2007年08月02日

当て逃げ犯書類送検日記

以前巷の一部を騒がせた例の当て逃げ犯が(ようやく、というべきか)書類送検。
「人に車を貸していたけど誰だか分からない」と言い張っていたけれど結局は嘘で、運転していたのも本人だったとのこと。

当て逃げ男を書類送検=「ネット公開」で騒ぎ−結局は否定の本人・警視庁(時事ドットコム)

 追い越しざまに車をぶつけ、逃走したとして、警視庁竹の塚署は2日、道交法違反(当て逃げ)の疑いで、埼玉県川口市の男(29)を書類送検した。男は容疑を認め、「迷惑を掛けた」と話しているという。
 調べによると、男は昨年10月26日夜、東京都足立区入谷で、車を運転中、都内の男性会社員(31)の車の前に割り込もうとして前部に接触し、逃走した疑い。
 その後、男性が車載カメラで撮影した接触時の動画をインターネットで公開。ナンバーなどから車が割り出され、男の個人情報がネットに掲載され、勤務先の自動車修理会社に抗議の電話が殺到するなどの騒ぎになった。
 同社は「被害者や関係者へ迷惑を掛けた」として、男を解雇した。
 同署は事故直後、男性から動画の提供を受け、男から事情を聴いたが、男が「車は貸していた」と否定していたため、確認に日数がかかったという。


いつも思うんだけど、「個人情報がネットに掲載され」という記述は、「ネットイナゴがスネークして調べ上げて晒し上げた」という印象をリードするので正確に書いてほしい。
少なくともこの件に関しては、自分からmixiに載せていた情報(被害者や警察を嘲笑するような内容までも)ばかりなんだから、「自らが公開していた情報を転載され」と正確に書いてくれないものか。

本来ならば、一般人の当て逃げなんてよほどのことがない限り地方紙やローカルニュースにも掲載されない程度のものなのに、嘘で固めて逃げようとしたばかりに全国的に報道されてしまうとは自業自得というか、結局はずいぶんと損な事をしちゃったんだねえ…と思う。
同時に「警察が被害者が捜査を願い出た段階できちんと対応していればこんなに大騒ぎには…言い換えられるわけで、そういう目で見れば加害者もある種「怠慢警察の被害者」と言えるのか?
「ここまでしなければ逃げ得で済まされていた」訳だし…

ともあれ、これでどのような法的処分が下されるかは司法に委ねられた以上、出た判断が軽いの重いのと部外者が言うようなことではないだろう。
道交法117条の定める轢き逃げ・当て逃げの罰則は「5年以下の懲役または50万円以下の罰金に処する」。これは轢き逃げをも含む処分を定める項なので、例の一件の場合、被害者の車の損傷度合いや後遺症なども比較的軽微のようだし、「逃げた」「嘘をついた」行為の悪質さを含めても、多分「それだけかよ!」と言われる程度の処分になる可能性が高いような気もするが、「本人が容疑を認めた」「書類送検に至った」という点が重要なのだろうし。


posted by 大道寺零(管理人) at 16:35 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
警察と言うところは自分達が捜査をして見つけ出し立件した事実でないと動きません。
もちろん無罪でも何でも、逮捕すると決めつけたら何でもかんでも逮捕しようとして一生懸命に動きます。
一昨年から秋葉原界隈で大人しそうな奴をバンカケし刃物が出てきた微罪逮捕すると言う事を繰り返すように。
(−ドライバーや刃物を持っていたら十徳ナイフやカッターでも逮捕し、銃刀法での検挙者を稼いで居ます。たとえ不起訴になっても逮捕した件数は残りますし)
今回のように被害者がこれこれこういう証拠だと出した場合はもの凄く動きが悪いです。
被害者の弁を見ると警察は証拠を消そうとすらしている節があります。
何かスッキリしません。
たぶん被害者の方にも何か落ち度があるとか言わせて煙に巻こうとしたんでしょう。
難しいです。
Posted by 風 at 2007年08月02日 21:44
>>風さん

もう今回の件は、「あんまりネットとか問い合わせがうるさいからしょーがねーな」という感じでものすごく思い腰を上げたというのが見え見えでしたねえ…
加害者が罪を認めずにバックレきったり、壮健に至らないよりはずっとマシなわけですが、「これだけの証拠があってもこんなに時間がかかるのか」というのが多くの人の感想でしょうね。
ドライブレコーダーのような、新しい方法で記録・提出されるデータの扱いや検証について、把握している人はごく一部で、あとはしどろもどろか、「わからんからスルー」という層が多いことも伺えますね。

>たぶん被害者の方にも何か落ち度があるとか言わせて煙に巻こうとしたんでしょう。

被害者ブログは今見られませんが、同様のことを言われたという文章を読みました。
しかし、「当て逃げされても仕方のない落ち度」などあるはずがないのですが…
Posted by 大道寺零 at 2007年08月03日 02:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:[基本的に空欄を推奨します。詳細はこちらをご覧ください。]

ホームページアドレス:

(コメント投稿後、表示に反映されるまで時間がかかる場合がございますのでご了承の上、重複投稿にご注意ください。)
コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック