2007年11月19日

来なくていいのに冬が来た日記

朝起きたら庭木とか屋根が白くなってて、そりゃー夕べは11月にあるまじき冷蔵庫的な冷え方もするわ!とゲンナリ。というか現在も雪降り中。
この時期としてはなんか冬の展開が速く、灯油がクソ高いこともあってますますゲンナリの日々。

土曜日夜あたりから、風は吹き荒れるわ霰はバラバラババンバンとすごい音を立てて屋根を叩くわ、雷は「マジンガーZ対暗黒大将軍」でも始まるんじゃないかってくらいに(あの映画は雷鳴のイメージがものすごくある)鳴りまくるわで困ってしまう。
少なくとも今週前半は天気がヤバいようで気が重い。

小学生の時分から全く進歩のない頭ゆえ、毎年この季節になると、「冬だけ南で過ごしたい」とついつい出来もしないことを願ってしまう。
九州や沖縄とは言わないから、「雪が降ると学校や職場が休みになったり、大遅刻してもそれが当然として受け取られる」程度でかまわない。
小さい頃は、東京あたりから「積雪三センチで休校」などというニュースが流れると、「なんで東京だけそんなんで、こっちは50cmとか積もってるのに学校が金輪際休みにならないんだ!」と非常に理不尽に思ったものだ。割と今でもなんだけど…トーホグ人だって甘やかされたい…
posted by 大道寺零(管理人) at 09:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年11月14日

ひとすじに ひとすじに日記

昨日一番の「イイ話」。相方から教えてもらった。

ちびっこスパイダーマン、火事から赤ちゃん救出 (asahi.com)

 ブラジル南部パルメイラで、スパイダーマンの衣装を着た5歳の男児が火事現場から赤ちゃんを救出したと、地元メディアが報じた。男児はヒーローになりきっていて、「スパイダーマンは何も怖くないんだ」と胸を張っているという。

 道でヒーローごっこをして遊んでいたウェズレイ君が8日午後、隣家から火が出ているのに気づいた。火事を知らされた隣家の女性(35)は、揺りかごで寝ていた娘(1)を助け出そうと屋内へ。だが、部屋は大きな炎に包まれ、パニックに陥った女性は大声を上げて家から出てしまった。

 「おばさん泣かないで。僕が助け出してあげる」。泣き叫ぶ女性にウェズレイ君はそう声を掛け、鼻を指でつまんで家に駆け込んだ。炎をかいくぐり、赤ちゃんをかかえて無事脱出。小さなヒーローは「大きくなったら消防士になりたい」と話しているという。


なんという男前な5歳児!
間違っても彼の目に一生池上遼一版スパイダーマン(このレビューでは触れられていないが、10ページ以上に渡り、「憧れの女の子をオカズにしてナニ」した挙句に自己嫌悪に陥る主人公という、なんとも思春期な描写がいたたまれない。というかまあ全編に渡ってまんべんなくいたたまれない。)が触れないよう、お母さんは十分気を配ってあげてください。ショックのあまり一気にグレたり無気力に陥る危険があります。
posted by 大道寺零(管理人) at 10:33 | Comment(3) | TrackBack(0) | 日記

2007年11月09日

兄の土産日記

昨日、父からのザクロの絵と一緒に、パラパラとした"紙もの"が同梱されていた。

実家の兄が先日仙台出張に行った際に「アントニオ猪木酒場」に寄り、その時のコースターや箸袋が面白かったため、妹にも見せようと便乗送付したらしい。

inoki1.jpg


紙コースター2種+箸袋の裏。
「元気があれば何でも食える!」と書いてある。
(ちなみにグラスには「元気があれば何でも飲める!」と書いてあるらしい)


続きを読む
posted by 大道寺零(管理人) at 17:36 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記

父の石榴日記

先日実家の両親がふらっと遊びに来た時、父親に
「もしヒマがあったら、小さいサイズでいいのでザクロの絵を描いてくれないか」
と頼んでいたのだが、その絵ができたらしく昨日送られてきた。

なぜにザクロの絵かといえば、鬼子母神信仰に代表されるように、ザクロは「子宝祈願におけるシンボル」の一つで、「ザクロの絵を飾っておくと子供が欲しいという願いがかなう」というジンクスがあるんですな。
よく同じ願いを持つ方のサイトなどを見ると、ご自分で描いた物をUPしたり、または「成就した人が描いたものが縁起がいい」のでそういう人に描いてもらったり、出産後に譲り受けたりしたものを公開したり、まあよく見かけるアイテムなのだ。
たいていそういうところは「ダウンロードフリーなのでどうぞどうぞ」なのだけども、やっぱりねえ。
正直ちょっと悔しいというか、描くなら自分で描くわいと思っていたのだが、ここ数年父親が水彩画のサークルに入って熱心にやっているので、秋というのは文化系サークルには忙しい時期なのだけど、「ヒマがあったらお願い」と頼んだのだった。

続きを読む
posted by 大道寺零(管理人) at 16:59 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2007年11月07日

Amazon利用者は配送料(ひっそり)変更にご注意日記

私もこの記事見るまでは全然気づいてなかった…
11/3から変更されていたらしい。

<参考記事>
【注意】11月3日に変更されたAmazonの分割発送送料が無慈悲すぎ!!(げむげむまにあ〜ゲームニュースにツッコミを〜)

Amazonの配送料が「注文額1500円以上無料」なのは広く知られているのだが、問題となっているのは、「1500円未満の商品を数点組み合わせて1500円以上になるように注文した場合」の変更だ。

「一括発送」指定(発売日が違う商品や調達可能期間が異なる商品を、全部揃った時点で一度に送る。最期の商品が揃うまで多少時間がかかることがある)の場合は従来と同じ扱い。
注目しなければならないのは、「分割発送」(調達された商品から順に発送する)に指定した時だ。
これまでは無料だったこの分割発送が、1500円以下の商品の場合、配送料を取られるシステムに変更されている。
しかもこれが分割回数に対してではなく、1500円以下の商品点数ごとにかかるようになっているので、今までと同じ感覚で注文するとえらい目にあってしまうそうだ。

例:それぞれ500円単価のA・B・C・Dの4つの商品を注文し
  (A+B)で1回配送
  (C+D)でもう1回配送
  という分割になった場合、通常の感覚では「2回分の送料」を予想するのだが、新システムでは「商品それぞれについての送料」が発生する。
 つまり、1回分300*4個分=1200円の送料が発生してしまうということになる。

  
詳しくはリンク先を熟読あれ。今後は発送オプションに注意して利用しないとエラいことになってしまう…ということ。(要するに低額商品は一括に指定するほかなくなりそう)

最大の問題は、その変更の件がろくすっぽアナウンスされていないということ。この重要な変更点について、トップページではなんら注意を喚起するような記述もリンクもない(今日現在)のはいただけない。

従来と同じ感覚で発注し、変更に唖然とするユーザーが多発し、ブーイングが本格的に上がるのは多分これからだろう。
もしかしたらこの発送料変更で、ネット書店の勢力図が書き換わることになるかも?

続きを読む
posted by 大道寺零(管理人) at 23:25 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

そこに行っちゃらめぇ日記

東京ガスCM「ピピッとコンロ・信長本能寺」篇(リンク先音出ます)

せ、切ない…
ガスコンロのCMでこんな気分になったのは初めてだ…
東京ではこんな素敵なCMやってていいですなあ。
そしてこのコンロ、色々出来て楽しそう…次に買い換えるときにはこういうのにしたい。プロパンに対応しているタイプがあればだけど。
(中華鍋強火至上主義+フランベ大好きの我が家にとってはIHコンロなんて眼中にないのであります。)
posted by 大道寺零(管理人) at 13:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年11月06日

女性向け萌えシーツ日記

考えてみたら、「腕枕されたい」「抱っこされて眠りたい」という妄想に近づくには簡単で持って来いの商品なんだから、今まで男性用ばかり出ていたのが不思議っちゃ不思議。プリントシーツは女性にこそ適したアイテムかもしれないと今更ながらに思った。男性と違い、こすりつけたり、人工アレをビルドインする必要もないわけだし。

というわけで、ブロッコリーから
銀時シーツ
土方シーツ
が発売だそーです。
8400円って高ぇなあ…相場知らないけどこんなもんなのかな?
ちゃんと「腕枕体勢」なのが好きな人にはポイントが高いのだろう(このマンガどうでもいいので反応が薄くてすいませんねどーも)。

プリントシーツといえば男性用のものしかなかった(ショップ購入しかりエロゲ特典しかり)のだが、これから開発すれば面白い市場なのかもしれない。着眼点はアリだと思う。
まあ反応が冷淡なのは、どうせ自分の好きなキャラクターはこういう商品になりゃしねえということを十分すぎるほど分かっているからですよハイ。(多分来るとしても最後尾の順番で、一番メジャーでも次元大介とかその辺だから…)

続きを読む
posted by 大道寺零(管理人) at 00:05 | Comment(7) | TrackBack(0) | 日記

2007年10月30日

Kind of Magic日記

「クレヨンしんちゃん」にハマる中国の母娘 (中国"動漫"新人類)(NBonline)

(つい先日までgooニュースで取り上げられて上がってたんだけども、現在は元記事NBオンラインでしか読めません。日経BPの記事全文を表示するためには無料会員登録が必要なので、見れない方すみません。)

この記事を読んで、パクリ+反日大国中国にあっても、ちゃんと分かる人は分かってるんだ!と思い、かなり意外だった。

また、日本ではとかく「PTAの敵」と見られがちな「クレヨンしんちゃん」への評価が高く(これは数年前にパクリ商品の大問題があったので人気があることは有名なのだが)、ことによると日本の親(←マスコミが仮想するところの)よりもよく「分かって」いるのでは?と思わせる部分もあった。(とはいえ、実際には"きわどい"場面はカットされたりフィルタがかかったりしているらしいが)


続きを読む
posted by 大道寺零(管理人) at 10:20 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

寒い朝にどうぞ日記

朝晩の冷え込みが厳しくなって参りました。
今朝は猫好きの方向けに…
猫好き属性のない私でさえ一撃でヤられた物件をどうぞ。

続きを読む
posted by 大道寺零(管理人) at 08:56 | Comment(3) | TrackBack(0) | 日記

2007年10月29日

10/28日記

「珠玉や」の朝。
7:30に、目覚まし時計(が客室常備な宿も珍しい。便利なり。)で起床。
台風が猛スピードで駆け抜けたせいか、天気は良くなっていた。
朝食前に一っ風呂。私は目覚めの朝風呂を済ませてから朝飯というのが好きで、大して運動もしてないのに絶妙の空腹加減になるのがよろしい。
朝は風呂も混んでるか?と思いきや、1Fのヒノキ風呂は両方とも空いていた。他の泊まり客さんたちは早めの出立なのかな?
せっかく空いているので、大きいほうのヒノキ風呂に入ってしまう。贅沢の極み。
続きを読む
posted by 大道寺零(管理人) at 17:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

10/27日記

夕べは性的な意味でなく夜更かしをさせてしまったので、ゆっくり寝かせておくべきかどうか迷ったのだけれども、お客様に朝ごはんも出さないのも何だし、遅い時間に食べては昼食に差し支えそうなので、9時頃に男衆を無慈悲に叩き起こして軽く朝食。
その後またTVを見たりウダウダしてから昼前にお出かけ。

昼食場所はいくつか候補を考えていたのだが、栄帝さんはお蕎麦が好き(しかも田舎風のもOK)ということで、「じゃあ思いっきり山家な雰囲気で蕎麦を食べよう!」と決定。

続きを読む
posted by 大道寺零(管理人) at 16:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

10/26日記

10/26〜28の週末は、久々に神奈川から栄帝さん(ROでは「クリスターグ」名でプレイ)を家にお迎え。
以前も2度ほど庄内に来ていただいたことがあり、今回は3回目。
思えばサイト運営初期からのお付き合いなのでもう8年近く遊んでいただいていることになる。

比較的ゆったりした日程なのであれこれ案内したいと思いつつも、なにせ庄内、しかも酒田近辺はこれといった観光スポットも少なく、その上湘南ボーイには海も珍しくないだろうしなぁ…と色々考えてはみたもののあまり思いつかず。
とりあえず秋、新米もあるしうまいものには事欠かない季節なので、
「何はなくともいろいろ食べてもらって、メタボ度を上げて帰らせる」
ことを主眼に置いてみたのだった。

続きを読む
posted by 大道寺零(管理人) at 12:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年10月23日

負け惜しみ日記

巨人渡辺会長「CSくだらん」(日刊スポーツ- goo ニュース)


最初ニュースタイトルを見た時に、「CSチャンネルの批判?」と思ってしまった私もアホだす。ハイ。
勿論、野球の「クライマックスシリーズ」のことダス。

 大勢の報道陣が集まったホテルのフロアで、渡辺会長のダミ声が響き渡った。5年ぶりのリーグ制覇を果たしながら、CSで3連敗して日本シリーズ出場権を逃しただけに「制度がよくない。リーグ優勝はなんの意味もない。おれがオーナーの時は絶対に反対した。誰がどうしたか知らねぇが、こんなくだらん制度をつくったと次から次へと不満をぶちまけていった。

(略)

 返す刀で、フロント批判も展開した。不振続きの外国人補強に言及。「こんなバカな状況で補強しないでいられるか。おれは十何年、言い続けているが、ろくな外人がいない。クロマティ、ちょっとローズとペタジーニぐらい。全部間違っている。それが分からねぇ、フロントがどうかしてるわな。だから負けるべくして負けるんだよ」とめった切り。「これを教訓にして来年、生かせないようなら、巨人はおしまいだな。だけど、おしまいになると、野球が全部つぶれるなと時折、声を荒らげながら、約7分間の“大演説”を締めくくった。


やれやれ。
野球界に限らず、あちこちの世界で厄介な「老害」問題だけど、ナベツネの場合は老ける前から関係なく、「老」のつかない単品の「害」だからなあ。
「ジャイアンツは好きでも嫌いでもないけど、ナベツネだけは大嫌い」という理由の「消極的アンチ巨人」が日本中にどれほどいるやら。
そして最後の「巨人じゃなければ野球じゃないぜ」節。なんというかジャイアンツのフロント・選手の皆さんも難儀ですよなあ。もうオーナーじゃないんだけど、いまだにマスコミが談話を取りに行くのはナベツネだしなー。



続きを読む
posted by 大道寺零(管理人) at 15:12 | Comment(4) | TrackBack(1) | 日記

2007年10月22日

アイヨー⇒ギャー日記

【F1GP】中嶋Jr. デビュー戦でピットクルーを轢く(日刊スレッドガイド)

大事なかったようだとはいえ、事故で笑っちゃいけないと分かっちゃいるのだけど…
タイトルで既に半吹き、写真を見たらもう耐え切れなかった…
いやほんと、大怪我などないようで何よりなんだけど。

スレッド内コメントで、久しぶりにタクシーアイヨーギャーのAAを見て、無性に懐かしくなった。
posted by 大道寺零(管理人) at 13:09 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2007年10月18日

美容室の話日記

本やソフトには金かけても、外見に関しては「まあ風呂に毎日入って匂いやら不快感で他人に迷惑かけなければそれでよかろう」という程度のダメ人間の上、日ごろパーマもかけていない+伸ばしっぱなしのストレート(結ってはいる)なので、基本的に
「前髪伸びたら自分で切る+全体は自分で"いい加減耐えられない"と思ったら切ってもらいに行く」
という、美容師業界から見たら不逞の輩なのであります。

数年前から、わりと近所にある美容室をリピートしている。
カット3150円でロング料金も追加ナシ、予約なしで入れて、スタッフ3人程度常駐なので手も早い、何より「美容室での会話が苦手な私だが、わりと気さくに話せて地雷な話題(この年齢だと子供の話とか普通に振ってくるので;)を振ってこないお姉さん方」「スタッフも若すぎない」のがポイント高い。スタイリングのアドバイスなども押し付けがましくなくしてくれるし、やたら別料金のトリートメントなどを薦めてこないのも気楽でよろしい。
自分で切ったためにグチャグチャな前髪も、何も言わずに整えてくれるし…

で、先日久々にその美容室のお世話になってきた。
いや本当はもう8月末には限界に達していたのだけど、ちょうど切りたくなったときに限って安静やらなんやらで動けなかったんだ…続きを読む
posted by 大道寺零(管理人) at 16:05 | Comment(7) | TrackBack(0) | 日記

2007年10月17日

自由に生きてく方法なんて65536通りだってあるさ日記

以前の記事「 自由に生きてく方法なんて100通りだってあるさ」でもご紹介した中日ドラゴンズのマスコット・ドアラ師匠の勢いが止まらない。

華麗なタンブリングを決める高い身体能力を持つにもかかわらず、「動いてナンボ」のマスコット稼業でありながら、何もしないで佇んでいるときが一番面白いという「静止芸」を極める師匠。いつだってやりたい放題だ。
(以下、全てニコニコ動画へのリンク)

[入門に最適・基本の動画]
ドアラ グッドウィルドームに立つ!

ドアラーズブートキャンプ

[黄金の静止芸]
ドアラはさまる

[ドアラデーにてやりたい放題]
07.08.19 ドアラデー映像1/4 ドアラのヒーローショー

ドアラのお間抜けキャラ・身体能力の高さ・スタッフ一同の悪ノリが一度に楽しめる楽しい映像。特に10分あたりからの展開は最高。
これ見ただけで名古屋に住みたくなってくる自分がいるんだけど。

[まとめ的MAD]
エキセントリック○○ドアラ



そして最近最高にツボり、相方とともにリアルで笑い転げたのがこれ。

暴れん坊ドアラ

腹筋がつりそうになるまで笑ったのって久々だわ…
くやしい…こんなにやっつけな動画なのにっ……
posted by 大道寺零(管理人) at 17:50 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記

2007年10月12日

新聞勧誘来なくて困る人は手を挙げて日記

先日、産経の「ネットニュースをタダ見するなら新聞買え」という記事について書いたエントリーの中で、「紙媒体としての新聞の製作・流通・販促コストと収入の概算を見たい」ということを書いたのだけど、まさに同問題について書いてくれていた記事を見つけたので引用&ご紹介。

山口揚平の時事日想:新聞崩壊――メディア企業が生き残るために必要な方法とは?(Business Media 誠)

 業界再編が行われるとき、通常、真っ先に着手するのがコスト削減である。新聞事業のコストの多くを占めているのが、販売店への支払いである。新聞社が宅配から上げている年間販売収入は約1兆7500億円で、ここから販売店に対し、配達料6500億円拡張補助金1500億円、合計8000億円が支払われる。つまり新聞の販売経費は、売上の40%〜50%に達するということだ。これは非常に大きなコストである。

 10月1日、朝日新聞、読売新聞、日本経済新聞の3社は共同記者会見を行い、新聞販売の業務提携を発表した(10月1日の記事参照)。すでに3社は販売店統合へ向けて動いているという。これまで、拡販や集金を担っていた販売店の発言力はきわめて強かったが、いよいよその「聖域」にメスを入れざるをえなくなってきたのだ。


配達料はともかく、「拡張補助」の何に1500億(合計額8000億に対し18.75%の割合を占める)も払ってるんだ?というのがまず驚きなのだが…

続きを読む
posted by 大道寺零(管理人) at 16:40 | Comment(6) | TrackBack(0) | 日記

2007年10月08日

「ジャンゴ」へのクレーム日記

「鳥居で首つりやめて」映画に抗議 神社関係者「冒涜」 (asahi.com)

 製作委員会の1社で配給元のソニー・ピクチャーズエンタテインメントによると、問題になったのは、村の入り口にある鳥居にギャングに捕まえられた村長が首をつられている場面。

 公開前の7月下旬、テレビCMなどで放映していた予告編やポスター、チラシの表現をめぐり、神主など神社関係者から4件の抗議が電子メールで寄せられた。抗議は「不適切な表現」「神聖な鳥居への冒涜(ぼうとく)」といった趣旨だったという。

 全国約8万の神社でつくる神社本庁も、ソニーなど製作委に「誰もが安心して気持ちよくご覧になれる映画の方がよろしいのではないか」と申し入れた。同庁は朝日新聞の取材に「表現の自由も大事だが、関係者がどう受け取るかも考える必要があるのではないか」と話した。

 製作委は関係者に「不快感を与えたことは申し訳ない」と謝罪、広く一般の人が見る機会のある予告編、ポスター、チラシは作り直した。

 本編は「作品に興味を持った人が見るもので、作品全体を見れば、神社を冒涜するものではないと理解いただける」(同社広報)として改変せず公開した。


「ジャンゴ」のロケ撮影は地元(庄内映画村)で行われたので、周辺ではそこそこ早い時期から地元紙などに作品名が何度か登場していた。
TVの予告編を見る限りでは、ほとんど興味をそそられなかったので「そのうちTVでやったら見るか」「昔の鈴木清順あたりだったらメチャクチャ変なのを作って面白そうだけど、今こういう題材で見に行く人って数いるかなあ?」「日本を舞台に洋画アクションのテイストを取り入れるのは、既に何十年も前に通り過ぎた道では?」という程度の印象だった。
撮影地元でもあまり大きな話題にもなっていなかった中、「意外なところでニュース⇒話題ができて関係者はむしろ助かってるのでは?」と意地悪いことを思ったりも。

まあ神社本庁側としては、
「今後別の映像作品とかゲームで神社で好き勝手されるシーンが出てもアレなんで、一応後々のためにちょっと釘だけ刺しておくか」
という程度なんだと思うが。

続きを読む
posted by 大道寺零(管理人) at 19:52 | Comment(5) | TrackBack(0) | 日記

2007年10月05日

ネットニュースの代価日記

【記者ブログ】ニュースが無料で読める恐さ 池田証志 (MSN産経ニュース)

 ニュースはタダでは作れません。人件費、取材費、交通費等々、様々なコストがかかっています。それが無料で読めるということは、誰かがそのコストを読者に代わって払ってくれているということです。その恐さについて、ネットでニュースを読む人は考えたことがあるでしょうか?

 今さらですが、新聞社は、企業や団体などからの広告料と読者の皆さんからいただく購読料を主な収入としています。広告料に100%頼っていない。だからこそ、広告料を払ってくれている企業や団体の悪口も書けるのです。

 それが、収入の100%が広告料になったら…。スポンサー離れが恐くて、筆が鈍るのではないかという危惧が生まれるのは、常識的に考えれば分かることででしょう。


要するに、「ネットでタダでニュース記事を読んでいたいならば新聞買え(取れ)」という内容の話。
一見腰が低いように見せておいて、とんでもなく「上から目線」の記事だと感じた。

「アホなインターネット利用者にも分かるように、平易な言葉を選んだ」つもりかもしれないが、

だからこそ、広告料を払ってくれている企業や団体の悪口も書けるのです。


いい大人が「悪口」って…
というか、「アンタたちはこれまで"悪口"を書いてきてたのかよ」と突っ込まずにはいられない。
そこは「批判」とか「批評」「厳しい評価」というような言葉を使うべきだろう、実際そうじゃないとしても。

続きを読む
posted by 大道寺零(管理人) at 22:15 | Comment(5) | TrackBack(0) | 日記

2007年10月04日

死に至るCD日記

彼氏が持っていたポルノ作品を発見、激怒した彼女が射殺 (GIGAZINE)

という記事のタイトルだけをRSSで見て、「今時いったいどこのオボコ娘ちゃんよ」と思ったらば

58歳のJeanette Strowderという女性が、15年間付き合ってきたボーイフレンドの54歳のJesse Martin氏を射殺した


という、50代カップルの話だったので、年齢のほうにたまげた。



続きを読む
posted by 大道寺零(管理人) at 20:39 | Comment(7) | TrackBack(0) | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。