2005年08月11日

「ラーメン屋です。」 東泉町店ラーメン

わりと近くにある店なのだが、今まで入ったことがなかったのでトライ。
坂田のラーメン屋にしては珍しくメニューが多く、トンコツ系ラインナップも色々。
また、冷やしラーメン(冷やし中華にあらず)や冷やしタンタンメンなどもある。

私は「チャッチャ味玉入り」、相方は「タンタンメン(無限)」大盛り+餃子1皿。
「チャッチャ」は、背脂振りのしょうゆ味。それほどギトギトではなく食べやすい。
味はしょっぱめ。この手のコクありしょっぱめラーメンって実に久々で、これはこれで嬉しい。
酒田ラーメンのスタンダードが好きな人にはきついかもしれない。なるほど、こういうのが食べたくなったらこの店があるわけだな。ちょっと嬉しい。麺は中太で噛み応えがある。
ただ、全体的なパフォーマンスで言えば、味玉なし600円でこの量で同系等のこってり目醤油となると、「『麺家』でラーメン(こってりで)」という選択肢があるんだよなぁ。
相方のタンタンメンは、辛さにグレードがある中の一番辛いやつだが、辛味が醤類というよりは粉唐辛子っぽく、またこれだけ辛味が投入されているせいか、タンタンメンの肝であるゴマ(芝麻醤)のコクがあまり感じられなかった。もう少しスタンダードな辛味にしておけばよかったかもしれない。
餃子は6個で180円。かなり安い部類で、味も大きさも可もなく不可もなく。値段を考えればコストパフォーマンスは高いといえるだろう。

惜しむらくは麺の量で、どういう地域展開のチェーンなのかはよく分からないが、庄内基準では少なめ(つまり全国的な基準では普通)。
味の濃さやパンチから言うと、こってり好きの男性やハラヘリ学生にアピールする店なのだと思うが、そういう客層にとっては量的に不満があるところかもしれない。

次に行くとしたら、冷やしラーメンかトンコツ系を試したい。
posted by 大道寺零(管理人) at 23:18 | Comment(2) | TrackBack(0) | ラーメン
この記事へのコメント
すみません。相方さんがお召しになった「タンタンメン(無限)」が気になります。 何か松本零二ちっくな香りを感じました。「食っても食っても増殖する」とか「縦横わからんゴマペースト(意味がわからん)」とかいうギミックがあったりするのでしょうか。
Posted by ひげ蔵 at 2005年08月12日 10:45
まあ、「当店で一番辛いタンタンメン」という意味のようでした。もしかしたら頼めばいくらでも唐辛子追加してくれたのかもしれないです。(でも粉唐辛子だけ追加されてもという気も)
確かにこのネーミングだと、ドンブリにメーターとかついていたり、メーテルから「この星の人たちは、満足という事を知らず永遠に食らい続ける心の貧しい人たち…」とか説教されたりしそうです。
Posted by 大道寺零 at 2005年08月14日 08:55
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:[基本的に空欄を推奨します。詳細はこちらをご覧ください。]

ホームページアドレス:

(コメント投稿後、表示に反映されるまで時間がかかる場合がございますのでご了承の上、重複投稿にご注意ください。)
コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。