2005年09月17日

第48話 「チェ一族の崩壊」(激しくネタバレ)チャングム

タイトルのネタバレについてはもう突っ込まない(予告がバリバリだったので、もうそういうもんなんだと諦めますた)。

今回は、1話以来のテーマだった「母とハン尚宮の仇討ち」がついに成就されるという内容。
前回のラストはまさにサプライズだった。ヨンノが実は生きていて…という展開だと思っていたらそう来るか。
悪党どもの所業が白日の下にさらされ、チェ一族とオ・ギョモは醜い暴露合戦の末についに裁きを受ける(その割には比較的軽い最終処分だったような気がしたが…取り沙汰されたのは硫黄アヒル事件だったので、呪いの札事件も明るみにしていればチェ一族側は間違いなく死罪だったか?)
そして、チャングムの母の遺言がビシッと実現されてしまうのにも驚きだった。
さらに、ハン尚宮の「先に宮中に戻っているわ」という言葉も…ありがちなシーンだったかもしれないが泣けた。沖田艦長を思い出した。
次週からはラストまでの数話、おそらくは「チャングムが王の主治医になり、『大長今』と呼ばれるようになるまで」の話になるのだと思うが、やっぱり権謀術数の中に巻き込まれるようで…
正直、この回で最終回でもよかったような気もしないでもない。

いやー、それにしても48話はとにかくチェ女官長演じるキョン・ミリ氏の熱演こそが肝だろう。圧倒的な「目力」で「チャングム」を支えてきた名悪役、今回はもう目力がゲージを振り切りっぱなし。
亡きミョンイに語りかけるシーンは先週もあったけれど、本心なのか屈辱の演技なのか、どちらでもあるような感じだったが、今回のはかなりグッと来た。「自分がチェ一族に生まれなければ…」「ミョンイやペギョンがチェ一族に生まれていたら、私のようになったのか・ならなかったのか…」。一気に引き込まれ、ミョンイを氏に追いやった心の傷の深さを語るシーンに引き込まれた。
最後の憑き物が落ちたような表情、「チェ一族として」ではなく「ソングムという一人の人間として」幕を引くことが出来たのは救いだったのか。
展開にも驚いたが、あの断崖っぷりにもたまげた。いきなりで。
クミョンの最後の言葉も沁みた。
代々最高尚宮を勤める家に生まれ、天賦の料理の才能を持ちながら、「何もかもが中途半端…でもこれが私」と語る彼女は、実は誰よりも「普通の人」に近い存在だったのかもしれない。それにしても、回想シーンで、「受け止めてあげるから〜」と言いつつ受け止めてないちびペギョンには吹いてしまった。ソングム、「べちっ」と落ちてましたが。そりゃ「ペギョンとの仲はイマイチ…」と回想されるわけだよ。
posted by 大道寺零(管理人) at 15:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | チャングム
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:[基本的に空欄を推奨します。詳細はこちらをご覧ください。]

ホームページアドレス:

(コメント投稿後、表示に反映されるまで時間がかかる場合がございますのでご了承の上、重複投稿にご注意ください。)
コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/40006477

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。