2005年03月26日

カントリーサインDVDを見る水曜どうでしょう

一昨日Disk1(「シーガイア」と「韓国」)・今日Disk2(「カントリーサイン」)を見た(シークレットはまだ探していない)。

<Disk1>
視聴者から「あんた達の旅は辛すぎて見てられない」という意見があって、「宮崎シーガイア(が、放映時にはまだ健在だった)からの取材お誘いがあった」ということでシーガイアでリゾートしまくり。
しかしその浮かれっぷりから「何遊んでるんだ」とクレームが付き、いよいよ辛くて見てられない「サイコロ韓国」に突入するという、極端な流れが見物。

●「シーガイア」●
メインアトラクションのウォーターアトラクションで、「カメラ濡れると壊れる」という理由で紙袋を被せたために「音声だけ」という、プロにあるまじき処理をして流したせいかもしれないが…「シーガイアがなんでポシャッたのか」はよく分かるような気がした。
そば打ちから始まって、どうでしょう班ご一行を最後に待ち受ける「ラスト・リゾート」の正体には大いに脱力&爆笑。

●「サイコロ韓国」●
これは以前も一度見たのだけども、何度見ても辛い。
なんでテレビ番組見ててこっちがこんなに「いたたまれない気持ち」にならなきゃいかんのか、と、段々理不尽な思いに苛まれていくこと請け合い。
日頃、食い物番組を見ていると、「料理さえ紹介してくれれば、別にタレントのコメントとか、食う所の絵とかイラネ」と思っていたりしたのだが、いざ「紹介だけして食えない」というのを目の当たりにすると、これほどスッキリしないものだとは。食い物番組の作り方について、実は大いなる示唆があるようなないような。

<Disk2>
●カントリーサイン●
もう北海道の市町村って212じゃないんだねえ、と、道民でもないのにシミジミ。
私はこの企画けっこう好きだが、「絶対二度とやらねえ」というどうでしょう班の気持ちもよく分かる。

Disk2には、「ミスター大壮行会」のハイライト映像つき。

企画的にまだ「過渡期」だし、洋さんとミスターが「まだ(自分で見ると自分が)キビシイ」というのもわかるのだが、やっぱり「どうでしょう」は面白い。二度目のトークでもこれほど笑える番組というのはそうあるものではない。
だから、DVDリリースのピッチがもう少し上がらないものかと…「どうでしょう本」とかよりも。あと10年かー…
せめて年3回は出して欲しいと思ってたら、次はなんでか「ジャングルリベンジ」なんだねえ…
最低でも「マレーシアジャングル」のリリースの後でないと、企画の意図とか、ブンブンとか動物観察の真の面白さが伝わらないんじゃないかと思うのだが…どうなんだろう。まあ、いろいろ事情があるのかな。
個人的には早く「ヨーロッパ(本来ならば次回リリース)」が見たいところ。

まあ、まだ副音声付きで見るという楽しみが残っているので、まだまだ味わい尽くしますよぉ。
posted by 大道寺零(管理人) at 23:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 水曜どうでしょう
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:[基本的に空欄を推奨します。詳細はこちらをご覧ください。]

ホームページアドレス:

(コメント投稿後、表示に反映されるまで時間がかかる場合がございますのでご了承の上、重複投稿にご注意ください。)
コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/40006131

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。