2007年06月05日

B-1グランプリの運営がひどかったらしい日記

「B級ご当地グルメの祭典」こと「B-1グランプリ」が富士宮市で行われ、「富士宮焼きそば」が2連覇を達成した…という話はネットニュースで数日前に目にした。
つい最近「富士宮焼きそば」という名前を耳にしたところだったので、「へ〜、そんなに人気があるのか」と聞き流しただけだったのだが…

実際その会場にお出かけになられたクマさんのBlogを読み、会場設営や運営に相当な不備があったらしいことを知る。
さらに、公式ブログに不満のコメントが噴出しつつあることも知り、一昨日あたりからそのブログや周辺掲示板をウォッチしていたのだが…

参考リンク:
「mark room」より 「運営がC級、B1グランプリ」
「さじかげんだと思うわけッ!」より「B−1グランプリの問題点を考える。」

クマさんの日記や公式ブログに並ぶ不満のコメントから、運営のマズさが具体的に分かってきた頃合、昨日の日付が変るあたり、もう一度公式ブログを見たらなんと、寄せられていたコメントが全て削除されていた。
(一応付け加えておくと、多くて50個程度のコメントがついた記事もあったけれど、「炎上」と呼べるような状況ではなく、どれも冷静な内容のものであった。)

ブログには「皆様からお寄せいただいた多数のコメントを厳粛に受け止め、第3回に生かしていきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いします。 」などと殊勝なことを書いてはいるが、開催終了直後にこんな行動に出て「臭いものにフタ」すればよいと思っているようでは、とても「皆様の意見を次回に生かす」気などさらさらないと宣言しているようなものだ。


たまたまその流れをほぼリアルタイムで見ていたのだが…
私は丁度、2chB級グルメ板内「B-1グランプリ」スレを見ていた。

*スレ住人、コメント削除に気付く。
238 :やめられない名無しさん:2007/06/05(火) 00:19:08 ID:TOmqi0BN
ttp://blog.livedoor.jp/b1grandprix/archives/50344487.html#comments
ブログのコメント全部削除されてる…
SPAMトラックバックは残ってるのに?????


*公式ブログに、以下のエントリーが投稿される。(記事タイムスタンプは00:22)
239 :やめられない名無しさん:2007/06/05(火) 00:24:35 ID:Z/ewSK9+
コメントについて
今回のB−1グランプリin富士宮について
多数の書き込みをいただいておりますが、
表示を控えさせていただきます。

コメントいただいた内容につきましては、
必ず読ませていただきます。
              (管理人)


----
都合が悪くなるとすぐこれだ。

240 :やめられない名無しさん:2007/06/05(火) 00:26:46 ID:TOmqi0BN
今コメント投稿してきたが、「管理人の承認後に反映」に変更されてた。
都合のいいものだけ表示する気だろ。


さらに「コメントを表示しない」エントリーは、次のように書き換えられた。(青字は追加部分)

コメントとトラックバックについて

今回のB−1グランプリin富士宮について
多数の書き込みをいただいておりますが、
表示を控えさせていただきます。

コメントいただいた内容につきましては、
必ず読ませていただきます。

トラックバックも同様とさせていただきます。

              (管理人)


「トラックバック」について追加されたのは、批判記事をトラックバックされることを恐れたためか、それとも2chスレッドを観察していて、>>238のトラックバックの指摘に反応したものかは分からない(多分前者なのだろうが)。

2chのスレと公式ブログを交互に見ていたのだが、「コメントを非表示にしました」のエントリーが書かれた際には、各記事は

・コメント数は表示されている(「comment(53)」のように)が、記事を表示するとコメントは表示されない

状態だったのだが、しばらくすると、

・コメント数も「0」と表示される

ようになった。

私はlivedoorブログの具体的な機能を知らない(コメント非表示機能は、上位サービスの「pro」で提供されている)ので、この「0表示」が、「コメントを全部消した」ものか、「単に表示していないだけ」なのかは判断できない(どなたかproをお使いでご存知の方がいらしたらご教授ください)。
しかし、批判コメントが出るだけ出てからこの処置、まるで「批判のコメントなどたいしてなかった」かのように見せかける対応は、伝え聞くイベント自体の運営のまずさよりももっとマズいものであろう。
見る限り、コメントの中には批判が多かったけれど、中にはイベントを楽しんだという感想や、運営側へのねぎらいのコメントもあったのだから、これはあまりに失礼というものだ。

これはあくまで邪推だが、コメント削除には、批判の多さに不手際を隠せないことを恐れたのもあるかもしれないが、こんな書き込みが影響していたのではないか。

226 :やめられない名無しさん:2007/06/04(月) 12:53:05 ID:we32ZW4p
投票方法に疑問!私、実は見ました。使ってない大量の割り箸を投票する
ところ。不正やりほうだいなんて悲しいです。

実際の販売数と完売時間が知りたいです。


http://blog.livedoor.jp/b1grandprix/archives/50344487.html#comments

*注:これは実際にBlogコメントにあった書き込み(私もこの目で確かに見ました)を、誰かがそのまま2chスレッドにコピペしたものです。URLはブログのエントリーへのリンクですが、上に書いたように現在は非表示設定(削除?)されて読むことが出来ません。魚拓

なお、2ちゃんのスレッドにも同様の書き込みがあった。同一の人かな?
186 :やめられない名無しさん:2007/06/03(日) 19:58:56 ID:qb5U75Ia
大量の箸の束をゴソッと押しこむおじちゃんおばちゃんを見なければ、素直に感心したのだが・・・
富士宮の人は地元大好きだからね・・・


B-1グランプリの投票方法は以下の要領だった
公式サイトの開催要項ページより)

【当日審査方法(投票・集計方法)】

来場者の箸による投票で、最も重量を稼いだ料理をグランプリとします。

●来場者は、会場入口で割箸を1膳受け取る。
●複数の料理を食べ比べしやすいように、各出展者のメニューは単品(ハーフサイズ)。
●来場者は、自分が食べた料理の中から、気に入った料理の投票箸箱に
 使い終わった箸を投票。その際、1膳2本を2票とし、2つの料理まで投票するこ とができる。

●獲得した箸の目方を計測し、獲得重量によって順位を競う。間違っても、本数は数えないこと。
●投票状況は、一日に何度か中間集計として発表する。


要するに、「割り箸が投票券代わり」となるシステムだ。
エコロジーな人が聞いたら卒倒するか血管切れるかどちらかのよう話だが、まあそれはそれとして。

この投票方法にも相当ザルな点が見られたようだ。
公式ブログのコメントにはこんな意見や報告もあった(もう見れないんだが…)

・箸は1人一膳=2本(2票)ということだったが、実際は料理を買うたびごとに箸が付いてくるので、そんなにいらないのに困ってしまった。
(未使用の箸をそこらに捨てている人もいたし、逆に不正投票やり放題でもある)

・会場混雑しすぎ、案内なさすぎ、客の動線を全く考えない会場配置などにより、「投票しようと思ったがどこが投票所だか分からず見えず、帰って来た」という意見が多かった。
また、投票所でも特に不正監視をするような人がいなかった。

・1人2票ではあったが、行列混雑が凄くて1種類の料理しか食べられず、そもそも比較評価が出来なかった。
食べていない料理に投票する人もいた。

・投票対象の参加ブースのほかに地元参加ブース枠があり、富士宮焼きそばはそこでも出店していたので、必然的に「とりあえず食べたから」ということで富士宮焼きそばへの投票が増えたのではないか。

・場所が狭く食べる場所がない、炎天下・また土ぼこりがひどかったため料理をテイクアウトにした人も多く、投票に繋がらなかった料理、箸も一緒に持ち帰ったケースが多かった。


さらに大会規定の、「本数ではなく重量」で結果を競うというのも非常に疑問である。
「誰かが料理を食べた後の箸(まあ要するにゴミだわな)」に触れたりするのは確かに衛生上の問題が大きいわけだが、規定内の

間違っても、本数は数えないこと。


という強調には何か不自然さを感じてしまう。
また、微妙な重量差かもしれないが、汁物などは箸に水分が沁み込むため有利になるのでは。
と思っていたら、やはり同様の不審さを抱いた人はいたようだった。
204 :やめられない名無しさん:2007/06/04(月) 00:07:27 ID:Rplm52Gg
そもそも、箸の本数じゃなくて重さで集計してるんだから、飲み残しの水とかそこらへんに転がってる石とか投票箱に入れればいくらでも票が伸ばせるよな。
「B−1グランプリ」スレより)


「さじかげんだと思うわけッ!」より「B−1グランプリの問題点を考える。」

投票は、店で渡される割り箸を投じる形で行われ、採点はその重さによるのですが、中には箸を使わずにさじや串で食べるものもあるわけですよ。カレーとか、やきとりとか。
はしを使えば、割り箸に水分がたまって重くなります。特に、やきそばとか水餃子とかはそうです。例え、微々たるものであっても、地域の威信をかけて行われる「競技」ですから、“微々たる誤差”でもあってはならないと思うのです。

特に↑の記事には同意。
集計の人手や時間をかけずに中間発表などをできるという利点はあって面白いシステムだとは思うが、やはり「お祭り」が主眼とはいえ、投票の結果を競うのであれば、せめて投票をキッチリ監視する+料理によって重量に差が出ないようなアイデアを用いるべき。
それができないならば「お祭り」に徹底し、順位などつけないほうがよっぽどいいだろう。

まして、「投票所が分からない」ようなまずい運営では、投票管理以前の問題というものだ。
(注:前回は「優勝した地区が次回開催地」というルールであったが、次回は久留米に既に内定している。)

富士宮焼きそば2連覇は地元開催のホームサイドディシジョン、出来レースではないかという声もある。
私は実際にその場に行ったわけではないし、そもそも富士宮焼きそば自体食べたことがないのでなんともいえない。
前回大会開催は八戸で、地元のせんべい汁を破っての優勝だったのだからそれだけの魅力はある食べ物なのだろうと思う。
こうした不明瞭・不透明な投票方法でかえってイメージダウン(少なくとも現地に行った人やネットで状況を見ていた人間にとっては)を招いたような気もするがなあ。

まあとりあえず言えることは、こんな管理や後手後手のコメント封殺しかできないようであれば、最初から「公式ブログでございます」なんてやらなければいいし、その前に随分と情報不備で不満が出ていた公式サイトの充実に力を向けたほうが良かったんじゃないかと…

「投票結果などのブログでの更新が遅い」という批判もあり、まあそれはある程度仕方がないんじゃないの、と思ったのだが、よく見てみると、ブログ管理を任された人は、公式ブログは放置しても自分のブログ(八戸せんべい汁陣営)は更新していたり…それじゃやっぱり批判もやむなしだろうなあ。
運営側としては「多少おしかりも受けましたがシャンシャンで楽しく終了しました!」と締めくくるためにコメントを消しておきたいのだろうけど、そういう意図があまりにもミエミエだと、こちらもできるだけログを残しておきたいという気になってしまうんだなあ。既に個人ブログや掲示板には運営側の手が届かない批判記事が出てきておりますよ?特に実際足を運んだ方の体験談は何よりリアルですよ?

もし自県内でやってたら、多少遠くても足を伸ばしたいという気が起きる程度には魅力のあるイベントだと思うので、傍で見ていてなんか残念な気もしますな。

一応投票結果はこちら


posted by 大道寺零(管理人) at 07:28 | Comment(6) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
なんというか・・・アフォですかな?その運営者??
ドコモCMと同じような臭いを感じる。
せめて、販売数とか食べた皿のみ入れるとかにすればいいのにね?
ちゃんと投票所に人置いて監視するとかしてれば、不正も起きないと思うのだけどなぁ・・・監視員とかちゃんと動員すれば、食べずに捨てる人とかも判明して無効票にできるわけだし・・・
この記述を見ただけだが、やり方に粗がありすぎてなんとも言えん。
Posted by しろ at 2007年06月05日 08:58
>>しろさん

こんにちはー。遅くなりましたが蜜月旅行からおかえりなさいまし。おめでとうコメントを入れそびれてすみません。

>ドコモCM

私はユーザーじゃないけど、携帯に乗り換えるならDOCOMOだなーとずっと好感を持ってました。ソフトバンクみたいな変なCMをやらないところも好きだったんですけど、今回のは…
やたらエラそうな上に、タレントのギャラだけ豪華に使って内容スカスカですしね〜…

ここの運営は基本的に非営利ボランティアなので、何から何までカンペキにと言うことは誰も求めていないと思うのですが、だからこそ利用者の身になったぬくもりのある運営を期待されてたはずなんですけどね…
ブログのコメント封殺は本当に最悪ですね。

>やり方に粗がありすぎてなんとも言えん。

以前八戸で第1回大会をしているはずなのですが、その反省が全く生かされていないようです。
せめて誰かその場にいればそういう不正疑惑行為などもなかったと思うのですが…
入場の際に投票券的なものを渡すとか、外部から持ち込めたり一人何個も持てるようなものでなく。
Posted by 大道寺零 at 2007年06月05日 14:13
ああ、返す言葉が無い。orz
ホント、グダグダで静岡体質(特に富士宮人)が悪い方に出てしまった気がします。
投票所には係員がいたのでゴミ等を入れるという不正(串やスプーンは本部で箸に交換しますと貼り紙がありました)は出来ないと思いますが、外部から持ち込める割り箸が投票券と言うのは失敗でしたね。
せめて箸袋(1日目と2日目で色を分けるとか)にするとか「B級料理を食べたいだけの人」「企画に参加して投票したい人」を分けた方が不満が出なかったのでは。
100円ぐらいなら入場券代わりの投票券を買う人だっていたと思うのに。

擁護するわけではないですが、いままでも他の地域のやきそばや焼きうどんと戦っていい結果を残してますし、富士宮やきそばは結構美味しいですよ。
ただし「自分で作ったやきそば」が一番ですけど。
Posted by クマ at 2007年06月05日 17:36
>>クマさん

>投票所には係員がいたのでゴミ等を入れるという不正(串やスプーンは本部で箸に交換しますと貼り紙がありました)は出来ないと思いますが

そういう対策は一応あったのですね。ありがとうございます。

このイベントは入場無料で、券などがなかったため、半券を投票券にするなどのこともできなかったんでしょうね。管理のクオリティやパンフレット印刷代などのために、おっしゃるとおり100円くらいの入場料があっても悪くなかったと思いますが、それだとまた人員が必要になる&人の流れが滞るで大変なのかしら…

>いままでも他の地域のやきそばや焼きうどんと戦っていい結果を残してますし、富士宮やきそばは結構美味しいですよ。

ええ、そうでなくては前回の八戸大会で優勝するということもなかったでしょうし、ここまでの知名度にもならなかったと思います。
実は、富士宮やきそばを食べさせる店が隣町にできたらしいので、今度通りがかることがあったら試してみようかと思ってます。
Posted by 大道寺零 at 2007年06月06日 10:13
 はじめまして。markと申します。
 このたびは、トラックバックをいただき、ありがとうございます。
 スパムトラックバックが多かったため、ブログでの表示に時間がかかってしまったこと、お詫び申し上げます。

 公式ブログの存在は知りませんでしたが…どうやら、本当に運営陣は「C級以下」だったようですね。
 都合の悪い意見には耳を貸さず、単に入場者と売上だけで「成功」と称する姿、目に浮かびます。
 箸の重さも、こんな不正まで行われた「優勝」に、果たして価値があるのだろうか…と、疑問に感じずにはいられません。
 アイデアとしてはいいのかもしれませんが、それを実行に移す際に、起こりうる問題を全く予期していないと、こういうことになりがちだと思います。
 スタッフのレベルも、非常に低かったですし…同じボランティアということで、コミケット辺りで修行を積んだ方がいいと思いました。
Posted by mark at 2007年06月07日 22:31
>>markさん

はじめまして。お越しいただきましてありがとうございます。
こちらこそ、トラックバックのみでコメントもせず、失礼いたしました。

> アイデアとしてはいいのかもしれませんが、それを実行に移す際に、起こりうる問題を全く予期していないと、こういうことになりがちだと思います。
 スタッフのレベルも、非常に低かったですし…同じボランティアということで、コミケット辺りで修行を積んだ方がいいと思いました。

同じ場所、同じ幹部スタッフで場数をこなせば、おのずからクオリティは上がっていくのだろうと思いますが、開催会場が持ちまわり制というのは、せっかく得たノウハウや反省がそのたびにリセットしてしまうので危惧されるところかと。

今回は首都圏からも行ける開催地ということで来客数が膨れ上がったのでしょうけど、そこまで見通してこそ「見通し」ですよね。
1回と2回の間に宣伝に躍起になったわけですから、当然レスポンスも考慮すべきだったと思います。
Posted by 大道寺零 at 2007年06月08日 17:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:[基本的に空欄を推奨します。詳細はこちらをご覧ください。]

ホームページアドレス:

(コメント投稿後、表示に反映されるまで時間がかかる場合がございますのでご了承の上、重複投稿にご注意ください。)
コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック