2007年08月07日

作品名くらいは正確に日記

コメント欄が荒れかかっているようで、正直叩くほどの内容でもなくたわいも無い文だと思うけれども、ツッコミどころが多いのは確かだなあ。

『 GHOST IN THE SHELL 』(吉野紗香の黄色いお家 Diary room)
まだ観てなかったの?!って感じなのですが、遂に観ました。
『GHOST IN THE SHELL』
こんなに魅了された映画は初めてでした。

アニメーションですが、あえて映画と言わせて下さい。
『マトリックス』のウォシャウスキー兄弟が刺激を受けたと

言う本物
を、私も観てしまいました。
本当に本当にかっこいい!!本当に本当におもしろい!!

そして芸術的で奥が深くて繊細で完璧でした。。。
続編の『イノセンス』も観たし今は元の
『功殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX』を待ち望んで観ています。
シリーズ物なので、観るペースを一歩一歩にしてます。。。
DVD BOXも購入したのですが、

中々届かなくて結局借りて観てます(苦笑)。。。
全部映像で見終わった後は、漫画で観たいと思います。
もし実写で映画化される事なんてあったら、是非是非、
主人公の草薙素子を私がやりたいです!!

その為にも今から肉体と精神を鍛えねば!!
ファンと言うか私の人生に無くてはならない生活の一部になりました。。。☆"


まあ、よせばいいのに「草薙素子を演りたい」とか身の程知らずなことを言って白い注目を集めつつあるらしい。
いや、十分美人さんだと思うけれども、どちらかというと丸顔だし、少佐のイメージとは対極にあるので「ハァ?」という反応になっちゃっているのだとか。

私はそういうことよりも、「絶賛している割には理解度というか、基礎的な部分の把握がなんだかなあ」という点で、いくつか重箱の隅が気になった。

アニメーションですが、あえて映画と言わせて下さい。


この人の中では、アニメは映画じゃないのか?
もしかして「アニメ」と呼ばず「テレビまんが」とか言ってた大昔の感覚なんだろうか。何十年前だ。でもその頃から既に「まんが映画」みたいな言い方はあったがなあ。
この部分に「アニメというジャンル全体を蔑視している」という感想を持つ人がいるのは当然だと思う。
「実写やSFXを駆使した映画に負けない表現力とリアルさ」を言いたかったのかもしれないが。

『マトリックス』のウォシャウスキー兄弟が刺激を受けたと言う本物


こういう「枕」も、なんか無性に余計だなあと思う。

今は元の殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX』を待ち望んで観ています。


何を指して「元の」と言っているのかが素でわからん…(その上字も間違ってるし)劇場版を見て面白いと思い、DVDを取り寄せるくらい好きならば、当然製作年度くらいは分かってると思うんだが…
単に文章が下手な人なんだろうか。

この日はちょうど夜にBSの「押井守特集」で「GHOST IN THE SHELL」を放送した日で、まさかそのタイミングに合わせたわけでもないだろうとは思うが、オタク層にアピールするような内容の記事で中途半端なことを書くとかえって反感を招くということを考えてもっと慎重に書くか、誰か推敲してやればよかったのかもしれない。


草薙素子を演じられる女優って誰かいるだろうか。
「ウルトラヴァイオレット」や「バイオハザード」のミラ・ジョヴォヴィッチを挙げる人がけっこう多く、写真などを見ればなるほどなぁとも思う。
あえて日本人で…と探すとなかなか難しいのだが、演技や声などをさっ引いて考えると

・昔の志保美悦子
昔の真理アンヌ
 (ちとバタ臭すぎるかもだが、「殺しの烙印」の頃の雰囲気とかけっこういいような。何よりこの尻と太腿のパツパツ具合がよろしい。)

昔の女優さんでまだ色々いそうな気もするんだけどすぐには思いつかない。
あくまで現在で、というのならやっぱり栗山千明あたりになるのだろうか。


posted by 大道寺零(管理人) at 12:00 | Comment(3) | TrackBack(1) | 日記
この記事へのコメント
ミラの出てる映画「ウルトラ・バイオレット」はまさに少佐ってかんじですよ。似合いすぎです。

http://www.youtube.com/watch?v=stdjDsnDv4U
Posted by 1031 at 2007年08月07日 18:18
シャーリーズ・セロンの「イーオン・フラックス」が
かなりはまってると思いました。
http://www.aeonflux.jp/

日本人なら、黒木メイサか緒川たまきを推します!
Posted by 鉄郎 at 2007年08月07日 22:11
>>1031さん

ミラ・ジョヴォヴィッチは、その映画のためにかなりハードなトレーニングをしたそうですね。あえて言えば胸がやや残念ですが、雰囲気いいなあと思いました。

>>鉄郎さん

>シャーリーズ・セロンの「イーオン・フラックス」

あぁ、それですそれです!一度どこかでパッケージの写真見て「おっ」と思ったことがあるのですが女優名も作品名も覚えてなくて…スッキリしました!
Posted by 大道寺零 at 2007年08月08日 14:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:[基本的に空欄を推奨します。詳細はこちらをご覧ください。]

ホームページアドレス:

(コメント投稿後、表示に反映されるまで時間がかかる場合がございますのでご了承の上、重複投稿にご注意ください。)
コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

吉野紗香
Excerpt: 吉野紗香吉野 紗香(よしの さやか、1982年5月14日 - )は千葉県千葉市(公式プロフィールでは東京都)出身の俳優|女優、女性タレント。血液型A型。所属事務所は..
Weblog: あみのブログ
Tracked: 2007-08-18 02:57