2007年05月08日

母子受精2chスレッド

タイトルは戸川純の名曲から。

これから紹介するのは、2ch既婚男性板にあった、とってもとってもキモい話。
流血でもスカトロでも怖い話ではないけど、実に精神的なグロです。
閲覧にはご注意ください。
多分飲食中の方も警戒なさった方がいいです。気持ち悪くなるというか、確実に味がマズくなると思います。

以上のことを覚悟した上で、興味のある方はご覧ください。



元スレッド:【なくしたものは】逃げられ寸前男達の駆け込み寺【いつだって】


84 名前:ムー ◆YCo3Qd5oB2 [↓] :2007/04/24(火) 22:52:03
相談お願いします。

 ・詳しい悩みの内容:俺の母(55歳)が俺の子供を産みたいと言い出し、妻が家出orz
 ・最終的にどうしたいのか:妻に戻ってきてもらいたい
 ・相談者の年齢と職業、収入:33歳、SE、600万
 ・配偶者の年齢と職業、収入:30歳、事務(同じ会社)、300万
 ・子供の有無:なし
 ・住まいは持ち家か賃貸か:賃貸
 ・親と同居かどうか:別居、両方の実家へは車で1時間くらい
 ・結婚年数:3年
 ・離婚歴がある場合はそれも記入:なし
【後出し厳禁!】
 ・バクチ、浮気、暴力(肉体的、経済的)、借金、酒や薬物等の依存症、病気などの
  通常離婚理由として十分な原因がある場合は必ず最初に打ち明けてください。

  去年、車をローンで買おうとしたら金利がもったいないと言われて
  妻から150万借り入れ、100万を返済済みです。

妻が病気の治療で強い薬を飲んでいる為、子作りを自粛中。
薬を飲まなくなって、医師からOKをもらったら作るつもりということは
両家の親には報告済みでした。が、俺の母親がチクチクやっていたらしい。
先週帰宅すると「あなたとはもう一緒にいられない」と置手紙を置いて
妻が実家に帰っていた。
訳が分からず、とにかく妻の実家へ行くと妻は現れず、妻の両親と兄が
対応してくれたんだが、話の内容に目の前が真っ暗になった。
つづきます。


まあこんな話です。
私は薔薇園さんの日記にコピペされていたものを読みました。そちらからの転載です。
子ナシの私としては、最初の相談内容だけで十分にキたのだけど、詳細はもっとおぞましいものだった。

85 名前:ムー ◆YCo3Qd5oB2 [↓] :2007/04/24(火) 22:52:41
つづき

(母が妻に言った暴言、キモイです)
妻が帰宅すると母がやってきて、子供ネタで嫌味を言った後に
自分が息子(俺)とヤッて子供を生んであげると言い出したそうだ。
昔から俺の事が好きで、小さい頃は毎日キスしていたし、成長しても
こっそり部屋に忍び込んで、寝ている俺の唇を奪ってい
たらしい
orz
風呂上りにパンツ一丁でいた時は、自分を抑えるのが大変だった。
自分と俺の子供なら絶対にかわいいはずだから、孫としてでも
喜んで接する事ができる。親子だから、体の相性は最高なはず。
私とヤッたら息子はあなたのとこには戻らないと思う。

みたいな事を延々と話して、継母の心得みたいな紙を置いてったらしい。

とにかく俺は妻の家族に、自分にそんな気はないし、全くしらなかったと言った。
あちらも途中から俺の顔が青くなって、口を押さえて吐きそうになってたから
俺の身の潔白は信じてくれた。
しかし、妻は混乱していて会わせられないと言われた。
母の発言に拒否反応を起こして、思い出しては吐いてるらしい。
俺の事を考えても、どうしても母も出てきてしまって気持ちが悪いと。
落ち着くまでメールも電話もやめてほしいと言われてしまった。


86 名前:ムー ◆YCo3Qd5oB2 [↓] :2007/04/24(火) 22:53:27
つづき(最後)

妻実家の後に、自分の実家に殴りこみ。
弟夫婦が偶然来ていたが、構わず母を罵倒した。
その内容に父も弟夫婦も唖然としたが、母はケロッとしていた
「だって○(俺)とHしてみたいし、孫もほしいんだもん。」と言いやがった。
埒があかん、と弟が姉に電話。姉は母の本性を知っていた。
昔から俺の事が好きだったのは本当らしく、小さいとき俺が何かの拍子に
「姉ちゃん好き」と言おうもんなら、姉の食事がなかったりしたらしい。
同じ家に女は2人いらないから早く出てけ
と言われて、姉は全寮制の
高校に入って、そのまま実家には戻ってきていない。
多少のイビリはあると思ってたけど、ここまでやるとは思わなかったと
姉も呆れていた。
俺が母にそんな気はまったくなくて、この世で一番好きなのは妻だと
いう事と、今後一切の縁を切ると言うと母がわめき出した。
自分が母として女として俺を愛してるかという、吐き気のする内容だった。
父達がここは任せて帰れと言ってくれたので、そのまま帰宅。
吐き気がひどくてトイレから出られなかった。

俺としては、会社に転属希望を出して、実家と縁を切るつもりです。
俺の会社には、人材募集をかけた部署に自分から申し込める制度があるので
海外転勤ありの部署に応募するつもりでいます。
仕事が楽しいって言ってた妻には会社を辞めてもらうかもしれませんが。
妻が落ち着いて話し合いができるまでに、俺ができる事が他にないでしょうか。


105 名前:ムー ◆YCo3Qd5oB2 [↓] :2007/04/25(水) 00:13:16
言われると思ったけどネタではない
家庭板も見ていない
書き込むのに会話とか思い出して、トイレに篭ってた

妻から連絡がくるまで、妻とは一切かかわりません。
その代わり義父とメールで毎日様子を知らせてもらっています。
今日から何とか会社行ってるらしい。同じ会社でも俺とは
地区が違うんで安心なんだってorz

カウンセリング行くと楽になるもんなの?
会社の診療所にメンヘル科があるから予約取ろうかな。
義父に妻のカウンセリング一応進めてみます。

俺の実家はその後どうなったか知らない。
母は融通のきく産婦人科を探して、生むのは自分だけど
戸籍上の母は妻にしようとしてたらしい。


頭が混乱してるんで、順序良くレスできなくてごめん



122 名前:ムー ◆YCo3Qd5oB2 [↓] :2007/04/25(水) 01:22:06

実家は明日父親に電話して聞いてみます。
今日は自分もこれでおちます。

>121 そういう考えもあるな。明日さっそく申し込もうとおもってた
もう少し考えて見ます。


169 名前:ムー ◆YCo3Qd5oB2 [↓] :2007/04/26(木) 00:35:26
こんばんは。
父親と姉、弟にメールで今どうなってるかを確認しました。
俺が帰ってから母はついていこうとしていたらしく、姉と弟で
必死に押さえつけて、落ち着かせたらしい。
母親は自分は正常だと言って、反省とかはなし

妻が不在と分かって、家に来て世話をしようとしてるので
日中は姉と弟の奥さん、夜は父と弟で監視。
姉の夫が医者で、その知り合いの精神科医を紹介してもらい
診察を受けることになりました。

母がおかしいと分かってたのは、姉のほかは父だけでした。
スキンシップが多いな、と俺と弟は思ってた。
父は母が俺を見る目が、弟とは違うとは分かってたらしい。
でもそれは俺が何度か流産しかけた末に生まれた子だったから
とても大事に思ってるんだろうと。
父はそろそろ定年なので、早期退職して田舎に引っ込もうか
考えてるって言ってました。

妻の父にカウンセリングの話をしたら、すでに心療内科に通ってました。
俺は被害者だって分かるんだけど、どうにもならないらしい。
自分の苗字が姑と同じと思うと、それも嫌になってしまうみたいで
離婚も考えてるそうです。妻の両親が止めてくれてるみたいだけど。
周りにバカップル呼ばわりされた程仲がよかったのに、それを
一気に壊した母を、今は本気で憎いです。

また吐き気がしてきたんで、今日はこの辺で。
何かあったらまた報告します。


305 名前:ムー ◆YCo3Qd5oB2 [↓] :2007/04/29(日) 06:43:28
おはようございます。
仕事のトラブルで、ずっと徹夜続きでした。
同僚に連休は夫婦でどっか旅行行くんだろ?と聞かれました。
本当なら、妻の企画した国道○号線をひたすらまっすぐ行って、
気になる店があったら入って、適当に泊まって帰ってくるという
行き当たりばったりな旅行に出かけるはずでしたが、
それはもう実現しません。
離婚することにしました。
会社では旧姓を使ってるんで、問題はないようですが、
定期券やクレジットカードで苗字を見ると辛いらしい。
妻は何も悪くないから、名前が変わることで少しでも苦しみが
軽減できるなら、そうしてやりたいと思いました。
連休中も実家ではみんなが母を監視してくれてるので、
この休みを利用して、自分も自宅を出る事にしました。
荷物の整理をしていたら、付箋がいっぱいついた地図が出てきて
旅行で行きたい店や見たい景色をチェックしてたみたいです。
本当に楽しみにしてくれてたんだなと思い、泣きました。

読み返してみると、自己陶酔してる文で自分でも気持ちが悪いが
勘弁してください。



803 名前:ムー ◆YCo3Qd5oB2 [↓] :2007/05/06(日) 08:21:39
ごぶさたしています。最近色々あったので報告に来ました。

連休を利用して、マンスリーに引っ越しました。
妻の両親に会って、離婚に同意すること、今の自宅を引き払うので、
妻が持って行きたい物(家具を含めて)を持ち出してほしいことと、
今まで一緒に貯めてきた貯金を渡しました。
お母さんは俺は悪くないのに、と泣いてくれて嬉しかった。
お父さんも、俺のこれからの事を心配してくれていた。

その夜、妻が血相を変えてやってきました。
両親から聞いた俺のやつれっぷりと、離婚に同意したことと、
貯金全額(マイホーム資金だったんで1千万くらい)を寄こしたことで
俺が自殺をするんじゃないかと思って、駆けつけたらしい。
妻もやつれていて、お互いのやつれっぷりにしばし笑った。
その後色々話して、離婚話はなしになりました。

お互いカウンセリングに通って、落ち着いたらまた一緒に暮らそうと
約束しました。

母ですが、姉の夫の友人である精神科医が休日返上で
個人的にカウンセリングをしてくれた結果、原因が分かってきました。
弟が生まれた頃、父が不倫に夢中になった時期があり
母が精神的に追い詰められたとき、4歳くらいの俺が
「お母さんをぼくのお嫁さんにしてあげるね」と言ったらしい。

それを支えに、母は父の不倫に耐えることができたと。

監視で父や姉、弟夫婦にもストレスが溜まってきたので、
医師の紹介で郊外の病院にしばらく入院させる予定。
投薬とカウンセリングを根気良く続ける事になりました。

逃げられが回避できたので、これ以降はスレ違いになるかな?
レスをたくさんありがとう、全レスできなかったけど励まされました。



812 名前:ムー ◆YCo3Qd5oB2 [↓] :2007/05/06(日) 09:00:30
>806
父は「そんな昔のこと・・・」と言って、弟にボコボコにされた。
俺も一発殴り、姉には罵倒された結果、やっと謝った。
会社が休みの土日は、入院先にずっと付き添うらしい。
それで母が良くなるかはわからないけど。
ちゃんと世話してるか、姉と弟が抜き打ちチェックします。

>808
妻に理解する必要は一切ないと思っている。
100%被害者だし。俺は母の死に際には会うつもりだけど
妻には死後も関わらせないつもりだ。
フラバは何十年経っても起きるみたいだからね。

>811
母の治療の段階で、夫婦2人のカウンセリングがあるらしい。


………
私は途中から、よせばいいのに山岸涼子の絵で想像してしまい、欝度と恐怖が倍増してしまった。
この話を聞く寸前まで「怪奇大作戦」を見ていて、「怪奇大作戦マジ怖い!」とか書こうと思っていたのが一気に吹っ飛んでしまったほどだ。

奥さんとの離婚が回避できたのは心から祝福したい。でもこれから色々あるのだろうと思うと安心できないだろうけど…
根っこの原因は父親の不倫にあったとはいえ、やはり私はこの母には同情できない。ひたすらに気持ちが悪い。嫁さんが「現姓を文字で見るだけで気分が悪くなる」というのもよく分かる。溺愛もここまで行くと、自分の娘にすら女として嫉妬するもんなのか…
最近、近親者などの卵子提供についてのニュースがあったので勘違いしたのかもしれない。
しかしなあ、「近親者が提供」といってもそれはあくまで嫁側の話であってだな、夫側ってことはないだろう常識的に考えて…というか常識以前で…

事態を抜本的に解決するには、相談者両親が離婚して法的にも縁を切るのがベストかもしれないが、もしそうなったらそうなったで、経済的にも後ろ盾のなくなった母親が余計に息子に依存する可能性のほうが高そう。今から完全に埋め合わせることは出来ないだろうが、相談者父がこれからの老後を献身的に面倒見て暮らすしかないのかも。

佐藤史生のSF短編連作「ムーン・チャイルド」「楕円軌道ラプソディ」を思い出した。

主人公・春都はかつて月に住んでいたが、自分の仕事と才能に行き詰まりを感じ、当時同棲していた恋人を捨て去って地球に戻った過去があった。
冴えない女優志望だった当時の恋人・アランナは、今や月世界のカリスマ歌姫に大出世し、息子を連れてツァーのため地球にやってきた。
彼女の12歳の息子・ハルトは、春都の幼い頃と瓜二つの少年で、彼の音楽やプログラムの才能までも受け継いでいた。春都を自宅に招いたアランナは、ハルトと日常的に性的関係を持っていることを見せ付けるようにほのめかす。
指紋認証が必要なマンションのセキュリティをパスし、DNAを基にしたコンピュータのセキュリティパスも通り抜けたハルトを見て、彼が自分とイネスとの子供ではなく、自分のクローンであることを確信する。

ハルト
「アランナがほしかったのは 息子ではなく あなたです
 あなたなしでは 生きる力がなかった」


幼児期から、「子供ではなく恋人として」扱われ、そのことに疑問を持たなかったハルトも、成長するにつれて苦しんでゆく。

ハルト
「ぼくはアランナの子供じゃない!
 遺伝的に赤の他人なんだ それなのに
 無力な赤ン坊として生まれ 彼女に保護されなくては生きられなかった そのことのために
 ぼくの中には頼みもしないインセスト・タブーがある!」
「わかりますか……この気持ち
 彼女を愛している この宇宙の中で一番大切なものです
 それなのに いやそれ故に
 あと少しで ぼくは彼女を憎むようになる
 子供をスポイルする母として
 自分か彼女か どちらかを
 必ず 殺すことになります」


春都
「ばかな!離れればすむことじゃないか」


ハルト
「あなたみたいに……?
 こんどこそ アランナは死にます
 それだって 殺すことに違いない」
「もう一つある
 -------また ハルトを産みなおすことだ
 もう…たくさんでしょう?こんなこと」


悩んだ末に、自らの去勢までも真剣に考えていたハルト。
アランナを春都との過去から開放し、またハルトをアランナから開放するため、春都はアランナと復縁して月で暮らし、ハルトはアランナたちと離れて地球で生活することとなった。

続編「楕円軌道ラプソディ」では、別居してとりあえずは独立安泰のハルトだが、生活が新しくなっても過干渉ぎみのアランナに閉口し、世話役の黒川氏に言う。

子供は放っておいても すぐ子供じゃなくなるよ
 でも大人ってやつはそうはいかない

 特に母親はさ 強制的に子離れを計画しないとね」


さりげないセリフだが、けっこう真理に迫っている言葉だと思う。
シチュエーションは随分違うけれど、まさに「産みなおす」という表現がそのままで、この言葉を思い出さずにはいられなかった。

先のスレの相談人に話を戻すと、「周囲の人間は誰もが『いい加減子離れした(息子は結婚・独立したし)』と思っていたのに、全然してなかった」というのも恐ろしいパターンだと震撼した。
posted by 大道寺零(管理人) at 11:09 | Comment(4) | TrackBack(0) | 2chスレッド
この記事へのコメント
(゚д゚≡゚д゚)エエッ!
どうして誰もコメントをしてないのっ???
楽しみにしてたのに〜。
だって、すごい内容だよ、あんまりスゴイから友達にもおしえちゃった!
自分が女だからかもしれないけど『息子とセクース』するなんて想像しただけでもキモイ(((;゚д゚)))ガクガクブルブル

実は元旦那の職場の人で母親とセクースしてる人がいたのです。
「彼女が欲しいのにできない」って悩んでいたから、
冗談で元旦那が「おふくろとやってたりしてんじゃね〜の?」って言ったら「あ、わかる?」って話を始めたんだって。
詳しい内容はキモイから「言わないで、聞きたくない〜」って断ったけど(元旦那は最後まで聞いたけど、吐き気がしたと言ってた)。
こういうのって、どちらが先に求めるんでしょう?!
私は去年まで本屋で働いてて、エロ系の雑誌を定期購読してる人のをパラパラ読んだのだけど。
男性向けのエロ漫画だと『若い継母とできちゃう』ってのが定番なんだ〜って知りました。
男の夢の世界なんでしょうか(さっぱり理解できませんが)。
で、そのエロ系雑誌を定期購読してたお客様の話なんだけど。
とにかく漫画の他に表紙が水着ならプロレスの本でも買っちゃう人だったんですよ。
あまりにもたくさん欲しい本があるので持ち帰れず、○○様用本棚が事務所にありました。
しかもこのお客様のお母様、息子に頼まれて本を買いに来たりおとり置きしに来たりとマメなんです。
ちなみに息子26歳、推定童貞、彼女いない暦26年。
あまりにも当たり前の様にエロ雑誌をカウンターに持って来て「これ、取り置き」って言うから慣れちゃったけど。
この人も怪しい雰囲気放ってました(ゾゾーっ)。

余談ですが。
零さんのブログってとっても面白くて、最近だと『明日のジョー』なんか最高に良かったです。
でも、この胸の高まりをどうコメントしていいのか分からず終わってしまったり…。
なので、コメントが無いものも皆さん楽しく読んでいるはずですよ〜と伝えたかったのです。
また色々教えて下さいね(*^o^*)
Posted by 力音 at 2007年05月09日 22:02
>>力音さん

多分、警告を見て読まなかった方、読んで引いた方が多いのと、なんかコメントしようがないんだと思います;

>実は元旦那の職場の人で母親とセクースしてる人がいたのです。

うへ;そっちのほうがキツい話かも…
しかも「あ、わかる?」ってその軽いノリは一体…
どちらから、というのはケースバイケースですが、多分親からというのが多いと思う。
例えば、いつまでも恋人が出来なくて不憫だとか、あるいは自慰の現場が見つかっちゃって「手助け」されちゃったとか…?

ただ、大事なのは、特に子供がまだ「セックスの何たるか」が分かっていないような状況で関係を作り出したりするのは、間違いなく「性的暴力」ということですね。

スレの相談者の場合、「寝ている間にキスされていた」なんてのはまごうことなき性的暴力です。

>男性向けのエロ漫画だと『若い継母とできちゃう』ってのが定番なんだ〜って知りました。

けっこう前からジャンルとして定着してますよ。必ずしも若くない場合もあったり。
今は姉や妹もけっこう主流で、そっちのほうは「義」が付かない場合もしばしば。

母親が息子のエロ本とか買いに来たり取りに来たりするのもまたすごいなあ…
それほど買ってくださるお得意様なら、配達してもいいくらいでしたねw

実は、この記事を読んでくれたある知人の親戚の家でも、祖母が息子に同じようなシチュエーションで同じような言葉(「私が産もうか?」みたいなこと)を言ったことがあるそうです(20数年前)。
あるところにはあるものなのか…と思いましたね。
ただその動機が、「どちらかといえば家の存続のため」な面が強い場合(旧家や家・血筋にこだわる事情のある家などにありそう)と、相談者のように、「まず息子萌えありき」な場合でまた違いがあると思います。
後者の場合、夫への恨みから、「誰かに女性として、誰よりも愛されたい」という妄執が第一にあって、息子の妻どころか自分の娘にまで嫉妬しているのが本当に気色悪いですね。
でもこれって、息子を愛しているようで実は「自分の所有物として」愛している、つまり愛しているのは自分だけなんですよね…

この記事を読んで色々考えるところあって、家庭内性的暴力について解説しているサイトを検索で見つけて読んだのです。
性的暴力の発端は、対象となる息子や娘を「自分を誰よりも愛してくれる、自分の所有する存在」とみなし、「対象の自我や性を持った人間として独立すること」を否定することにある。
だから、
「『大きくなったらお父さんのお嫁さんになる』という言葉に"本気で"喜んだ人は虐待予備軍かもしれない」
という一節を読んで、少なくともこの母親の場合にズバっと当てはまっているので驚いてしまいました…

いつも私の脈絡のない文章を読んでくださってありがとうございます♪
Posted by 大道寺零 at 2007年05月10日 03:54
 私は「暴君ネロと母アグリッピナ」を思い出してしまいましたが・・・あれは、母親が息子を完全支配するためにやったこと、でしたかね。支配欲が動機で、ケースが違うと。
 ここに出て来る母親は「浮気した夫への復讐」を動機に持っていたのだろうか?いや、違うか?結果的には、親父もボコボコにされてるわけですが。夫婦の間の諍いが、子供夫婦を徹底的に苦しめた。若い世代が何とか別れずにいてくれたのは救いです。
 「子供は自分の所有物ではない」のに、無理心中の道連れにするヤツもいる。私は精神医療に従事していますが、色々な事例を思い出しました・・・
Posted by ネコトシ at 2007年05月11日 01:17
調べてみると、ネロとアグリッピナの関係については、スエトニウスの「ローマ皇帝伝」が出典で、正確な真偽は不明のようですが、確かに多くの人が「母子姦」で思い浮かべる二人ですよね。
息子を再び自分の影響下に置きたい、また身分の低い女に渡したくないという嫉妬が記述どおりであれば、まさにこの相談者の母親に近いものがあると思います。
彼女は最期のセリフが実に衝撃的ですね。
(ちなみに今回、アグリッピーナ・コンプレックスという言葉と内容を初めて知りました)

>ここに出て来る母親は「浮気した夫への復讐」を動機に持っていたのだろうか?

さて、どうなのでしょうね…
長男が小さく、さらに次男を妊娠中という状態で浮気に走られたのは狂気の引き金になったには違いありませんが、復讐というよりは、「誰かに、誰よりも愛されていたい」とすがって自分のプライドのヒビを埋めようとしたのかなと思います。
しかし、小さい子が母親を無条件に慕うということ自体を利用し、恋愛感情と肉親の思慕の区別も付くはずもない子供の思いをいいように解釈し、成人後までも支配しようとするのはやはりとんでもない歪みですよね…

>若い世代が何とか別れずにいてくれたのは救いです。

本当に、読んでいてただ一点救われたところです。
肉親から性的な虐待や抑圧を受けた場合、「自分は汚らわしい存在」という認識を拭えず、性的に過度に自分を抑圧したり、逆に過度に奔放になったり、自分の存在意義や可能性を認められず、自傷に走ったりということがよく見られますよね。
読んでいて、そういう異常な親のもとで、よくぞ兄弟みんなここまでマトモな大人になったという思いでした。
ネコトシさんは、お仕事の場で本当に色々な事情に直面してらっしゃるのですよね。一昔前では想像も出来なかった事件が家庭を舞台に起こる昨今、対応する医療スタッフも大変でしょうね…
Posted by 大道寺零 at 2007年05月11日 21:11
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:[基本的に空欄を推奨します。詳細はこちらをご覧ください。]

ホームページアドレス:

(コメント投稿後、表示に反映されるまで時間がかかる場合がございますのでご了承の上、重複投稿にご注意ください。)
コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック