2007年06月11日

コンドルズのあの人日記

先週末のNHK「芸術劇場」内において、10分程度の「コンドルズ」紹介特集あり。
「サラリーマンNEO」の「サラリーマン体操」で初めて彼らを知り、「最初はお笑いユニットかと思ったがどうやらダンスユニットらしい」という程度しか知らなかったので楽しめた。もう少し舞台の様子を見たかったが…

一番の驚きは、「コンドルズのメンバーは全員が専業のダンサーではなく、本業を別に持っている人もいる」という部分。
「サラリーマン体操」においてピアノを弾くあの人、そう、誰もが最初「えっなんで筧利夫がピアノ弾いてるの?」と目を丸くするほど筧似のあの人、石渕聡氏(「NEO」番組サイトのFAQにまで載っているって、大東文化大学と早稲田大学で教壇に立ってたとは…知らなかった…

そして、公式サイトのメンバー紹介ページの写真はたいして筧似ではない不思議。


posted by 大道寺零(管理人) at 13:33 | Comment(3) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
>コンドルズ
 映像で公演を何度か見た程度ですが、様式やテクニックではなく、創作ダンスのさらに凄いところで男だらけのかっこよさを追求するところに痺れますな。
 男だらけのユニットとなると女性向けに容姿の整った者が集められたりとなりそうですが、バラエティ豊かなメンバーが躍動する姿に、心から踊ること好きなんだなぁと感動すら覚えますよ。

…ただまぁ、演舞の合間合間にダンスと同じくらいの尺を用意して披露される、コントのパートはどうしたもんかなぁ、とおいらは思ってしまうとこですが。
Posted by 鳥酋長 at 2007年06月11日 21:16
「サラリーマン体操」は大好きなんですが、コンドルズは苦手なんですよ。実は。

ダンナが好きで、仕方なく一緒に観に行ってるけど、信者と化した観客が多くてひいてしまいます。
ちなみに筧利夫さんのいた第三舞台もそんな感じでした。

ダンスユニットとしては近藤さんが圧倒的に上手いので、彼が踊るとどうしても他が下手に見えるし、コントに関しては鳥酋長さんと同意見。
でも観客には大うけなんだけどね。

まあ、ツボが違うだけなんでしょう。
チケットはどこでも完売だし。

ただ近藤さんの踊りに対する情熱は本当にすごいと思います。踊りの持つすばらしさを常に周りにアピールし、仙台でも初心者対象や小学校教師対象のワークショップをよくひらいています。参加した友人は近藤さんを絶賛してました。

そう考えるとコンドルズはダンスを一般の人にも身近に感じさせる為の手段なのかも。
Posted by 文月奈緒子 at 2007年06月11日 21:58
>>酋長さん

>男だらけのユニットとなると女性向けに容姿の整った者が集められたりとなりそうですが

確かに。むしろカンペキなイケメンを見つけるほうが難し…とまでは言いませんが、「ダンサー」の常識からはかなりはずれた体型・髪型の方が多いのには驚かされます。
「サラリーマン体操」に出ているメンバーはみんな額が来ているので、最初は「メンバー皆薄毛」をコンセプトにしたお笑いユニットだと思ってました。お笑いなのにずいぶんキビキビ動くなあ…とも。

>演舞の合間合間にダンスと同じくらいの尺を用意して披露される、コントのパートはどうしたもんかなぁ

番組でもちょこっとだけ紹介されてましたが、瞬間的な映像なのに、見ていていたたまれなさを感じてしまいました。やっぱりそうか…

>>文月さん

>コンドルズは苦手なんですよ。実は。

そうだったんですか!日記を読むと「サラ体操」を相当楽しみにしてらっしゃるようなのでてっきり好きだと思ってました。

>ダンスユニットとしては近藤さんが圧倒的に上手いので、彼が踊るとどうしても他が下手に見える

コンテンポラリーの良し悪しは全然分からないのですが、チラっと見た限りやはり同じように思いました。あのレベルのばらつきも味なのかもしれませんが。

>踊りの持つすばらしさを常に周りにアピールし、仙台でも初心者対象や小学校教師対象のワークショップをよくひらいています。参加した友人は近藤さんを絶賛してました。
そう考えるとコンドルズはダンスを一般の人にも身近に感じさせる為の手段なのかも。

踊りに対してとても精力的な部分も伝えられてましたが、地方まで回ってるんですか〜。
「メソッドより体を使って表現する楽しさを伝えたい」という姿勢は、トークなどからもビシビシ伝わってきました。
そうですね、きっとコンドルズは「最大のアピール手段にして原点」なのだと思います。
Posted by 大道寺零 at 2007年06月12日 10:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:[基本的に空欄を推奨します。詳細はこちらをご覧ください。]

ホームページアドレス:

(コメント投稿後、表示に反映されるまで時間がかかる場合がございますのでご了承の上、重複投稿にご注意ください。)
コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック