2005年08月27日

チャングム45話チャングム

幼女の頃から、何度となく緊縛・監禁されてきて、「韓国ドラマ一の緊縛ヒロイン」の名をほしいままにするチャングムだが、今回は同じ回の中で「緊縛+解放」が、しかも2セットも行われた。展開がめまぐるしく、うっかりトイレにも行けない状態だった。
物語もクライマックスにさしかかり、キャラクターへの風向きも大分変わってきた。
しかし王様の容態と皇后の態度はもっと変わりまくるので、やっぱり予断を許さないのだが…

このドラマは、後半から医療ドラマ(まあ、前半の料理人ドラマ部分が丸ごと創作なのだが)になり、毎回鍼を打つ場面がたくさん出てくる。さすがに打つ場面は、術者は勿論、打たれている人も吹き替えで、編集で繋ぐのが大半なのだが、今回「王様の顔面の危険なツボに鍼を打つシーン」では、王様役のイム・ホが吹き替えナシで鍼を打たれていて、見ているほうがビビった。まあ、確かに顔だが…
ツボの場所は目頭ギリギリくらいのところで、チャングムの師匠二人も「危険すぎる」と難色を示した部分。「そこに打たないと王様の病状は悪化する」と思い切っての施術だったわけだが、役者イム・ホ自身は別にその疾患があるわけでなし、まあ近場で無難な場所にプロが打ったのだろうが、怖かったんじゃないだろーか、などと余計な事を考えてしまった。

放送が終わると、公式の「次回あらすじ」が更新されるので早速見に行くのが日課。
あらすじは勿論、1話の1/3程度の予告にとどめてあるのだが、肝心のサブタイトルでネタバレしすぎ…(ネタバレ嫌いな方は、46話予告にはご注意ください)
この回に限らず、チャングムは「サブタイトルでネタバレ」のパターンが異様に多い。韓国ドラマ自体がそうなのかもしれないが。
posted by 大道寺零(管理人) at 07:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | チャングム
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:[基本的に空欄を推奨します。詳細はこちらをご覧ください。]

ホームページアドレス:

(コメント投稿後、表示に反映されるまで時間がかかる場合がございますのでご了承の上、重複投稿にご注意ください。)
コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。