2008年04月14日

司令の半生WEBサイト

薔薇園さんの日記で知ったんだが、「エア新書」なんてサイトがあったんだねぇ。
そもそもエイプリルフール向けの企画だったらしい。3月のうちに知っていればなあ。

そんなわけで機を逸したものの、せっかくなので出版してみた。

http://airbook.jp/AirSIN/4024

何かイイ感じの本を出版した方は、ご自由にURL貼って行ってください。
(ブログパーツ貼り付けはできないのでご注意)



posted by 大道寺零(管理人) at 20:30 | Comment(4) | TrackBack(0) | WEBサイト
この記事へのコメント
うわ、こんな面白いものが!
ついつい、隼人の著書にスターを一個入れてしまいました。
残され人生…。OTZ がなんて似合うんだ、このタイトル。

と言うわけで。
http://airbook.jp/AirSIN/4056
Posted by カゼ at 2008年04月14日 22:33
うちのサイト用に作ってみました
教えていただいてありがとうございます

http://airbook.jp/AirSIN/4112

ピカソもライダーズみたいにアーチスト本が出るといいのになあ・・・


Posted by satoyoco at 2008年04月15日 12:28
私も一冊
http://airbook.jp/AirSIN/4121

売れる訳ないとわかってても自費出版したい人の気持ちがわかりますね。
Posted by 末期ぃ at 2008年04月15日 14:05
>>カゼさん

いつも言ってますが、よもやあの自信家キザ男が、ゲッター世界で一番お気の毒な人間になるなんて、アニメ放送当時は予想もしませんでしたからね…

>竜馬新書

副題に吹きました!というかこの本、実に読みたいです。
チェンゲでは、A級刑務所の中で味わった「地獄の体験」がもとで「隼人(と早乙女)うらみまーすー」状態に突入しているわけなんですが、具体的に「どんな地獄を見たのか」ということは何一つ語られてないんですよね(監督が変わらなかったら描く予定だったのかもしれませんが…)。だから純粋に知りたいな〜と思うんですよ。多分、ねじりん棒とかのレベルじゃないんでしょうし。(…まあ二次創作的には大体相場は固まっているわけですが…)

>>satoyocoさん

ピカソというと、「めぞん一刻」の音楽しか浮かんでこない私です(すいません…)
ライダーズの本と言えば、昔詩集が出てからかなりアルバムいっぱい出ましたし、そろそろ再び詩集出してほしいかなと思ってます(勿論それ以外でも大歓迎ですが)。

>>末期ぃさん

>売れる訳ないとわかってても自費出版したい人の気持ちがわかりますね。

私も若いころは何度か「新風舎から本出すのっていくらかかったんだろ…」と広告を見るたびに気になったことがある人間なので…w
結構こんな風にしてそれらしい表紙を作るだけで何割かは気持的に満たされるものがあるのかもしれないですね。人によってはなおさら刺激されるかもしれませんが、今は同人誌もかなりお得に刷れますし、ブログ本製作も簡単に申し込めますしね。
Posted by 大道寺零 at 2008年04月16日 18:02
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:[基本的に空欄を推奨します。詳細はこちらをご覧ください。]

ホームページアドレス:

(コメント投稿後、表示に反映されるまで時間がかかる場合がございますのでご了承の上、重複投稿にご注意ください。)
コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック