2008年05月31日

第91話「交番ジャック・4人だけの忘年会!」特捜最前線

この話に出てくる迷子役の子供が手に持っているのがコン・バトラーVのでっかい玩具で、しかも作中で口ずさむ歌が「鋼鉄ジーグ」のOPというのが印象に残って仕方がない。
どちらも東映関係の作品なのでタイアップかと思いきや、
91話の放送日は1978年12月27日。
鋼鉄ジーグの放映期間は1975〜1976年、
コン・バトラーVの放映期間は1976〜1977年とちょっと前の作品なので、タイアップ的なものというよりは、「手近なところにあったロボット玩具をちょっとつまんできた」だけなのかもしれない。
今と違って、当時はアニメのビデオソフトなど販売していなかった(というよりビデオ自体が普及していなかった)ので、番組関連の物販は放映期間中に玩具やレコード・文具などをどれだけ売り上げるかにかかっていた時代だったので、2,3年前の作品をタイアップに出すということはまずない。
という以前に、画面で玩具を見てほしがる子供視聴者層は特捜最前線を見ていないわけ(昔の子供が寝るのは早かったので、10時になれば小学生はまず布団の中だった)なのだが…


ちなみに容疑者役は風戸佑介(ジャッカー電撃隊のクローバーキング)、交番巡査の役で成川哲夫(スペクトルマン)が出演しており、特撮出演経験者の多さで知られる特撮にあって、特に東映色が強い話と言えるかもしれない。

話の内容は徹頭徹尾切なく、不幸な境遇にめげず真面目に頑張っていた青年が、ちょっとしたミスと重要な約束が迫るプレッシャーから追い詰められ、連鎖して望まない罪を重ねて行ってしまうという物語。
罪状が追加されるたびにタイプされるテロップに、見ていて「ああああああ〜」と声が漏れてしまう。

BOX6には、随分と年末話が収録されているのだが、どれも秀逸で、やるせなさ指数がかなり高い。
・90話「ジングルベルと銃声の街!」
・143話「殺人伝言板・それぞれのクリスマス!」
posted by 大道寺零(管理人) at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 特捜最前線
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:[基本的に空欄を推奨します。詳細はこちらをご覧ください。]

ホームページアドレス:

(コメント投稿後、表示に反映されるまで時間がかかる場合がございますのでご了承の上、重複投稿にご注意ください。)
コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/98741593

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。