2005年08月07日

遊佐「麺家」ラーメン

ものすごく久々に、大好きな「麺家」に。
庄内で1番好きな店なのに久々なのは、店主が昨年の晩秋ころから今年の6月まで、「修行」で長期休業していたため。また、再開しばらくは「土日が休み」と聞いてションボリしていたのだが、相方が「最近は日曜は開いている」とリサーチしてくれたので喜びいさんで行く。

以前と違うのは、入り口が券売機になったこと。もっとも、とにかく狭い店で、会計行動が客やお店の人の動線を著しく妨げているのでこれは歓迎すべき事だろう。
時間も12時30頃と昼食時どまんなかなこともあり、相変わらず混んでいる。
チャーシュー麺を「こってり」「細麺」で頼む。
結論から言うと、味の変化は私には内容に思えた。ただただ以前と同じに美味い。
んー、久々に庄内でこってりした美味いラーメンが食えて満足。

客席は、小上がりに4人座れる机*2、フロアに6人がけテーブル1、4人がけテーブル1のみ(これも以前と変わらない)と少なく、しかも人気のある店なので、当然相席は必死だし、席を選んだり移動したりもすこぶるやりにくい。
今日はラーメンには満足したが、運悪くノーマナーなお子様連れと同テーブルになってしまい、数ヶ月楽しみにしていた麺家だけにとても残念だった。

小さい子を連れた家族は人気店に来るな、とまでは言わない。
しかし幼い子供は我慢の効かないもの、しかも自分の子供がきかん坊という自覚があるなら(まあ、ないんだろうねえ)、こういう相席必至な店ではない店を選んだ方が双方幸せだと思う。
そうでなければ、あまりに暴れるならオーダーが来るまで外に出ているとか車で待つとか…子供にいちいち目くじら立てるほど心が狭くないつもりではあるのだが、
・着席3分も立たず、小分けドンブリやスプーンをつかんでは投げつかんでは投げ
・卓上のワリバシや調味料などを掴もうとする
・水を含んでは「おいしぃ」と言いながらわざと口を開けて「ヴァー」と出す
・退屈して、水の入ったコップをわざと払いのけて豪快にこぼす
・母親から分けてもらったラーメンを掴んで食い、口に入れたり出したりひっぱったり


列挙しているうちに怒りがまた込み上げてきたなあ。
こういう時期の子供には、家族が単独で座れて気を使わないですむファミレスや、広いチェーン店などに行って欲しいと思うのは子梨のワガママなのか?
流石に、あの子供好きの相方でさえ相当ムッとした顔をしていた。
ラーメンが来たらもう、ひたすらラーメンの味と香りとビジュアルのみに集中し、クソガキお子様から手や異物を突っ込まれないうちに、味わいつつも迅速に食べた。
こんなにラーメンのみを見つめて一気に食う体験もなかなかできないものだ。

お子様は致し方ない部分もあるとして、最初から最後まで、相席のこちらを気遣うような行動や発言を一切しない親御さんも実にアッパレだと思った。
席を立つ時に、店のお姉さんに「(騒がしくして)すみません」と言っていたが、ねえねえお母さんこっちには何か言う事ないの?
お宅の息子さんのぶちまけた水で、スカートと足濡れたんですけどね。
目の前で拭いたりもしたんですけどねえ。


まあ、こういう親だからああいう躾しかできないっつーことなんだろうな。
あんたらみたいな連中は、くるまやあたりでも行ってろってこった。くるまやに失礼か。

1時くらいになると適度に客も引き始めるので、時間をずらしていくのも吉の模様…
posted by 大道寺零(管理人) at 23:20 | Comment(2) | TrackBack(0) | ラーメン
この記事へのコメント
獣ですな。年齢が書かれていないので2歳ぐらいと想定してみましたが、それにしても酷すぎ。災難でしたね。
一番迷惑をかけた人に対して謝ることができない親に育てられている子供の方が災難だったりして。
Posted by 流れ者 at 2005年08月09日 01:31
流れ者さん、ありがとうございます。
まあ、自分の怒りを正当化するために、表現をきつくした感じが無きにしも非ずなんですが、まあ箇条書きにするとこんな感じでしたね。
お察しのとおり、2〜3歳くらいの男の子でした。この年代は程度の差こそあれ、まだまだ「テイミング前」なのでしょう。小さいお子さんを連れて外出、まして外食するってのは、親御さんにとってはほんとに大変なんでしょうねえ。
ファミリーレストランが、「ファミリー」の名を冠してる理由が分かったような気がしました。
Posted by 大道寺零 at 2005年08月11日 21:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:[基本的に空欄を推奨します。詳細はこちらをご覧ください。]

ホームページアドレス:

(コメント投稿後、表示に反映されるまで時間がかかる場合がございますのでご了承の上、重複投稿にご注意ください。)
コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。