2005年09月12日

「ユリイカ」9月号 水木サン特集書籍

表紙があまりにも楽しそうなのでつい買ってしまった。

巻頭特集は、「水木しげる×京極夏彦 師弟対談」。

いきなり
「今日はユリイカの対談?『ユリイカ』って売るのが大変でしょ?」
「へえ、定価一三〇〇円、大変だ。一三〇〇円も出して買う人っていうのは…」と、相変わらず「あるがまま」全開で、いきなりすごいところから話を始める水木サン。
京極氏もつられて、
「まあ、いい雑誌なんだけれども、みんながみんな読むという内容でもないですから
と、うっかり根本を突いてしまう。
実売部数を尋ねた水木サンは、「哀れみに満ちた表情で(原文ママ)」
「そう、そりゃ厳しいね」「雑誌は一万部を越えないと生きた心地がしないですよ」と、しきりに「一万部」を強調するため、「実売部数が5桁に乗らない」ことをアッサリと講評してしまうユリイカ編集部。

「そういう意味(「潰れない」こと)では凄いねえ。昔から本屋に行くと、ちゃんと売れ残りがあって、それで『ユリイカ』って名前を覚えてしまったんだね。
み、水木…センセイ……

こんな天衣無縫さに拍車がかかる水木サンの「ユリイカ大変だね」話が、実質1ページにわたって繰り広げられる。
言う方も言う方だが、そのまま載せる方も載せる方だ。それがユリイカクオリティなのか。


まあ1300円分の濃さがある雑誌なので、文章はゆっくりとこれから読んでいく予定。
収録された「マッチ売りの少女(野坂昭如原作)」は…その…すごく…ヘコみます…読むと。

トリビュート漫画は、とり・みき、永野のりこ、熊倉隆敏、鈴木翁二(各2P)。コメントのみで松田洋子。
posted by 大道寺零(管理人) at 00:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:[基本的に空欄を推奨します。詳細はこちらをご覧ください。]

ホームページアドレス:

(コメント投稿後、表示に反映されるまで時間がかかる場合がございますのでご了承の上、重複投稿にご注意ください。)
コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/40006464

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。