2005年04月05日

桜多吾作のゲッターロボ漫画

今でこそ、ゲッターロボ全シリーズが(双葉社)文庫で読めるありがたい世の中になったが、それ以前のゲッター者には、「ゲッターロボ」「ゲッターロボG」「ゲッターロボ號」を統一感ある装丁で再販してくれた大都社こそが「神」出版社であった(勿論今でもそれに変わりはない)。
「ゲッターロボサーガ(スパロボアンソロジーなどに収録されたエピソードや、若干の加筆を加えて再編された部分がある)」として双葉社版が出た現在でも、「てんとう虫コミックス」「秋田サンデーコミックス」「徳間キャプテンコミックス」の初出の体裁を極力再現してくれた功績は大きい。
もう一つの功績は、90年代の復刊ブーム時に、学年誌バージョンまでもビシッとまとめて出してくれたということだ。
「ゲッターロボ大決戦」「決戦!ゲッターロボG」がそれである。「ゲッターロボ」の正式原作版は、勿論石川賢のソレなわけだが、当時「小学館の学年誌」や「テレビマガジン」「冒険王」に連載されたコミカライズ版もある。しかも作者は石川賢だけでなく、桜多吾作・安田達矢(一部の代筆)も出陣している。それらを集めたのが前出の2冊だ。(この他にも色々あるのだが、そちらは「ゲッターロボ大全」「ゲッターロボG大全」(ともに岩佐陽一著)で読むことができる。)

今回のエントリーで取り上げるのは、「小学三年生」に連載された桜多吾作版「ゲッターロボ」。

桜多版の特徴を挙げてみると、
*TV版の設定に(恐らく各バージョンでもっとも)忠実。
 大魔人ユラーや大枯紋次などの(効果があったんだかなかったんだかよく分からん)テコ入れキャラも登場している。
 もちろんリョウ達も、普通の高校生だ。
*キャラデザも石川賢版の面影は薄いが、TV版のデザインには忠実。
 「あんた誰」ってくらいにハヤトの印象が違うのだが、意外にTVのシャクレ顎なハヤトには近いデザイン。
 また人には得手と不得手ってものがあるもんで、ミチルに関しては石川版よりこっちのほうが断然可愛い。ヘアバンドや服装もアニメ板に準じている。
*かと思うと、突然凄まじい独自性を発揮し、最後は完全に桜多ワールドに突入。
 例:「チェンジゲッター1!」ではなく、なぜか「セットゲッター1!」とコールする。
 例:後続の「ゲッターロボG」のラストでは、全員特攻してきっちり死ぬ。
   (「グレートマジンガー」でも剣鉄也(基本的にテロリスト)が最後に死ぬ)
 例:武器やメカのギミックが突然独自のものになる。
ちっちぇなー
上の図を見ていただきたい。
足の裏の反り返りっぷりも目も引くのだが、やっぱり斧である。
バージョンが進むたびに、アホほど巨大化していくゲッタートマホークだが、この小ささ。そして最大の違和感発生源は、初代ゲッタートマホーク最大のチャームポイントである「刃の反対側のイボイボ」がない、この一点だ。この上ないシンプルさと親しみやすい大きさが、かつてないホームセンター感を生むことに成功している。成功させる意義はよく分からんが。
ちなみにイボイボは第三話から発生している。これもゲッター線のなせるワザなのだろう。そうだよね、スティンガー君。

さて、桜多版の真骨頂はやはり最終話、ということで、桜多版ゲッターの最終回である「第10話」もなかなかたまらないエピソードだ。

冒頭、何の前ふりもなく(コミカライズというものはなべてページが少ないものだ)、地竜一族の手によってゲットマシンが盗まれる。草原でのほほんとダベっていたゲッターチームは度肝を抜かれ、研究所に急行する。
切羽詰るリョウたちに、早乙女博士がこれ以上なく簡潔に事態を説明する。

「すまん ちょっとした不注意で」
「ゲッターロボの強さは きみたちがいちばん知ってるだろう」
「もう どうしようもないだろう」

なんて諦めのいい(危機管理意識の低い)早乙女博士。

敵に乗っ取られたゲッターは、当然ながら早乙女研究所を強襲する。すかさずバリアを展開するが、

所員「うわあ かるくやぶられた

ガキンチョにも分かりやすい簡潔なネーム!低学年コミカライズの教科書ですよ桜多先生!
絶体絶命の早乙女研究所に、帝王ゴールはご満悦。

いいもんだ…

いいもんだ」なんて、「成人した息子としみじみ焼き鳥屋で飲んでるお父さん」みたいなコメント。さすが苦労人ゴール様。味わいが違う。

早乙女博士、絶望的な状況に陥って、生来の狂気を発揮。静止するリョウを振り切って、

「わしに考えがあるんじゃ ゲッターに もっとエネルギーをやるのじゃ」

それに驚くリョウ。
「なんですって! そんなことをしたらゲッターロボが 一年間もめちゃくちゃにあばれてしまいますよ
斧にイボが吹き出ました
当時の小学三年生といえば、実にアホガキ真っ盛りの季節。「暴走」なんて言葉は通じないかもしれない。そこで「めちゃくちゃにあばれてしまう」と表現。しかも「一年間」という具体的な提示が妙に恐い。
まあ結局は早乙女博士の暴挙が功を奏し、
博士「人間には影響のないゲッター線をいっぺんにあびせたから 地竜一族だけが やられてしまったのだ」
リョウ「さすが博士」
    「さあ 研究所を二度と直して ゲッターを二どとぬすまれないようにしようぜ
という言葉で大団円。
さっきのいきさつで、「人類にゲッター線の影響ない」と言い切れるもんなのか、そもそも早乙女研究所に侵入を許したのは果たしてハード的な問題なのか、とか色々疑問は残るのだが、とにかくこんな終わり方をするのだった。気が付けばゲッターチームが一つも活躍してないのが印象的だ。

ここで興味深いのは、「ゲッターエネルギーと暴走」という要素が、恐らくは初めて登場していることだ。
「號」で真ゲッターが登場するまでは、ゲッター線はそれほど気まずい設定のものではなかった。ムサシのケロイドな最期は確かにトラウマインパクトだったが、それも「ゲッターエネルギーを最大放出した熱によるもの」であり、基本的には「人類には有益、ハチュウ人類には有害」なものに過ぎなかった。TV版にいたっては、呑気にゲッターロボ野焼きまでする有様だ。
「ゲッターエネルギー浴びすぎてゲッターが暴走」という発想は、かなりいきなりだが、ここで生まれていた事は確かだ。

ところで、色々なバージョンを読んでいて切実に抱いた疑問なのだが…
恐竜帝国の科学長官って、結局「ガレリイ」と「ガリレイ」のどっちが正しいのだろう…
posted by 大道寺零(管理人) at 01:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:[基本的に空欄を推奨します。詳細はこちらをご覧ください。]

ホームページアドレス:

(コメント投稿後、表示に反映されるまで時間がかかる場合がございますのでご了承の上、重複投稿にご注意ください。)
コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。