2008年05月29日

ビジネス最前線特捜最前線

日頃特捜最前線好き好きと叫びながら、BOX5の予約をすっかり忘れてしまっていて先日慌てて購入しました。Amazonでまだ20%引いててくれて助かったー。


特捜の放映が終わるあたりの時期?に、社員教育用に東映が発注を受けて作った「ビジネス最前線」という4本組のビデオがあったという話は一応聞いたことがあった。
「特捜最前線の出演陣と製作陣が手がけた」というのを押し出して宣伝したそうだが、実際にレギュラー陣から出演したのは
・二谷英明
・本郷功次郎
・横光克彦
の3名
のみで、まあ確かにセットさえ変えればすぐにいつもの衣装・ヘアメイクのままサラリーマンにシフトできる無難な3人ではある。

特捜最前線情報サイトの古株である「Mechanical Town」内の紹介記事はこちら。

当時セルビデオは高価(1万円台〜2万円近いものも普通にあった)とはいえ、4本組148,000円はかなり強気な価格設定…ということぐらいしか特に語ることもない内容らしいが。

本編はともかく、是非一度聞いてみたいと興味をそそられるのが、主題歌「戦士のバラード」。しかも歌うのが横光克彦。聞きたいなぁ。
歌詞もなかなか、いかにも従順な社員を量産したいという意図がモロで香ばしい。なんと楽譜つきで紹介されている。
楽譜付きということは、まさか富士の裾野新入社員合宿の「朝のつどい」とかで歌わせる気なのだろうか…

1.
嵐が去った後の オフィスの窓に
ケヤキの若葉が まぶしい
課長の冷たい一言に 握った拳が震えた
怒りも涙も虚しさも 時の流れに消えてゆく
人は 叱られて育つ

もう 甘い男ではない
獲物を狙う 目が光る

野武士のように 鍛えられた戦士

2.
朝のドアを開けると 白い花瓶に
コスモスの花が 哀しい

部長のさりげない励ましに 背広の胸が弾んだ
喜びも笑いも優しさも 分かち合える時が来る
人は 組織が強くする

もう 甘い男ではない
荒波ついて 舟を漕ぐ

ナイトのように 鍛えられた戦士


「白い花瓶に〜哀しい」のくだり、なんか誰かがストレス極まって自殺したか、過労死したかのように読めてしまうのは私だけ(それなら菊か…)だろうか?別に哀しがらなくていいと思うの。
posted by 大道寺零(管理人) at 00:29 | Comment(2) | TrackBack(0) | 特捜最前線
この記事へのコメント
実はみたことがあります。2本。

特捜の雰囲気に爆笑で、内容なんかどっかに吹っ飛んでしまいました。

刑事ドラマ風のオーバーなリアクションは必見です。
エンディングも雰囲気ぱくりまくり。

Posted by まお〜 at 2009年07月21日 10:34
>>まお〜さん

こんにちは、コメントありがとうございます。
なんと!このレアなビデオを二本ともご覧になられたんですか!それはすごいというか羨ましいですねえ。
コメントを拝見してますます一度見たくなってしまいました。どこかの会社がブックオフあたりに処分してくれないものか…
Posted by 大道寺零 at 2009年07月21日 21:55
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:[基本的に空欄を推奨します。詳細はこちらをご覧ください。]

ホームページアドレス:

(コメント投稿後、表示に反映されるまで時間がかかる場合がございますのでご了承の上、重複投稿にご注意ください。)
コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/98354819

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。