2007年04月20日

あさりよしとお「荒野の蒸気娘」1漫画

原油資源が枯渇した近未来。
エネルギーの供給停滞と共に文明や治安も後退、人口も減少し、世界は数百年前の状況に戻り、無法の社会と化していた。

今となっては貴重品となったガソリンを盗み出したチンピラ・ジョーは、一休みしているところで姉妹に出会う。

表紙+帯

ショートカットでクール系の姉・アン(左)。夢見るやや天然ボケ乙女系の妹・アリス(右)。
上に示したのは表紙+帯の一部を切り取った姉妹の姿である。


(この後、追記部分にはネタバレ含みますので、これから読みたい方は閲覧にご注意ください。)



…………ただし、脳内の

実際はこの「姉妹」は、蒸気機関で動くロボットであり、その「父」である製作者が、自意識をもたせて「あくまで人間」として育てたため、脳内の自分の認識と実際の姿は似ても似つかない。

joukimusume2.jpg
ちなみに、ごついほうがアリスです。
帯にあった「本当の私は、こんな姿じゃないっ!」というのは、まさに文字通りなのだw

アンは自分達の本当の姿と「ロボットである」事実を認識しているが、妹のアリスは徹頭徹尾「人間として」父に育てられたために、いまだに自分を脳内の姿の人間だと信じて疑わず、主人公を「おにいちゃん」と呼んで慕うのだが、いかなる妹萌えであっても、このシチュエーションを嬉しく思える人間はまずいないだろう。

自らを非力な乙女と信じて疑わず、純真に行動するアリスの内面と、ごっつい蒸気機関巨大ロボである外見のギャップ。
そして、そんな実体だと十分知りつつも姉妹に振り回され、不覚にも時々アリスの言動に萌えかかってしまうジョーの混乱ぶりを楽しむ一作。
というよりむしろ、読んでるこっちがたまにアリスにキュンキュンしちゃうから困るよ!

帯に
無敵の美少女ロボ姉妹が 旅に出たり、デビューしたり、修羅場で目覚めたり、絆を確かめ合ったり、体を探られたりする物語を描いた要脳内補完コミック!」
という煽り文句があるのだが、実に一字違わずこの通りのお見事なコピーである(編集者に拍手したい)。
特にお勧めは「姉妹の絆を確かめ合うシーン」と「アリスが体の隅から隅まで身体検査されちゃうシーン」だな。

特に予備知識必要なく面白がれるので、最近のあさりよしとおの作品の中では安心して万人に勧められる傑作だ。(もちろんあさり氏らしく、時折ちゃんとスチームSFすることも忘れていないので、古参のファンも安心して楽しめますよ)
萌え作品の城・COMICガムにあってこのひねくれっぷりが痛快だが、アンケート的に苦戦してないかちと心配(ちなみに現在も連載中)。
これ1巻の発行が去年で、レビューを書こう書こうと思っているうちに延び延びになってしまった…
そろそろ2巻が出ないかなー。←出てましたorz 鳥酋長さん、情報ありがとうございます。


posted by 大道寺零(管理人) at 17:35 | Comment(2) | TrackBack(0) | 漫画
この記事へのコメント
2巻なら去年の11月に出てますぜ。と書店員からのツッコミ。

さておき
「るくるく」なんかも中身はけっこうあさりよしとお色が色濃く出ているのに、あのヒロインのキャラ性でもって若い層を取り込むことに成功した作品ですね(実際よく売れてる)。
やってることがあの濃さでいいなら、他のもアリだろうと思うんですが、お客さんの動向見てるとそういうわけでもないのが面白いところ。

コミックGUMで連載というと「HAL」なんかも好きでしたが、ああいう悪ノリ全開の科学ギャグ、またやってくれないですかねぇ。
……振り返ればあれってGUMの誌面にそぐわないことこの上なかったなぁ。
Posted by 鳥酋長 at 2007年04月21日 00:16
>>酋長さん

2巻…出てましたか……orz
いやorzとか言ってる場合じゃなく買わねば!

>るくるく

売れてるのかな〜と思ってたんですが、出てますか。それはよかった。正直もうちょっと話進んでもいいよと思うんですが、あのゆるさがあさり作品の持ち味ですね。
もう少しブラックというか、ヤバめのネタが増えてもいいかなと思います。

>「HAL」

あれはよいものですねー。
自作の「まんがサイエンス」をさらにダークにパロディにした「がんまサイエンス」と同方向の作品でしたね。しかもある程度SFとか科学知識がないと笑いのツボを逃してしまうあたりがファンの優越感をくすぐりますね。
言われてみればあれもGUMかwwww

悪ノリ、ブラックヤバネタ全開の作品がまた読みたいです。
昔「ニュータイプ」別冊に載ってたセーラームーンのパロディがめちゃくちゃ面白かったんですけど、やっぱ単行本には入らないんだろうな〜…
Posted by 大道寺零 at 2007年04月21日 03:07
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:[基本的に空欄を推奨します。詳細はこちらをご覧ください。]

ホームページアドレス:

(コメント投稿後、表示に反映されるまで時間がかかる場合がございますのでご了承の上、重複投稿にご注意ください。)
コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック