2005年07月24日

冷麺美味かった食べ物

昼に無性に冷麺が食べたくなった。
いつもの焼肉屋でもいいのだが、最近開店して気になっていた、下安の「西仁川」という韓国料理屋にトライしてみる(以前「シェルター」という喫茶店、その後同名の韓国料理屋になっていた店)。
ビールののぼりが出ているだけで、どんなものがあるのか外見からはサッパリ分からなかったが、ランチメニューにビビンバや冷麺があってほっとする。
「水冷麺」と「ビビン冷麺」に、チヂミを付けてオーダー。

最初にチヂミが運ばれてくる。
大きな皿に大きなチヂミが盛り付けてあり、これで600円?と目を疑うほどだった。
しかもイカ・エビもたくさん入っていて、焼き具合も美味しかった。

「水冷麺」は、普通焼肉屋で出てくるものとは違い、水キムチのすっぱい汁をベースにしていて、辛くなく、さっぱりしている。
この前「チャングム」で出ていた冷麺はこんな感じなのだろうと思った。
酸味がくどくなく、とてもさっぱりしている。

逆に「ビビン冷麺」は、汁気がなく、コチュジャン(少し甘酸っぱく調味してあるようだった)がたっぷり。
麺はいずれも、そば粉の入った黒い麺で、驚くほど細く(日本そばとそうめんの中間くらいの太さ)、適度にコシもある。一般的な、ゴムのような食感の冷麺とはまた違って楽しめた。
ビビン冷麺は、よく混ぜたあと、店のおばちゃんが食べやすい長さにはさみを入れてくれた。

メニューを見ると、つまみや鍋類、ビビンバなどもあって楽しめそうだった。今度は石焼ビビンバを食べに来ようかと思う。こわごわだったけど入ってよかった。

「チャングム」の時代は、まだ唐辛子が渡来する以前なので、登場する宮廷料理は素材やダシの味を生かした、驚くほどアッサリ系のようだ。
一つの国で、唐辛子以前・以後と大きく食文化が変わるというのもなかなか面白い例だな、と毎回思う。
posted by 大道寺零(管理人) at 16:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ物
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:[基本的に空欄を推奨します。詳細はこちらをご覧ください。]

ホームページアドレス:

(コメント投稿後、表示に反映されるまで時間がかかる場合がございますのでご了承の上、重複投稿にご注意ください。)
コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。