2008年06月03日

変にひねくれた記事水曜どうでしょう関連

大泉洋先生が出ている映画「アフタースクール」が、小規模上映なのになかなか人気を博しているそうで何より。庄内ではやらんのよねぇ…

それはいいとして、ゲンダイネットの記事がなんか下世話と言うか妙にイガイガした表現で気になった。
(引用先はエキサイトニュース)

地味な謎解き映画が異例のヒット!!大泉洋の快哉が聞こえる

 大泉は今クールの日本テレビの連ドラに蒼井優との共演で出演するはずだった。だが、企画されていた「悪魔くん」の内容に蒼井サイドが難色を示してポシャってしまった。結局、蒼井主演の「おせん」が放送され、大泉は1回のゲスト出演のみになった。その「おせん」は1ケタ視聴率が続いて苦戦している。大泉は、「見たか、蒼井優!」と叫んでいるかもしれない。


「おせん」のいきさつは別の記事で見たことがあったが…
この記事書いた記者は大泉洋に悪意があるんじゃなかろうか。
大泉さんはそんなこと言いませんよ。
どうでしょうさんの副音声ならまだしも。





「練り込まれた脚本や痛快な謎解きが公開前から密かに話題になっていましたが、主要キャストは大泉、佐々木蔵之介、堺雅人と地味。大作ではないから大々的な宣伝は展開できず、コケるという声もありました。そんな中、大泉は普段は出演しないバラエティーにも顔を出して必死に映画をPRした。それが報われました」(マスコミ関係者)


確かに5月後半は、ほぼ毎日のようにあちこちの番組で宣伝していたけど…
「普段は出演しないバラエティー」ってなんだい?こんなにバラエティーあっての人もいないと思うが…

本土的にはドラマの割合が急上昇しているけど、それにしたってコンスタントにバラエティには出ている(全国ネットではドラマの宣伝的なことが多いが)わけだが…
それに堺雅人も佐々木蔵之介も、いまや十分に「人気俳優」カテゴリだと思う。芸能界に疎い私がそう感じるくらいだし。
posted by 大道寺零(管理人) at 21:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 水曜どうでしょう関連
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:[基本的に空欄を推奨します。詳細はこちらをご覧ください。]

ホームページアドレス:

(コメント投稿後、表示に反映されるまで時間がかかる場合がございますのでご了承の上、重複投稿にご注意ください。)
コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/99195100

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。