2007年04月30日

アナ⇒デジ移行が不便さしか産まない理由地デジに疑問符

私が日頃モヤモヤしている地上デジタル関連について、専門畑(元NHK)の人がほとんど全部言ってくれている記事。
小気味よさと共に、問題の裏にあるものが明確になることで大いなる無力感にさいなまれてしまうけれど、この不条理なカラクリについて非常に分かりやすく語られている。

●誰のためのデジタル放送か?(前編):NBonline(日経ビジネス オンライン)
この問題の根っこにあるのは、放送業界が資本主義のルールで動いていないっていうことに尽きるんです。
 放送番組にコピーガードをかけるなんてことを始めたら、使い勝手が悪くなり、機器が売れなくなり、新たな問題を引き起こしたりするでしょう。常識的に考えればすぐに分かることなのに、放送業界というのは新しいものを拒絶し、一切封じ込めることに異様な熱意を燃やしてきたんです。
(池田信夫氏)


誰のためのデジタル放送か?(後編):NBonline(日経ビジネス オンライン)

前編のパート2と後編の内容を読むには、日経オンラインへの登録(無料)が必要なのでちと面倒なのだが、興味のある方は一読の価値ありかと思う。
今ある機器が壊れなければ、停波ギリギリまでアナログで行く(デジタル化対応は、レコーダーの買い替えで行う)予定でいるのだが、ギリになってもコピー制限とか機器の価格などの根本的な問題は何ら解決しそうにないのが腹の立つところだ。

そして相変わらず、草ナギ剛の出ている地デジCMが感情を逆撫でしてムカムカする(まあ別に彼のせいじゃないんだけど…)。
「地デジの準備、お願いしまーす!」ってさあ。
オカンに「明日おにぎり作って」って頼むんじゃないんだから、なんだその気安さは。
理不尽に、決して安くない出費を強制するんだから少しは申し訳なさそうにするとか、「ご負担になりますが」感を出すとかあるだろう…
何もかもがゴマカシなんだよなあ、本当に。

私一人がギリギリまで粘ったところで何が変わるわけではないけれど、納得の行かない強制移行にはせめて瀬戸際まで乗りたくないと思う(本音はギリまで少しでも安くなるのを待ちたいだけとも言うが)。
とりあえず何が納得行かないかって、この件に関しての広報宣伝があまりにも欺瞞ばっかりで、真に必要な情報や負担の実情が全然内容に含まれていないところなのだ。
posted by 大道寺零(管理人) at 09:53 | Comment(2) | TrackBack(0) | 地デジに疑問符
この記事へのコメント
んーー、放送局の人たちのような大きなところの人たちはともかく、制作現場はまだまだアナログだったりするのですよ。
少しずつデジタルへの切り替えを進めていますが、そうなると機材を一新しなくてはいけなくなったりして、小さな制作会社はかなり厳しくなるんじゃないでしょうか。
視聴者もそうですが、制作者もデジタル化が何を示しているものか今の時点ではよくわかっていないんじゃないかとも思っています。
これを機にテレビを見るのを辞める人も出るんじゃないかと思うんですけどね。
Posted by ぽち at 2007年04月30日 19:05
>製作現場はまだまだアナログ

これ、実は地方局も同じことなんですよねー。
紹介した記事では地方局は叩かれ気味に書かれていますが、例えばローカルニュースとか独自番組やブリッジの制作などのために、ただでさえ苦しいところに出費を強いられている状態で、実際2011年あたりにはつぶれる地方局、切り捨てられる地方局も出て来そうな気がします…

>視聴者もそうですが、制作者もデジタル化が何を示しているものか今の時点ではよくわかっていないんじゃないかとも思っています。

同感です。特にハイクオリティを要求されないコンテンツもありますし…
問題なのは、記事にも書きましたが、デジタル化を邁進している組織が、本当の肝の部分を市庁舎に伝えないどころか、まるで隠しているのではないかとすら思える行動ばかり取っている点なのですよね…
Posted by 大道寺零 at 2007年05月01日 01:40
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:[基本的に空欄を推奨します。詳細はこちらをご覧ください。]

ホームページアドレス:

(コメント投稿後、表示に反映されるまで時間がかかる場合がございますのでご了承の上、重複投稿にご注意ください。)
コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。