道寺零(管理人) at 19:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 水曜どうでしょう関連
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:[基本的に空欄を推奨します。詳細はこちらをご覧ください。]

ホームページアドレス:

(コメント投稿後、表示に反映されるまで時間がかかる場合がございますのでご了承の上、重複投稿にご注意ください。)
コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。