2005年06月15日

ヒフミン伝説事件・ニュース

先日の「公式戦(TV放送のあった銀河戦)で待った(→後、次回出場停止処分)」事件がクローズアップされたベテラン棋士・加藤一二三のエピソードを集めた「加藤一二三九段伝説」(2chのレス発祥、リンク先は「2ちゃんねるあーと」のページ)

感想戦で二歩


には、笑いすぎて食ってたおにぎり握りつぶす勢いだった。

また、自らが

「人から見て長く見えるのはわかっています。でも自分ではまだ短いように思うのです。


と語る、有名な「ネクタイ長い」については、画像をちょっとぐぐればすぐ見つかる。

すごく気になったミカン対決の詳細は

※(米長)は罵倒したり怒ったりというより、123(加藤)をおちょくって遊んでいた。

123と※が当たった十段戦のこと。「おやつは何にされますか」という係の者の問いに
123:「あっ!ええ!ミカンをお願いします!皿に一杯で!ハイ!」
※:「加藤さんと同じものを。量は加藤さんのより多くしてね」
…昼下がり、対局場に運ばれてきた信じられない量のミカン。黙々と食べ始める123。
1日目ということもあり局面の流れも緩やか。狂ったようにミカンを食べる123に、ついに※も反撃開始。
123に負けないペースでミカンを食べ始める。時間にして2時間以上、指し手も適当にミカンを食べる両対局者。とうとう堪えきれなくなった記録係が別室にいた立会人に「部屋がミカン臭くて死にそうです」。
立会人が慌てて対局場に駆けつけると、そこには大量のミカンの皮と、顔と手を黄色にした対局者が…!
「ちょwwwwwおまいらwwwwwミカン食いすぎwwwww封じてください」
こうして初日の対局はなんとか終了、この十段戦はミカンの食いすぎでおかしくなった※が負けた。


ということだそうな。笑い殺す気か。「2chあーと」では他にもいろいろな人の伝説を収集しているが、やはり長嶋茂雄が濃すぎ。

・「勝負は家に帰って風呂に入るまで分からない
バントの格好をしながら審判に代打を告げる「バント!土井!」、作戦が相手ベンチに見抜かれバント失敗


など、どれをとってもすごすぎるシゲオクオリティ炸裂。
posted by 大道寺零(管理人) at 16:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 事件・ニュース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:[基本的に空欄を推奨します。詳細はこちらをご覧ください。]

ホームページアドレス:

(コメント投稿後、表示に反映されるまで時間がかかる場合がございますのでご了承の上、重複投稿にご注意ください。)
コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/40006305

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。