2008年01月05日

献血できない人間が「血の一滴」について考えてみた(2)日記

私は、「血液に代価が支払われる状況」が即「安全な血液供給の崩壊」と直結するとは思わないが、かえってロス(採った血液そのものという意味でも、検査の手間隙と費用という意味でも、またそのシステムを作り出すコストという意味でも)が出るのではないかとは考えている。
それについてはまた次稿で詳しく考えを述べるとして、とりあえずは「献血」という、完全ではないかもしれないがそれなりに変遷を経て方法論や周知の確立された無償の血液供給システムが現時点で存在し、それなりに運営されているのだから、とりあえずはそれを利用する方向で、

・アリモノと、献血に応じる人間の志をいかに活用し、供給を増やすにはどうすればいいのか
・献血者数が減っているのは事実なのだが、その要因は何か、対策として何をすべきなのか
・木公さんのブログにおいて、献血者の減少が輸血可能人数の減少を明らかに上回っていることについて
献血可能人口は3%しか減っていないのに、実際に献血した人が8%も減ってしまったのは、教育・宣伝施策の失敗といえましょう。

と書かれているのだが、献血周知と協力を募る試みは果たして失敗といえるのか?

を考えてみようと思う。続きを読む
posted by 大道寺零(管理人) at 14:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年01月04日

献血できない人間が「血の一滴」について考えてみた(1)日記

先日、Feliceさんのサイト「Magmell」内の日記(1/3付け)にて、非常に気になった話題があったので、傍観者ながら感想や自分の意見などを同サイトのBBSに書き込ませていただいた。

<話の概要>
(非常にかいつまんだご紹介・部分的な引用となるので、興味を持たれた方は是非リンク先のご両人の原文に当たってみてください。)

1:Feliceさんのサイトのご常連「木公」さんという方が、ご自身のブログ[alm-ore] AL-Mail ユーザー俺の独り言
内で、現在の医療と血液事業についての文章を書く。

要旨は、とある医療現場で起こった一件に触れ、そこから医療現場での血液不足について考えるというもので、
・血液が不足しており、現在の献血システムではまかないきれないというのであれば、血液を買い上げる制度にすればよい
・輸血は保険適用外とし、その収入を売血の財源とすればよい
・医療に市場原理を適用することで解決する問題があるのならそうすべき

というもの。

医療市場の是

ついでに言っておくと、輸血には保険を利かないようにしておけばいいんじゃないかな。金持ちほどたくさん血を買えるけど、貧乏人は買えないの。
ちょっとかわいそうな気もするけれど、金持ちが血液を買ったお金が献血の代償として焼肉を食う貧乏人に流れていけば、所得の再配分がなされると思うし。

ていうかさ、政府なのか日本赤十字社なのかは知らないけれど、患者への血の輸血価格は、血の購入価格の数倍にしておけばいいんじゃね?
中間でじゃぶじゃぶ設けたお金は、貧乏人の保健事業に使って、貧乏人が病院にかかる可能性を低くしてあげればいいんじゃね?
ビバ、富の再配分。


若干言いすぎな気もしないではないが、医療に関しても市場メカニズムを使うことによって多少なりとも改善される余地はあるはずだ。なぜそうしないのか。

受け入れ先の病院が見つからず、救急車がたらいまわしになり患者が酷い目にあうって話も最近はよく聞くけれど、これも市場経済にしてしまえばいいんじゃない?
病院に患者の病状を連絡する時に、一緒に「患者は前金で○○万円まで支払うといっています。完治報酬として△△万円支払うそうです!」って言わせてみるってどうよ?


続きを読む
posted by 大道寺零(管理人) at 21:32 | Comment(9) | TrackBack(1) | 日記

2008年01月01日

年末&年頭のご挨拶日記

2008.jpg

年越し蕎麦の準備やら何やらやっていたら大晦日に書くつもりの年末あいさつが書けませんでした。
今年は頑張るつもりのなかった大掃除を(例年よりは)頑張ってしまい、ちょっと腰が痛くなってきたので湿布を貼って年越しでございます。とほほ。

昨年は、一昨年からのショックと喪失感を色濃く引きずっての生活で、「何か新しく楽しいこと」がわが身に起こるともとても思えなかったのですが、それでもWebを通じて新たな出会いがあり、また最後の方は「やってみたら意外にやれるもんだ」とわかった動画編集に楽しみを発見したりと、それなりに色々と収穫を得ることができました。
以前から変わらぬおつきあいをいただいた皆様、昨年出会えた皆様、超わかりづらいネタにもかかわらず投稿動画をご覧いただいた皆様、本当にありがとうございました。皆さんのおかげで、冗談抜きで2007年を「生きて」過ごすことができました。

どうぞ2008年もよろしくお願いいたします。

続きを読む
posted by 大道寺零(管理人) at 01:02 | Comment(11) | TrackBack(0) | 日記

2007年12月31日

楽天ブックス、価格ミスの差額分を請求日記

楽天ブックス、値段を間違った商品の差額を振り込み請求(痛いニュース)

楽天ブックスにて、コミック6冊セット(「バンブーブレード」)の売価を誤って安く設定して販売、発送してしまい、その後該当商品を購入した客に対して「指定の口座に差額を振り込め」と要求しているらしい。

実際に送られたメールの一部

----------------------
誤 : 2,651 円(税込)
正 : 3,181 円(税込)
差額: 530 円
----------------------
本来であれば、お客様にお手数をおかけすることなく、
ご請求の再対応をさせていただくところではございますが、
あいにく、ご注文情報の再活用ができない状況でございます。
誠に恐れ入りますが、この度は上記差額分を
お振り込みいただくための口座を設けました。

大変お手数ですが、以下の通り、
口座へのお振込みをお願いいたしたく存じます。

【ご注意】
・振込手数料は弊社が負担いたします
 (上記ご請求金額は振込手数料を含めた金額となります)
・振り込み時の振込者氏名は、ご注文者氏名でお願いいたします


これは…
ネットショップから売買情報が流出した場合、同じようなシチュエーションを騙った振り込め詐欺が出てきそうな気も…

まあ手数料は楽天が負担するという意味なのだろうけど、「ご請求金額は振込手数料を含めた金額となります」という記述がなんかやたらにわかりにくいような。


続きを読む
posted by 大道寺零(管理人) at 23:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年12月28日

死にたい時日記

けっこう前の話題になるが、「Yahoo!」検索で「死にたい」と入力すると、一番最初に自殺防止センターへのリンクが表示されるように仕様が変更された。

jisatu.jpg

この「おせっかいお説教」が実際功を奏するか、思いつめている人間がそれをクリックするものか、逆効果ではないかということは色々考え付くけれども、まあ「社会的な取り組み」というアピールとしては悪くないとは思う。

で、いくつかの入力例で試してみると、

「死にたい」同様「自殺したい」では同様のリンクが出現するものの、「自殺」「自殺 方法」などでは出現せず、通常の検索となる。
また、
・死ぬには/自殺するには/自殺とは
・「楽 自殺」「楽な自殺」「楽に自殺」

などでも同様に出現しなかった。

実際に検索を行う際に、「○○"したい"」というような助動詞や助詞は用いないことが多い(有効検索結果が減るため)ので、「死にたい」「自殺したい」だけしか対応していないのは意味がなさそうに思えるのだが…
しかしわざわざ検索窓に「死にたい」と入力するときの人間の心理を考えれば相当に情動的にもなっているだろうし、また、「死にたい」「自殺したい」と入力すること自体が感情の吐露となって少しは気が済んでしまう場合もあるかもしれない。
続きを読む
posted by 大道寺零(管理人) at 19:53 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2007年12月26日

クリスマス2007日記

特に満も何も持していなかったクリスマスだが、ローストビーフを見事に失敗(火を通しすぎてほぼウェルダン)したのにはちょっと凹んだ…
敗因は
・途中肉をひっくり返すために一度ドアを開けた後、再びスタートボタンを押し忘れて10分ほど庫内で保温状態になっていた
・それを考慮に入れずに当初の予定通りに加熱
・そもそもその放置に気付かなかったのは、相方がよせばいいのに「加熱待ち中に換気扇フィルターを掃除しちゃおうぜ!」と、全くもってらしくない提案をしたため

そりゃ火が通り過ぎるわけだよ…orz…
昨年に続いてクリスマス牛肉料理2連敗。屈っ……
塊肉料理は切ってみないと仕上がりが分からず、そしてオーブンにも色々クセがあるので、試行錯誤が必要なんだろうなあ。
そもそも再スタートを押し忘れたのも、掃除に気を取られていたせいもあるけれど、普段オーブン機能をほとんど使っていないのが元凶。
「来年はケーキとか肉料理で、1ヶ月に1回くらいはオーブン使おう!」
と相方と誓い合う。

……あれ?確か……

elegy.jpg

続きを読む
posted by 大道寺零(管理人) at 12:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年12月24日

年賀状できた日記

ほぼ完成(ほぼ、というのは今日コンビニで調達できたハガキの枚数が少し足りなかったためなのだが…あとは印刷するだけなので楽勝)。
とか自慢げに言うようなことでは全然ないのだが、毎年「日付の十の桁が"2"のうちにできるかどうかが勝負」な感じでやっているため、クリスマスを待たずに作業完了するのは私ら夫婦的にはかなり異例の手際と言えるのだった。

今年は「ネズミ」の絵柄でしっくり来るものが考え付かず(デフォルメしないとどうしてもキモさが先に立つ)、難航が予想されたのだが、今日あれこれ書庫から引っ張り出してデザイン決定し、素材さえ決まればあとはサクサクと。
ちなみにうちの年末の部屋状況がカオスになるのは、たいてい年賀状図案考案のために本をあれこれ引っ張り出すのが要因。

印刷する段になって、セブンイレブンで買ったハガキ(10枚入りパック)の1つが9枚しか入っていなかったことに気づく。
そしていっつも財布をレシートでパンパンにしてしまうくせに、こういうときに限ってレシートをもらってなかったりする
のね…トホホ…



続きを読む
posted by 大道寺零(管理人) at 00:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年12月16日

ブックオフにて日記

久々にブックオフで古本を物色していたら、例の「ヘビーユーザー清水国明」の店内放送に交じり、高野健一の「さくら」が有線で流れてきた。
この歌を聴いたのは実は初めてだったので、歌詞にうっかり耳を傾けたら思わず凹んでしまった。

いや、いい曲なんだろうと思うけれども。
個人的な体験によるところも大きいのだろうけど、あんまり外で買い物したりメシ食ってるときに、人の死ぬ歌詞の歌はすすんで聞きたくないと思うのは私だけだろうか…

<購入物>
・「柳生秘帖 風の抄」 古山寛/谷口ジロー
・「碁娘伝」 諸星大二郎
・「もぐっこモグタンVSまじょっ子ソンソン」 永野のりこ
・「ポリタン」 とり・みき


「ソンソン」は持ってなかったのでゲットできてうれしい。
posted by 大道寺零(管理人) at 20:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年12月13日

携帯電話アンテナ表示に関する噂日記

最近読んでちょっと面白いというか興味を持った話。
同じような体感を持っていた人もいるのでは。

「バリ3」表示のホントのとこ (WIRED VISION)

執筆者・小暮氏のオフィスのデスクは奥まったところにあり、携帯電話の電波状況を示すアンテナ表示はかつて1〜2本が通常だったという。

 ところが、である。あるタイミングでケータイを買い換えた時から、同じデスク上でのアンテナ表示が「バリ3」になった。おやまあ、電波状態が良くなったの? 半信半疑で当時Tキャリアに勤めていた友人に聞いてみた。

私 「もしかして銀座1丁目付近に基地局打った?」
友人「いや、その周辺は特に基地局は増えてないよ」
私 「でも買い換えたら、バリ3になったよん?」
友人「じつは…、各端末メーカーにアンテナ表示を甘くするようにお願いしたらしい

 なぬ? そんなことだったの?
 ようするに、一律にアンテナ表示を甘くしてしまえば、そりゃどこに行ってもバリ3だよね。そう言われてみると、確かにそれ以前の端末ならアンテナマーク1〜2本でもほぼ発着信できていたのに、それ以後の端末は1〜2本といえばほとんど通話が成立しなくなった。また、移動中などアンテナマークが増えたり減ったりしたところでも、ずっと「バリ3」のまま表示されるようになった。あくまで端末上の表示が変わっただけであって、実際の電波状態が改善されたわけではないのだ。
 その後、ケータイ関連のネットコミュニティなどで「Tキャリアの電波状態がずいぶん良くなった」とか「エリアが広がったのでは?」みたいなユーザーの声が増えていたが、それってみんな騙されているわけだよね。アンテナ表示を甘くしただけでこれほどイメージが変わるものなのだ。


まあいかにもありそうな話ではある。
「電波状況が改善された」「田舎方面にも頑張ってます!」という姿勢を簡単に示す(というか思わせる)にはこれ以上の"効率的"な方法はないわな。
うちもド田舎なもので、ソフバン系の電波状況があまりよろしくないようだ。たまに義父が「アンテナは2〜3本立ってるのに通話が途切れる」とボヤきながら窓の近くに行ったり外に出たりしてる姿を見るのだが、それって結局このカラクリによるものだったりするのだろうか…
posted by 大道寺零(管理人) at 23:22 | Comment(9) | TrackBack(0) | 日記

2007年12月08日

ケンタッキーの痛い話日記

ネットで拾ったもの2つ。
別に外食産業に限らず客商売では、痛い店員や店主の話はあちこちで出会うものだけど、こういう機会に芋づる式に出てくるとどうしても「あぁやっぱりねぇ」という反応を招くのも致し方ないところではないか。

ケンタッキー事件(ログ)

神戸三宮のケンタッキーに夜入店、30分程度でイートインスペースが終わり清掃が始まると言う話を聞いて了解し食事しているところ、まだ10分以上時間が残っているのに客を無視してホコリを巻き上げながら清掃開始。店長に苦情を申し立てたところ逆切れされ、酔客呼ばわりされて(飲酒の事実なし)激しく恫喝される。その上、サイト主の聴覚・言語障害についても侮辱発言
その後の対応も、一応上層部の謝罪はあったものの、トラブルの原因を「客が酔っていた」ということに捏造するなどどうにもよろしくなかったようだ。

「痛いニュース」関連記事のコメント欄より(事実関係は不確定だがとある読者の体験談)

4070. Posted by もう買わない人 2007年12月07日 23:13
こないだショッピングモールにある
フードコートにあるケンタでの話。

買い物を終え
ウチのカミさんとお酒のつまみに好きなものを買うことに、、
俺はマックで買い物を済ませ
ケンタで注文しているカミさんのところに向かった。

奥の方から聞こえた言葉
「は?wwwツイスター1個ってwwwww」

奥を見たら若いアルバイト君が爆笑してた。

他に並んでいるお客さんもいたし、
年下に激怒してもしょうがないと思い
帰ることにしました。

帰り道、
さすがにカミさん凹んでたなぁ

そんなことを思い出させられた記事でした。


この話は些細かもしれないけれどそれだけにリアルで、この人と奥さんが感じた不快感が等身大で伝わってくる。
直営店とフランチャイズ店でも事情とか教育状態が違ったりするらしいが、客にとっては分からないし、同じ"ケンタッキー"なんだよね…
posted by 大道寺零(管理人) at 15:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年12月07日

テラ豚丼が可愛く見える(2)日記

バカな男子高校生が「ケンタッキーでバイトしてたときにフライヤーでゴキブリ揚げたことがある」とmixiで自慢(そも自慢なのかコレは)した騒動について。
もはや論点は完全にこのバカ高校生よりもKFCの対応のほうに移ってきている。

・高校生が「事実無根のウソでした」と言っているので事実無根
・それに対して事実調査や新たな衛生点検などを行うつもりはない

という2点に、「食品を扱う企業としてその対応はないだろう」「こんな対応では、一度頭に焼きついたゴキブリのイメージは払拭できない」という批判が高まっており、事実私もそう思う。

続きを読む
posted by 大道寺零(管理人) at 14:16 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記

2007年12月06日

テラ豚丼が可愛く見える日記

吉野家の例の「テラ豚丼」をやらかしたアホ従業員は特定の上処分の方向だそうだが、まだ話の熱も冷めやらぬうちに、なぜバカは頼んでもいないのに自爆するのか。
タチから言えば、テラ豚の比ではなく不快かつデカい問題になりそうな話。昨晩から各所で話題になっているので既にご存知の方もいらっしゃると思うのだけども。

(追記以降、台所害虫がらみの話になるので苦手な方はご注意ください)

続きを読む
posted by 大道寺零(管理人) at 10:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年12月01日

商品価値を下げるコピー日記

TVをつけながら夕食の準備をしていて、晩酌がてらの相方にも手伝ってもらっていた折、映画「ベオウルフ」のCMが流れてきた。
問題はそのコピー。

「ロード・オブ・ザ・リング」と「300」がひとつになった---この壮大なファンタジーに、おびえろ。


私はその素っ頓狂なコピーに目が点になり、そして長年の「指輪」読者である相方は明らかに不興の色を隠さずに「ハァ〜〜?」という声を上げたのだった。

続きを読む
posted by 大道寺零(管理人) at 03:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

うわぁ…将造さんの中…とってもあったかいナリ…日記

ひゃっほい。
カゼカオルさんから、「岩鬼将造(『極道兵器』主人公。以降「若」。)ブックカバー」のデータをプレゼントしていただいたので、早速プリントアウトして文庫本にかぶせてみたんだぜ!

家宝だ家宝だ!
無間家宝だぁ〜!!


とか「神州纐纈城」風に叫んではみたが、子供がいないから無間はムリだよな。

bunko2.jpg
(2冊にかぶせて並べたところ)

本にセットするために上下を折り込んであるので、グルグル目玉と吊り目のために、ともすれば「フォースの暗黒面に堕ちたわちふぃーるどの猫」のように見えてしまう可能性もあるかもしれないが気のせいだぜ!

いや本当に、お忙しい中ありがとうございましたカゼさん。愛してる。

続きを読む
posted by 大道寺零(管理人) at 01:57 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2007年11月30日

仰角一直線日記

私的録音録画小委員会:「ダウンロード違法化」に反対意見集まるが…… 埋まらぬ「権利者」vs.「ユーザー」の溝 (1/3) -(ITmedia News)

パブリックコメントに多くのユーザーが参加して注目されている一件だが、この記事を読む限り、「権利者側」は折り合う姿勢を見せるどころかむしろ強硬に「タカリ強化」「ユーザー泥棒論」を発展させようという闘志まんまんに見える。

「両者平行線」というよりは、一方が勝手にグングンとどこまでも斜め上を目指して爆走している状態というべきか…



続きを読む
posted by 大道寺零(管理人) at 00:31 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2007年11月28日

介錯つかまつる日記

NAPORINさんのブログのアフィリエイトでこんな商品を見つけた。

カワグチ ままごとファミリーしゃべってシリーズ
しゃべってクッキングしゃべっておやさい

oyasai.jpg


最近のままごと玩具は、「包丁を入れて切り分けることができる(マジックテープなどでくっついているものを分離させる)」ものがポピュラーになってひさしい。
この製品はその上に
「切られた瞬間に食材がしゃべる」
という、見ようによっては相当アレなギミックを実現している。

続きを読む
posted by 大道寺零(管理人) at 21:27 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

まどをみるひと日記

YKKapのラジオCMといえば、平日に民放で流れてくると「あ〜夕方だなあ」という気分にさせてくれる定番なのだが、この前聞いたバージョンが面白かった。(記憶の再現なので内容・セリフはうろ覚え)

(恋人同士が二人で室内にいるシチュエーション)
女「ねえ、さっきからずっと窓ばかり見て…なに考えてたの?」
男「(甘い声で)そんなの決まってるじゃないか」
女「うふっ♪ やっぱり私のこと考えててくれたのね〜、もう〜あなたってば〜♪」
男「ハァ?君は何言ってるんだ!窓のこと考えてたに決まってるだろう!窓を見てたんだから!!

ナレーション「四六時中窓のことばかり考えている社員がいます。YKKap。」


ラジオCMで吹かされたのは久しぶりだった。
「窓を見ているんだから窓のことを考えているに決まっている」
なんという正論!



続きを読む
posted by 大道寺零(管理人) at 09:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年11月23日

困るんだよねぇ奥さん日記

この間、魚の食べ方についてのエントリーでうっかり、「くさやに憧れる相方」のことを書いたらなぜかコメント欄でくさやの話題が広がってしまい、その上NAPORINさんが「デイリーポータルZ」での「ナンプラーを作ろうとしたらくさや汁ができちゃったよ」というページ

http://portal.nifty.com/2006/07/12/c/
http://portal.nifty.com/2007/05/23/c/
をご紹介してくださったもんだから、相方がかなりマジになってしまいヤバいです。
どうしてくれんのよ奥さん。とりあえず銭で解決する線で話し合おうか奥さん。

続きを読む
posted by 大道寺零(管理人) at 15:25 | Comment(9) | TrackBack(0) | 日記

スタッドレスの交換支度も済まないうちに もうですか日記

まったくもって、月に見合わぬ寒さと雪に、そして灯油価格の上がりっぷりに可笑しくって涙が出そうな今日この頃。
関係ないけど昔、どこの学校にも学年に一人くらい、キャンディーズの「微笑がえし」の歌詞について、「可笑しくって涙が出そう」⇒「お菓子食って涙が出そう」と勘違いしてるアホの子がいましたよね(決め付け)。どんな状況だよと長年つっこんだりつっこまなかったりしてきたけれども、鈴井さんの状況こそがまさにソレだなと妙に納得する昨今。

というわけで実に寒い。
それでも県内としては格段に雪の少ない地方である庄内ではまだまだ過ごしやすいし雪もたいしたことはないのだけど、12月以降のような冷え方がきつい。
TVニュースなどでよく「暦の上、二十四節気では●●ですが〜」などという定番の言い回しをするが、実際の天気が二十四節気を先取りするってどんな狂った気候なんだ。
昨年の冬が奇跡的にヌルかっただけに、今年は2年分まとめてお見舞いされそうで今から恐怖。

一昨日、けっこう履いたスタッドレスをついに買い替え。
本当は車自体を買い換えようかとも迷っており、それならば今買わないほうが…とも思ったのだが、結局そっちは動かず保留したので更新することに。
ついでに錆びまくっていて、実家に帰る度に買え買えと言われていたホイールも新調した。

続きを読む
posted by 大道寺零(管理人) at 02:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年11月21日

オレオレ学園日記

とあるお絵かきBBSの広告バナーで初めて知ったのだが

私立クレアール学園

名前だけ聞くとなんかRMT業者のサイトのような名前なんだが、中身はと言うと

「なりきり男子校オンラインコミュニティ」
だそうな…

サービス内容を見ると、オンラインゲームというよりは、SNSにネトゲのチャット・ギルドシステム部分を組み込んだコミュニティで、ユーザーからは主にアバターの着せ替え系アイテムへの課金と言う形で収益を得るモデルのようだ。


続きを読む
posted by 大道寺零(管理人) at 19:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。