2005年06月14日

あたたかい人の情けにRO

「避けもせず、腕力も無く、命中だけはあって時々クリティカル」な私のBSもなんとかレベル81になり、パンダカートを引けるようになった。
相方からの販売委託物「古木の枝」30本を受け取り、さあ露店を開こうとしたその時。
肝心のブツがカートの中にない。
いくらさがしてもない。

商人系が露店を開いて物を売る場合、アイテムを「所持品」ウィンドウから「カート」ウィンドウにドラッグ&ドロップで移動しなければならない。
このとき、カートウィンドウに達する前にアイテムを謝って落としてしまうと、地面にアイテムを捨てた事になってしまう。
捨てたアイテムは、数十秒誰も拾わなければ消滅する。
まして人の多い首都のメインストリート、誰かに拾われた可能性が高いが、返って来るとも思えない。
一本26000zで販売する予定だったので、代金を相方に渡して弁償する。(ここらへんはクールな関係なので、夫婦と言えどもキチンとするのだった)弁償額よりも、「プレイして1年も過ぎたのにこんな初歩的なミスを、しかも委託品でやっちまった」ことに落ち込む。

ダメモトで、落としたと思われた場所に戻り、
「ここで枝30本拾われた方いませんか?」
というタイトルでチャットを出してみる。
勿論ダメモトの半泣きだ。

しかし数分もしないうちに入場音。
なんと、その時拾ってくださったプリさんが再び通りかかり、入室してくださったのだった。
もう本当に諦めていただけに、涙が出るほど嬉しかった。
「これからは気をつけてくださいね〜」と優しいプリさん。
あいにくお礼にできる気の効いたものも無かったのだが、辛うじてカートにあったエルニウム原石をせめてものお礼にお渡しする。

何かと荒んだ話題の多いROで、暖かい人の情けに感涙した一瞬だった。
posted by 大道寺零(管理人) at 10:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | RO
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:[基本的に空欄を推奨します。詳細はこちらをご覧ください。]

ホームページアドレス:

(コメント投稿後、表示に反映されるまで時間がかかる場合がございますのでご了承の上、重複投稿にご注意ください。)
コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/40006301

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。